■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

安倍元総理、防衛費の大幅増額について「7兆円に迫る規模」が必要と主張!立憲・泉代表も理解示す!→グローバル軍産資本が主導し”憲法改悪”も既定路線に!

安倍元総理、防衛費の大幅増額について「7兆円に迫る規模」が必要と主張!立憲・泉代表も理解示す!→グローバル軍産資本が主導し”憲法改悪”も既定路線に!
Pocket

どんなにゅーす?

日米首脳会談で岸田総理がバイデン大統領に向けて「防衛費の大幅な増額」を約束した中、安倍元総理が(現在の5兆4千億円から)「6兆円後半から7兆円が見えるぐらいが相当な額ではないか」と主張した。

立憲の泉代表も「昨今の安全保障環境で言えば増えることになる。肯定していて、(増額は)必要だ」と理解を示しており、グローバル軍産資本勢力が主導する形で、日本国内で本格的な軍拡と改憲が現実味を帯びてきている。

安倍氏、防衛費7兆円視野 23年度当初予算で主張

自民党の安倍晋三元首相は26日の派閥会合で、防衛費に関し2023年度当初予算で「6兆円後半から7兆円が見えるぐらいが相当な額ではないか」と主張した。日米首脳会談で岸田文雄首相が防衛費の「相当な増額」への決意を伝達したことを踏まえた発言。

同時に、国内総生産(GDP)比で2%以上への防衛費の増額を、政府が6月に閣議決定する経済財政運営の指針「骨太方針」に明記するよう求めた。

~省略~

【日経新聞 2022.5.26.】

自民・安倍元総理「7兆円が見えるぐらいの防衛予算増額が必要」岸田総理の増額表明受けて

~省略~

安倍氏は自らが率いる派閥の会合で防衛予算についてこのように述べ、来年度の当初予算で7兆円が見えるぐらいの増額が必要との考えを示しました。

今年度の当初予算はおよそ5兆4000億円となっています。

また、中国が台湾に侵攻した場合軍事的に関与する考えを明らかにしたアメリカのバイデン大統領の発言について、自民党内からは「失言」との声も上がりましたが、安倍氏は失言ではなく政権内で協議した上での発言だったとの認識を示しました。

その上で、「大統領が意思を示して中国を牽制したのだろう、歓迎したい」などと述べました。

【TBS NEWS DIG 2022.5.26.】

立民・泉氏、防衛費増額に理解 「必要なもの精査を」

立憲民主党の泉健太代表は24日、岸田文雄首相が日米首脳会談で表明した防衛費の増額に理解を示した。「昨今の安全保障環境で言えば増えることになる。肯定していて、(増額は)必要だ」と語った。「あくまでひとつひとつ真に必要なものを精査して積み上げていくべきだ」とも強調した。

~省略~

【日経新聞 2022.5.24.】

与野党の”共同作業”で「グローバリストのシナリオ通り」に日本の戦後平和主義を破壊!その先には憲法改悪と(米国の代わりに)中国と戦争させられる事態が…!

日米首脳会談においてバイデン大統領の前で「防衛費の大幅増額」を約束させられた岸田政権ですが、安倍元総理からさらに強くそれを”念押し”する発言が出てきました。
それだけでなく、立憲・泉代表までもがこの流れを後押ししているのですから、もうすでに、次の選挙における「改憲勢力の大勝と憲法改悪」も決まったようなものでしょうか…。

どうやら、(本当なら監獄の中に入っているはずの)安倍氏は、「ネオコン戦争屋のメッセンジャー」としての役割を与えられたことで、ちゃっかりと(悪徳売国政治屋としての)新たな活路を見出したようだね。

しかし、ボク自身、ずっと前からこの流れを強く危惧してきたけど、今の日本国民の力ではこれを止めるのが非常に難しい状況になってきてしまった
当サイトでは、(もう3年近く前から)立憲民主がグローバリズムの大波に飲まれつつあるうえに、自公維新の補完勢力になりつつあることを指摘してきたし、ウクライナ戦争において、決して(欧米に隷従する形で)ウクライナを応援してはならないことを警告し続けてきたけど、多くの野党支持者ですらもがその「行ってはいけない道」を選んでしまったために、この「ウクライナ支援(≒第三次世界大戦参加)のための大規模な軍拡」に強く反対することが出来なくなってしまっているようにみえる。

また今回も、圧倒的多数の市民がグローバリストが仕掛けた罠と悪だくみにまんまと嵌められてしまったということですね…。
泉代表も、もはやその正体を隠そうともせずに、グローバリスト(ジャパンハンドラー)が敷いたレールを迷いなく進んでいるように見えますし、共産党は一体どうするつもりなのでしょうか。

共産党もまた「グローバリストのシナリオ」に沿って、ロシアとの全面対立や(非常にコアなグローバル傀儡政権である)ゼレンスキー政権の応援にひた走ってしまっているし、唯一この流れから距離を置いているれいわを次の選挙で大きく勝たせない限り、憲法改悪だけでなく(台湾有事などを口実に)「米国の代理」として中国と戦争をさせられる事態も想定しないといけなくなってくる

日本の軍拡の流れに対して大きく喜んでいる人も多いですが、この流れはあくまで「グローバル軍産資本の”使い捨て傭兵”育成のための軍拡」であり、言うまでもなく、日本の自主独立の流れとは全く異なるものですし、このままでは、欧米グローバリストの「グレートリセット」実現のために、ますます多くの日本国民が容赦なく殺される事態に見舞われます。

(いくらグーグルやSNSなどによる情報統制が進んできているとはものの)現在もなおネット上で多様で良質な情報を手に入れることが出来るというのに、どうして何度も何度もこんな風に、いいようにグローバリストに嵌められ誘導されてしまうのかなぁ…
いずれにしても、多くの人々が既存マスコミのフェイクに騙されては、人工的に作り出された「真実」を”事実”や”本質”だと思い込んでいる限り、このマズイ流れを止めることはそう容易くはなさそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事