【その通り】山本太郎議員「トランプ氏に決まれば、対米隷属卒業に向けての一歩。 アジア重視外交に転換のチャンス。」


トランプ勝利確定後に記事に書こうと思っていたことを、山本太郎議員に先を越される…


1

出典:山本太郎 Twitter
スポンサーリンク
スポンサーリンク

りのちゃん驚きssaトランプさん有利が伝えられる中、山本太郎議員がこうしたツイートを出して、ネット上で話題になっています。

管理人はっはっは、これ、トランプが正式に当選が決まった暁に書こうと思っていたことだったんだけど、完全に山本議員に先を越されてしまったな(笑)
(もっとも、山本議員が言う「極右勢力」とは、ただの海の向こうで暗躍する、無国籍のグローバリストの傀儡の「売国勢力」だと思っているけどね。)

確かに、トランプはアメリカの国益第一の政治をやろうとしているみたいだから、日本にもかなり厳しいことを突きつけられることは充分考えられる
だけど、ヒラリーや、今までのグローバリストの使用人だった米大統領のように、「日米同盟を重視する」などと、協力体制を表向きに宣伝しておきながら、裏で散々内政干渉し、米国債を大量に買わされ、日本国民の富をアメリカ国家だけでなく、国際金融マフィアに徹底的に吸い取られ続けられるよりは、よっぽどマシだ。

こんなウィルスのようなシオニストの国際金融マフィアに寄生された状態での日米関係よりも、純粋に国家同士で戦略的な互恵関係を作っていった方が、日本の国家システムの健全化にも繋がる

つまり、麻薬の依存症みたいな、アメリカやその上にいるグローバリストに条件反射的に従属し、ご主人様に褒めてもらうために365日尻尾を振り続けているような、どうしようもないアメポチ政治家や官僚を一掃し、日本がもっと他国に依存せずに自立する政治&経済体制を構築していく「いい機会」ということだ。

さらに、すでにプーチンが現在のトランプ優勢の状況に期待感を見せているとの情報も出ているけど、以前から両氏は協力体制を示唆しており、トランプによって米露関係が改善していく可能性もある
こうなると、(大手メディアの報道とは真逆で)世界的な戦争のリスクはむしろ低くなり、トランプによって日本もロシアとの関係性が改善していく可能性もある

相変わらず、山本太郎議員のツイッターにはヘンテコリンな工作員が殺到しているみたいだけど、TPPの危険性が後退する意味でも、トランプの当選は日本にとってプラスになると考えているよ。

なるほどです。
これをきっかけに、日本も「アメリカ依存症」から脱却し、体質改善するいい機会ということですね。

とにかく、引き続き、アメリカ大統領選の結果が出来るのを静かに待ちたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA