安倍総理が「熟読するように」と国会発言した読売新聞の”安倍礼賛記事”が、「社長賞(賞金100万円)」を受賞していたことが発覚!

Pocket

どんなにゅーす?

・政権発足後、繰り返し安倍総理と会食を繰り返してきた読売新聞が、安倍総理が「熟読するように」と国会で発言した、改憲に関する総理へのインタビュー記事が、最高の社内賞「社長賞」を受賞していたことが発覚した。

・週刊新潮に対して、読売新聞の社員がこの情報を暴露。さらに、記者ではなく政治部長ただ一人がこれを受賞したことに社内では不満の声が上がっており、読売新聞が安倍総理と密着しながら世論誘導を活発に行なっていた実態がますます明らかになってきている。

スポンサーリンク

“総理改憲インタビュー”に社長賞 「読売」社内で波紋

“読売新聞に相当詳しく書いてある”

安倍総理が国会でそう太鼓判を押し、物議を醸した憲法改正に関する読売のインタビュー記事(5月3日朝刊)が、今度は社内で波紋を呼んでいる。

読売新聞記者の話。

「あの記事が6月に社内表彰されたんです。しかも、表彰の中でも最も格上の『社長賞』。副賞が100万円と高く、うちの記者なら誰もが目指す憧れの賞だったのですが、あんな安倍政権の提灯記事が獲るなんて、仰天しました」

過去の受賞例はというと、

「2015年の2月に、前年の衆院解散総選挙がらみの記事で政治部の記者3人が受賞しています。その前は14年。オバマ大統領への単独インタビューで、アメリカ総局長とワシントン支局員が獲っています。かつてはちゃんとした記事が受賞していたんですけどね」(同)

ちなみに今回表彰を受けるのは記者ではなく、政治部長ただひとり。

記者の不満は募るばかり

「下に与えて、現場の記者を鼓舞するのが表彰の本来の役割なのに、なんの意味があるのか疑問です」(同)

【livedoorNEWS(デイリー新潮) 2017.7.11.】

スポンサーリンク

 

「読売CIA新聞」の醜聞がとまらない!安倍政権とともに内部腐敗の実態が次々流出!

前川さんを陥れるための工作記事を出して以来、世間からの批判がとまらない読売新聞だけど、今度はこんな信じられないような実態が表に出てきたわね!
やっぱりこの新聞は、国民目線からは程遠い「洗脳御用新聞」そのものだったってことね!

この情報を見ても、つい最近まで読売新聞が安倍政権と一心同体に密着し、国民を「安倍支持」に誘導するために活発に世論誘導を行なっていた実態が見えてくるね。
しかし、元から「政権広報紙」の異名を持つ読売から、ここまで社内から内部情報が漏れ出て、その腐った実態が次々と明るみに出てきた事例は、ボクが知る限りあまり記憶がない。

都議選での自民党の惨敗直後から、そんな読売も急に批判的な論調に舵を切り始めて、安倍政権を叩くようになってきたけど、(安倍政権そのものの体質ややっていることは基本的に以前とあまり変わっていないものの)このあまりに急激なマスコミと世論の変化には、ボクもただ驚かされるばかりだ。

これというのも、トランプ政権の誕生によって、(長らく日本をコントロールしてきた)かつてのジャパンハンドラーが一掃されたこと、トランプ政権・ロシアをはじめとする反グローバリズム勢力の攻勢、そして、森友や加計疑獄が表に出てきたことに伴う安倍総理の体調悪化など、様々な要素が複合的に絡み合ったことでここまで大きな流れが生じ始めているものと考えるけど、こうした流れの中で日本の地下で相当大きな(人為的な)「動き」が出てきているのは確かだね。

…てことは、やっぱり安倍政権ははっきりと「終わり」が近づいてきているってことなのかしら?

恐らく、読売新聞も従来の「安倍トモ路線」を続ける限り、ますます購読者を失い、弱体化の一途をたどることになるだろう。
こうなると、読売もある程度、路線変更に舵を切っていく他なくなることが考えられるし、すでにこうした道筋がはっきりとつけられているようにも見える。

いずれにしても、マスコミ界最大の「CIA対日工作の下請け機関」である読売新聞が安倍政権を徹底的に批判的に報じるようになれば、安倍総理の寿命はいよいよ長くないといえるだろう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket