池上彰氏の特番に出演の小学生「米国は日本なんてただの道具としか考えてないと思います」→子どもたちが劇団員だったことが分かり、安倍シンパが「ヤラセ、仕込み」と大騒ぎに!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年9月7日にフジテレビで放送された「池上彰スペシャル 池上彰×子供×ニュース 痛快ギモンに大人も納得SP」において、番組に出演した子どもたちが「安倍さんはトランプさんと表面的には仲良くしているけど、アメリカは日本なんてただの道具としか考えていないと思います」などと日米政府を痛烈に皮肉るような発言を行ない、ネットで大きな話題になっている。

・そんな中、番組に出演していた子どもたちがタレントや劇団員だったことが分かり、安倍シンパが「ヤラセ、仕込み発覚」などと大騒ぎに。安倍礼賛系まとめサイトもこぞって取り上げ、出演した子どもたちや番組への非難が殺到している。

↓物議を醸している池上彰氏のフジテレビの特番。

出典:Twitter(@nalluse)

出典:ツイッター速報

↓子どもたちの発言が注目を浴びる中、出演していた子どもたちが子役タレントや劇団員だったことが分かり、安倍シンパが一斉にフジテレビを攻撃。

出典:劇団ひまわり

安倍シンパが、(番組のみならず)劇団ひまわりや出演した子どもたちまでもをも「反日左翼」と一斉攻撃!

フジテレビ放送された池上彰さんの番組が炎上状態となっているようです。
ご覧のように、番組内で子どもたちが日米政府の実態を忌憚なく批判したり皮肉っていたものの、子どもたちがタレントさんや劇団員だったことが後から分かり、安倍シンパが「ヤラセ、仕込みだ!」と鬼の首を取ったように一斉に大騒ぎしている状況ですね。

見たところ、子役の女の子自らが番組を告知している様子なので、別に仕込みとかヤラセとかでも無く、はじめから内情を隠さずに明かしている様子だけどね。
そもそも、この番組の雰囲気や、子どもたちの堂々とした話しっぷりを見ていれば、出演しているのが一般の子どもたちではないことくらい簡単に分かるんじゃないかな
(こうした批判を避けるために、番組内でもタレントさんであることを堂々と公表した方が良かったかもね。)

しかし、そうは言っても、この番組の趣旨は今ひとつよく分からないな。
こうした子どもたちの発言について、一通りの台本があった可能性があるけど、本来であれば、まずは立場や力のある大人たちがこうした日米関係の「根源的な問題点」を真っ先に指摘すべきだろう。
それを、(大人たちが言いたくても言えないことを)上からの忖度もなく、思ったことを自由に口にするイメージがある子どもたちに「代わりに言わせている」ような気もしなくもないし、結果として、こうした番組の演出が、出演した子どもたちに向けて「アカ」やら「反日」やら安倍カルトシンパから誹謗中傷が集まる事態になってしまっている。

この番組に対して「反日」やら「仕込み」やらで大騒ぎしている安倍シンパについても呆れてものが言えない状況だけど、この番組自体の趣旨も今ひとつ何を伝えたいのか分からないし、非常に深く重たい問題を扱っているにもかかわらず、内容がバラエティ化(軽薄化)しすぎてしまっているように感じるよ。
(ちなみに、この番組は、本来予定されていたサッカーの試合、キリンチャレンジカップ2018が自身のために中止になったことを受け、急遽放送されることが決まったものらしい。)

子どもたちの発言そのものは、何らおかしなものではないと思うのですが…番組に出演した幼い子どもたちに、度を超えた言葉の暴力や誹謗中傷が集まってしまっているというのも、この国の社会のモラルの崩壊や深刻な病巣を物語っているかもしれません。

一般人を装った安倍シンパに加えて、安倍礼賛言論人まで一緒になってこれを揃って叩いているというのも、なんともいえない状況だね。
(おまけに上念司氏はフジの番組をテレ朝と間違えて叩く始末↓だし、安倍シンパを感染源にしてネット社会の間でも思考停止や反知性が蔓延しているのがよく分かる事態だ。)

出典:Twitter(@smith796000)

おススメ記事&広告

 
Pocket