【もうメチャクチャ】安倍総理「(自衛隊明記の)国民投票が否決されても、自衛隊は合憲だ」→ネット「なら改憲必要なし」「税金の無駄遣いするな!」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年2月5日の衆院予算委員会にて、希望・玉木代表から「(自衛隊の明記を問う)改憲の国民投票が否決されると、自衛隊の違憲が確定してしまうのでは」との懸念が出たことに対し、安倍総理が「国民投票が否決されても、自衛隊は合憲である」と答弁したことが大きく話題に。

・この安倍総理の発言に対し、ネット上では批判が続出「それならそもそも改憲は必要ないのでは?」との声や、巨額の税金を投じて行なわれる国民投票を開催することに強い疑問の声が噴出している。

安倍首相
「自衛隊合憲は不変」 改憲国民投票否決でも

安倍晋三首相は5日の衆院予算委員会で、憲法9条1、2項を維持して自衛隊を明記する自身の改憲案に関し「自衛隊が合憲であることは明確な一貫した政府の立場だ。国民投票で、たとえ否定されても変わらない」と述べた。自衛隊明記案が国民投票で否決されても自衛隊の合憲性は変わらないとの考えを強調した。

希望の党の玉木雄一郎代表が、自衛隊明記案が国民投票で否決された場合に「自衛隊そのものの違憲性が確定する」との懸念を表明し「自衛隊を書くことが出口の見えない改憲議論になる」と批判したのに対して答えた。首相は「命を賭して任務を遂行している者の正当性を明確化することは、わが国の安全の根幹に関わる。改憲の十分な理由になる」と述べ、自身の改憲案実現に意欲を示した。

【毎日新聞 2018.2.5.】

安倍総理が、自ら「自衛隊明記」の改憲に腐心する動機を完全否定!もはや支離滅裂と論理破綻が止まらない安倍総理

安倍総理の答弁の支離滅裂さと論理破綻が止まらなくなっています!
なんと、今まで「自衛隊は現状”違憲状態”だから」との理由で「憲法に自衛隊を明記する」と息巻いていた安倍総理が、なんと「改憲を問う国民投票が否決されても、自衛隊は合憲」という驚きの答弁をしました。

思わず笑ってしまうような、あまりにメチャクチャ過ぎる説明になってきたね。
これは玉木代表が何とも上手に安倍総理の矛盾をあぶり出す質問を行なってくれた状況だけど、つまり、この総理のマインド「何でもいいから、それらしい口実で国民を納得させて、とにかく”改憲の実績”を作った上で、その後に本当の狙い(国民の自由や権利を大幅に縮小→国民主権の削除)に着手する」というものであることがいよいよ完全に露呈したということだ。

これもまさしく、残業代ゼロで使ってきた「悪徳スカウト」の手口と同じであり、まずは国民が納得しやすそうな「お試し改憲」で国民を誘い出しその後に国民を徹底的に締め付け、戦争が出来る国づくりを本格的に進める「本丸」に着手しようという思惑を自ら見せてしまったということだね。

つまり、安倍総理にとっては、自衛隊が合憲かどうかなども本当のところはどうでも良く「完全独裁政治」を実現させることに繋がる基本的人権の削除や緊急事態条項の創設しか頭にないということですね。

つい先日に自民党議員同士の改憲議論から次々出てきた「私権制限」を盛り込む声とも大きくシンクロしますし、いよいよ安倍総理の言い分の支離滅裂さとその「恐ろしい思惑」が剥き出しになってきています!

すでに、国民側の立場からしてみれば、巨額の税金を投じて国民投票を行なう意義も必要性も全くないどころか、非常に大きな損失を被る可能性が高いことを安倍総理自身が暗に認めた以上、国民は一刻も早くに安倍政権を強制終了させるだけでなく、嘘ばかりついて国民を散々欺いてきた安倍総理を即刻議員辞職させる必要がありそうだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket