■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】ついに特捜が安倍氏への事情聴取を要請!不記載額は4千万円超か!?、グローバリズム(完全奴隷社会)を深化させる改正種苗法と改正予防接種法が成立!、自民党・学術会議の政権への影響力を「本格排除」へ!

【ゆるねと通信】ついに特捜が安倍氏への事情聴取を要請!不記載額は4千万円超か!?、グローバリズム(完全奴隷社会)を深化させる改正種苗法と改正予防接種法が成立!、自民党・学術会議の政権への影響力を「本格排除」へ!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2020年12月3日号)

東京地検特捜部が安倍前総理への事情聴取を要請!ついに、(筋金入りの特権階級の)安倍氏が特捜のターゲットに!?

安倍前首相に事情聴取を要請、「桜を見る会」夕食会で特捜部 公設秘書を立件へ

安倍晋三前首相側が「桜を見る会」前日に主催した夕食会を巡り、参加者の会費で賄えなかった費用計900万円余りを補塡したとされる問題で、東京地検特捜部が安倍氏本人に事情聴取を要請したことが、関係者への取材で分かった。夕食会の収支を政治資金収支報告書に記載しなかったとして、政治資金規正法違反の疑いで公設第1秘書を立件する方針を固めたことも判明した。不記載額は4000万円を上回る可能性がある。

公設第1秘書は任意の事情聴取に差額分の補塡を認めており、特捜部は詰めの捜査を進めている。

~省略~

【東京新聞 2020.12.3.】


出典:YouTube

東京地検特捜部が、ついに、安倍前総理に対する任意での事情聴取を要請したとのことです。

おおぅ~!!
いよいよ、アベしゃんの逮捕が現実味を帯びてきたかにゃ~!?

どうやら、筆頭秘書(配川博之氏)の政治資金規正法違反での立件はほぼ確実との見方になってきているけど、これまで、どんな不正疑惑が浮上してもまるで”バリアー”のごとく検察から「アンタッチャブルな扱い」を受けてきた、筋金入りの特権階級(長州テロリスト一族)である安倍氏に対して、特捜が事情聴取を要請したというだけでも、これは非常に画期的な出来事といえるだろう。

巷では、「菅総理が安倍氏を裏切った」との見方も出ているけど、ボク自身は、「もっと大きなレベルから『安倍潰し』が起こっている」とみており、安倍氏の不可解な辞任劇とも繋がっているものとみている。
つまり、安倍氏が「持病の悪化(すでに仮病だった疑いが極限まで高まっている)」を理由に総理を辞めた後も、しつこく権力を保持し続けようとしている上に、「3度目の総理登板」すら狙っている様子をみせていることで、ジャパンハンドラーからのさらなる「いびり」「脅し」が始まった…ということなのではないかな?

やはり、特捜が動いただけでも、マスコミの報じ方が全く異なってきますし、「前の総理大臣に対して特捜から事情聴取の要請が出た」という事実は、日本国民にとってもかなり大きなインパクトになるかと思います。

捜査機関が全く動かなった時は、(安倍サポ言論人やネット工作勢力が)「野党がただいちゃもんをつけて騒いでいるだけ」みたいな世論誘導や印象操作を行なうことが出来たけど、こうなった以上、「大したことじゃない」といくら喧伝したところで、まっとうな日本国民には全く通用しない
とにかく、収支報告書に記載されていない金額が「4000万円以上」との驚きの報道も出てきた中で、ほぼ立件は確実とみるのがいいだろう。
後は、安倍氏自身が逮捕・起訴されるのかどうか。展開によっては、日本国内の政情や権力構造が大きく変わる可能性もあるので、今後の特捜の動きについて注意深く見ていくとしよう。

 

グローバリズム(1%の特権階級による「完全奴隷管理社会」)を深化させる改正種苗法と改正予防接種法が成立!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事