【憂慮】翁長沖縄知事が高江ヘリパッドの工事を容認する姿勢を示す!翁長氏「苦渋の選択の最たるもの」県民「心折れそう」


どんなにゅーす?

・翁長沖縄県知事が、当初反対の姿勢を示していた高江ヘリパッドの工事を「苦渋の選択の最たるもの」と容認する姿勢を示した。

・この発言に県民からは動揺や批判の声が相次ぎ、高江の住民からも落胆の声が起こるとともに「今からでも容認を撤回してほしい」と訴える声も。

スポンサーリンク

国、沖縄の「県政分断」図る 知事のヘリパッド容認で、辺野古の県軟化も狙う

沖縄県東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場の部分返還計画を巡り、翁長雄志沖縄県知事は28日、「苦渋の選択」と表現しつつ、返還条件とされる同訓練場内のヘリパッド(ヘリコプター着陸帯)の新設を事実上容認する姿勢を初めて示した。建設の是非に対する姿勢の曖昧さを政府に突かれた格好だ。米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設計画に反対する「オール沖縄」勢力の中には翁長知事への不信の声もくすぶる。政府側には、辺野古新基地建設問題での翁長県政の姿勢軟化に弾みを付けたいとの思惑も垣間見える。

【琉球新報 2016.11.29.】

沖縄県知事ヘリパッド容認 地元住民「心折れそう」 高江、失望と批判

高江に住む住民からは翁長雄志知事がヘリパッド建設を事実上容認したことに対し、「ショックで心が折れそうだ」「誰のための過半の返還なのか」と落胆や批判の声のほか「今からでも反対と言ってほしい」「現状をしっかり調べてから決断してほしい」と建設反対を再度求める切実な声が上がった。

【琉球新報 2016.11.29.】

スポンサーリンク

 

沖縄県民に大きな動揺、「これを逃すまい」と一気に畳み掛けようとする安倍政権

りのちゃん怒りssa翁長知事が高江ヘリパッドに対して容認の姿勢を見せたことで、一気に沖縄全体に動揺が走っているようにも見えます。

翁長知事は、辺野古移設については変わらず反対の姿勢を続けていますが、全体を見ても、相当難しい舵取りを迫られてきているみたいです。

管理人元々高江ヘリパッドの建設は、北部訓練場返還の「交換条件」として進められてきたものであり、今までの翁長知事を見ていても、辺野古に比べて高江ヘリパッドについてはどうも態度を明確に示していないように感じてきていたので、ボク個人としてはあまり驚いていないんだけど、ただ、沖縄県民、特に高江の住民の人たちの動揺やショックは察するに余りあるものがある

今までも、安倍政権の徹底した「沖縄差別」を含む圧政の極みといえる強硬姿勢に対し、全面的に対決してきた翁長さんだ。
なので、ボクは彼が本当に180度変節したかどうかは、もうしばらく様子を見てから判断しようかと思うよ。

とにかく心配なのは、これをきっかけに沖縄の人たちが精神的に折れてしまい、翁長県政と市民の団結が一気に崩れていってしまうことだ。
こうなると、まさに安倍政権の思うツボで、これを逃さず徹底的に攻撃を仕掛けてくることで、高江どころか辺野古移設まで一気に畳み掛けられてしまう恐れがあるので、これが何より気がかりだよ。

りのちゃん困り3ssaまさにこれから先が、沖縄県民にとっての本当に辛い正念場かもしれませんね…。

どうか、一時の感情の揺らぎで今まで積み上げてきたものが一気にバラバラになってしまわないよう、私も強く応援し、祈っています。

追記:
翁長知事が新たにコメントを出し、「苦渋の選択」としたのは、オスプレイの使用が前提となっている「北部訓練場の返還を容認すること」で、「ヘリパッド建設を容認したわけではない」と説明

当記事にも書いたように、あまり早急に判断を下さず、冷静に知事の今後の対応を見ていく必要がありそう

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA