【ゆるねと通信】汚い言葉を含んだ悪質メッセージはIPごと公開します、安倍政権がコロナ専門家会議のやり取りを”闇の中”に隠蔽、ついに日銀が日本最大の株主に!

Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2020年5月30日号)

汚い言葉を含んだ誹謗中傷や悪質メッセージはIPアドレスごと公開します



いくら、当サイトが安倍政権やその周辺の勢力にとって都合が悪いサイトだからといって、これはいけませんね…。
しかも、現在は、ネット上の誹謗中傷が大きな社会問題になっている上に、安倍政権が匿名での誹謗中傷コメに対して、本格的に投稿主の特定や処罰に向けて動き出し始めた状況ですからね。

どうやら、「ゆるねとにゅーす」のこの記事(【この差は何?】コロナ給付金、韓国ではわずか2週間で97%の国民にお金が届く!→日本の安倍政権は「粗悪な布マスク2枚」すらいつまでたっても届かない家庭が多数! )をざーっと流して読んだ後に、まさに、感情の赴くままに問い合わせページに直行し、たった一言の中傷コメントを送り付けて去っていった感じだね。


普通、カネをもらって活動している工作員は、基本的に無駄な労力をかけたり無意味なことはやらないし、こういう類のメッセージを寄せるのは、相当精神が病んでるか深く洗脳されてしまっている中で、記事を読むうちに自らの人格そのものを否定されたような気分に陥り、激しい怒りを伴ったことで攻撃をしてくるケースが多く、いわゆるプロの工作員とは異なるケースが多い。

今回のはあまりにも子供っぽくて純粋すぎるので、一々取り上げなくてもいいような類のものかもしれないけど…それにしても、「死」という言葉を用いながら脅迫めいたコメントを送り付けるのは、これは良くない
この記事においては、安倍自民党がネット上の誹謗中傷に対して、特定や罰則の強化を進める動きを見せていることについて、「悪質な誹謗中傷コメントを量産している安倍シンパを抱えている安倍政権による”自作自演”みたいなもの」と述べたけど、まさにそれを裏付けるようなメッセージだ。

ボク自身も、ネット上の誹謗中傷問題についてかなり深刻に捉えている上に、国民自身が自らの感情や行動をコントロールし、節度を持ちながら自重することが出来ない以上、(これ以上悲しいケースを引き起こさないためにも)何らかの対策を行なうのはやむを得ないのではと考えている。

当サイトも、独自の指針に従いながら悪質なメッセージに対しては何かしらの強い対応や対策を行なっていく所存だし、今回のようにIPアドレスともども内容を公開するなど、これまで以上に厳しく対処していくつもりだ。

このような、姿を隠して一方的に送り付ける誹謗中傷コメントというのは、本人にとっても何の生産性のないどころか、自分にとっても他人にとっても、より精神に悪影響を及ぼしては、社会全体が荒廃・退廃していく元凶となるものです。
私たち国民自身が、高い知性や教養を持つことが出来ない限り、日本社会が豊かになることは永遠にありませんし、ネット上に蔓延している悪質な世論誘導やマインドコントロールにはまってしまっている人々が、一日も早くに、本来の民主主義社会にあるべき「健全な思考」を取り戻していくことを願っています


安倍政権がコロナ専門家会議のやり取りを”闇の中”に隠蔽!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事