大村愛知県知事リコール運動で大規模不正か?同一筆跡とみられる署名が大量発見!参加ボランティアが「地方自治法違反容疑」で県警に告発する意向!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年12月4日、大村愛知県知事に対するリコール署名運動において大規模な不正が行なわれた疑いがあるとして、署名運動に参加したボランティア4人が県庁で記者会見を開催。4人によると、同一の筆跡とみられる署名が大量に見つかったとしており、被疑者不詳のまま地方自治法違反(署名偽造)などの疑いで県警に告発する意向を示した。

・不正署名疑惑は名古屋市議会でも本格的に取り上げられ、高須院長が主催するリコール運動に全面的に協力してきた河村名古屋市長に対しても責任を求める声が多く上がっている。

愛知知事リコールで不正署名か 参加ボランティアが発表

大村秀章・愛知県知事へのリコール署名活動に加わったボランティア数人が4日、県庁で会見し、不正な署名を多数確認したと発表した。被疑者不詳のまま、地方自治法違反(署名偽造)などの疑いで県警に告発したいという。

~省略~

会見したボランティアらによると、各選挙管理委員会に提出する直前の点検などで、同一筆跡とみられる署名などが大量に見つかったという。

【朝日新聞 2020.12.5.】

知事リコール署名に不正疑惑…「同一人物が複数書いた疑い」 住所に向かうと「書いていない」の声も

~省略~

請求代表者:
「筆跡が全部同じである。誰かが住民データを側に置いて、それをずっと丸写ししていったんだろうな」

なんと「同じ人が複数の署名を書き、偽造した疑いがある」と訴えたのです。

去年開かれた『あいちトリエンナーレ』を巡り、高須クリニックの高須克弥院長と名古屋市の河村たかし市長が進めた、大村知事のリコール運動。

11月、高須院長の体調不良が理由で、署名集めは途中で終了しましたが、2か月で必要な署名の半数にあたる43万余りの署名が集まりました。その署名に浮上した今回の疑惑。一体どういうことなのか…。

実際に、署名簿のコピーを見せてもらうと…。

リコール署名元受任者の水野さん:
「日にちが違うし、名前がほとんど同筆跡なんですよ」

別々の人の名前が書かれた文字を抜き出してみると、「子」や「増」などよく似た筆跡がいくつもあり、書かれた署名の住所を並べてみても、確かに似ているように見えます。

不審な点に気付いたという水野昇さんは、受任者として集まった署名を提出する作業を手伝っていた11月4日、同一人物とみられる筆跡があることに気付いたといいます。

水野さん:
「誰が見たって筆跡一緒ですよ。量から見て計画的です。驚きました」

水野さんによると、なんと300余りの署名が、たった2人の手によって書かれた可能性があるといいます。

不正は実際に行われていたのでしょうか。名簿に書かれた尾張旭市内の住所に向かってみると、衝撃の事実が明らかになりました。

Q.こちらの住所・お名前は、ご自身で間違いないですか?

署名簿に記載されていた人:
「間違いありません、生年月日もあってるし。ただこの筆跡には全然覚えがないんです。(Q.リコール署名された?)書いたことはありません。書いてません」

住所と名前が一致する人物はいましたが、「署名を書いていない」ことが明らかになりました。さらに別の住所でも…。

Q.こちらご自身ですか?

署名簿に記載されていた別の人:
「えぇ、私ですけど字が違うな…。(書いた覚えは)ないです」

~省略~

【東海テレビ 2020.12.4.】

高須院長&河村名古屋市長による「大村知事リコール署名」で同一筆跡と思われる署名が大量に見つかる!「何者か」が名簿を入手し勝手に住民に成りすまして署名した疑い!

アメリカの大統領選に比べるとだいぶ規模がちっちゃいし、すでに運動が失敗に終わっている以上大きな影響はないけど、どうやら、高須院長&河村名古屋市長による「大村知事リコール署名運動」でも大々的な不正が行なわれたのはほぼ確実みたいね。

上の報道を見る限り、疑わしいとされている筆跡を見ると、やはり同一人物としか思えないし、むしろ、最初から誤魔化す気もないような感じ(筆跡を変えようとする意思もなし)で、ずいぶんと稚拙な不正工作だ。
このような状況を見る限り、高須院長が立ち上げた団体内部の「何者か」が何らかのルートで住民の名簿を入手し、住民に成りすまして大量に署名した疑いがある。

しかし、ここまで同一筆跡であることが丸分かりである稚拙な不正をやっている時点で、どうも釈然としないし、結果として、高須氏本人が辞退して署名運動は終了したので、結局、本来の目的は果たされることはなかったどころか、高須氏側の不正が明るみに出ただけで、彼らにとっては良いことはまるでない「最悪の結末」なっている。
これをどう考えるか…といったところだね。

高須院長のイメージや信頼性もこれでますますがた落ちすることになるし、何よりもこの署名に全面協力してきた河村市長本人のイメージがこれによって最悪のものになるのは確実ね。

そもそも、あいちトリエンナーレの開催中においても、ヤバそうなカルト系勢力が暴れまくっていたし、こんな得体の知れない連中による署名運動に全面協力していた時点で、河村市長は「自業自得」としかいいようがないだろう。

現在明るみに出ている情報を見る限り、署名運動の団体内部におかしな活動家らが入り込んでいては、(高須氏の目の届かないところで)どうにか所定の数に達するようになりふり構わず不正を行なった…といった線が有力そうな感じがするけど、今後河村市長は、思いもよらない「強力なしっぺ返し」を食らうことになりそうだし、これを機に一気に市民からの信頼を失うことになりそうだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事