G7の”会議写真”は合成だった!?「一人ぼっち状態」の安倍総理が、実際には存在すらしていなかった可能性が高まる!

Pocket

どんなにゅーす?

・カナダで開かれたG7において、欧州各国に高関税を課すトランプ大統領と、それに反対する各国首脳が議論を交わす姿を捉えた1枚の写真について、「一人とぽつんとたたずむ安倍総理」の姿が「蚊帳の外」と揶揄されていたものの、この写真は合成だった疑いが浮上している。

・中国メディアの大紀元時報は、これを風刺目的のために誰かが作成した合成写真とした上で、日本のネットユーザーが作成した可能性を唱えている。

中国紙が印象操作 G7安倍首相の「ニセ写真」で

カナダのシャルルボワで6月8~9日に開かれた7カ国首脳会議(G7)では、各国首脳は吐息が届くほどの距離で白熱した議論を交わしたと報じられた。いっぽう、中国共産党政府メディア・環球時報の11日付は、安倍首相について印象操作の目的で加工写真を掲載し、米国と欧州各国の貿易慣行における対立を扇動する文言を並べた。G7では、中国関連の国際問題である政府補助金による過剰生産、技術移転強要などが議題に挙がっており、中国当局が「論点逸らし」のために安倍首相を中傷したとみられる。

安倍首相は「会議場の外でも、夜遅くまで、朝早くから首脳同士が直接、膝詰めで議論を重ねた」と9日の内外記者会見で述べた。これを裏付けるように、G7では、ドイツ政府のカメラマンが撮影したトップ画像の写真や米ホワイトハウスのサンダース報道官が公表した写真をはじめ、会議室、待合室、廊下の一角など、あらゆる場面で首脳たちが話し合っていたことが分かる。

いっぽう、G7メンバーではない中国は官製紙・環球時報11日付で「見てみろ!この記事を消したがっているのは安倍晋三だ」と扇情的なタイトルの記事を掲載した。写真は、トルドー首相を中心にトランプ大統領、メルケル首相、メイ首相らが膝詰めで話し合っているところ、隣のテーブルにひとり腰かけている安倍首相を、赤い丸で囲って強調しているという構図だ。

しかし、亜州通訊の社長・徐靜波氏はSNS微博で、このたび環球時報が掲載した写真は、風刺目的のために何者かにより故意に加工された「ニセ写真」であると指摘した。この写真は日本のSNSでも出回っており、日本のネットユーザが作成した可能性もある。

中国共産党政府の官製紙は、日本の外交「蚊帳の外」論を宣伝するほか、ドイツ政府の公開した写真を利用して「トランプ大統領が欧州首脳の包囲網に遭っている」などと、米国と欧州の貿易慣行に軋轢(あつれき)があると強調した。日米と欧州の分断を図ろうとする意図が垣間見える。

【ニコニコニュース(大紀元) 2018.6.12.】

G7の写真の謎、絵画のような構図の写真は果たして本物なのか?

↓ネット上に出回り、中国政府系メディアも用いた下の「一人ぼっち」写真は合成だった可能性が大。

出典:Twitter(@kentaro_s1980)

日本のネット上でも大きく話題になっていた、上記の安倍総理の「一人ぼっち」写真でしたが、どうやらこれは、誰かが作った合成写真の可能性が高そうですね。

うむ。ということは、安倍総理は「一人ぼっち」どころかこの場に存在していなかったということになるけど…一体どこに行っちゃってたんだろう

そして、このような話が出てくると、当サイトでも紹介した、ネット上でも「まるで絵画のようだ」などと形容された、なんとも不思議で”秀逸すぎる”構図の「例の写真」についても興味が及んでしまうんだけど、↓こちらはどうなのだろう?

出典:産経新聞

やはり、こちらも当初から、(構図が絵画のようにあまりに出来過ぎている、安倍総理の目線などが不自然などの点から)「合成ではないか?」との疑惑が上がっている状況なのですが、こちらの写真はドイツ政府が公開したという情報が出ており、この写真の真偽は現時点では分からない状況です。

ちなみに、トランプ大統領は、上のドイツ政府が出してきた写真に対して強く怒っており、メルケル首相との関係は「良好」であることを(ことさらに)強調した上で、「フェイクメディア」が、メルケル氏があたかも怒っているかのような写真を出していると、強い表現で非難している状況だ。

ちなみに、上のトランプ氏が出している写真を見ると、安倍総理は、やはり姿が見えないか隅っこに追いやられているような状況で、交渉の中心的な役割を果たしているようにはあんまり見えないね。

メルケルのドイツは、(グローバリスト同士で)安倍政権を背後で支援している!?

そう考えると、これは一つの仮説だけど、ドイツ政府は、メルケルのドイツとトランプのアメリカが激しく対立しているようなイメージを与える写真を世に出したけど、これは「グローバリズム(メルケル政権)」と「反グローバリズム(トランプ政権)」の対立を暗に示したとともに、トランプのアメリカにもメルケルのドイツにも共に”色目”を使っている安倍政権のイメージを強く人々に植え付ける目的もあって、上の写真を出した可能性があるかもしれないね。

そして、安倍政権の「本質」を突き詰めると、メルケル首相のドイツと同じ「グローバリズム(親ネオコン軍産・親国際金融資本)」の方向性ということになりますので、安倍政権がトランプ政権の反グローバル政策に(裏で)頭を悩ませている中で、メルケル政権が水面下で安倍政権を支援している可能性もありそうです。

メルケル首相は、(オバマと同じく)日本ではやや間違ったイメージで称賛されている感じだけど、その実はヒトラーとの関係性も指摘されている(リベラル系)グローバリストだからね。
そういう意味では安倍政権とも非常に親和性が高く、今回のドイツ政府が出した写真も(本物が合成かどうかははっきりしないものの)、安倍総理の”存在感”を宣伝しつつ、暗に”支援”する思惑があった可能性があるんじゃないかな?

日本の人々は、まだまだ民衆を苦しめている根幹が「グローバリズム」にあることによく気がついておらず安倍政権を「保守」「右翼」などと思い込んでしまっている節がありますが、やはり、今回のように、「グローバリズム(親軍産・親国際金融資本・親シオニスト)」とこれに対抗する「反グローバリズム」の視点で見ていかなければ、民衆が貧困や格差から抜け出していくための「道筋」が見えなくなってきてしまいます

G7そのものが、国際金融資本の利益を目的として作られた「グローバリストの集い」なので、この中でも様々な(グローバリストによる)情報工作や暗示のようなものが含まれている可能性があるからね。

どうやら、裏ではこっそりと連携しているように見える安倍政権とメルケル政権の関わりについても、今後注意して見ていくとしよう。

Pocket

 

 関連記事