【嘘八百】安倍政権が「前川氏と木曽内閣官房参与との面会は確認できない」との閣議決定!両者とも会って話をしたことも認めているのに!

Pocket

どんなにゅーす?

莫大な公有財産が総理の「腹心の友」の理事長に横流しされた疑いのある加計学園疑獄について、安倍政権が「前川氏と木曽内閣官房参与が面会し、獣医学部新設について話をしたことは確認できない」との閣議決定を行なった。

当事者の2人は共に「面会して加計学園の件について話をした」ことを認めており、安倍政権の「明らかな嘘を既成事実化するような閣議決定」にネット上で多くの批判が噴出している。

スポンサーリンク

内閣官房参与と前川氏の面会「確認できず」 閣議決定

政府は9日の閣議で、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐり、同学園理事で内閣官房参与に就いていた木曽功氏が昨年4~9月、当時の前川喜平・文部科学事務次官と面会し、獣医学部新設について話した事実は「確認できない」とする政府答弁書を決定した。木曽、前川両氏はいずれも朝日新聞の取材に面会と会話の事実を認めていた。

民進党の宮崎岳志衆院議員の質問主意書に答えた。木曽氏はこれまで朝日新聞の取材に対し、前川氏と面会し、獣医学部新設について話したと説明。前川氏は、木曽氏が昨年8月に事務次官室を訪れた際、「獣医学部の件でよろしくと言われた」と証言していた。

【朝日新聞 2017.6.9.】

出典:ウィキペディア
スポンサーリンク

スポンサーリンク

嘘つきペテン政権がついにここまで!当事者二人が事実と認めているものまでをも「”確認できない”詐欺」で閣議決定!

ちょっとちょっとぉおおお~~!!
当事者二人が実際に会って加計学園の件で話をしたことを認めているって言うのに、この件までも「確認できない」として閣議決定しちゃうなんて、一体どこまでメチャクチャな政治をやっているのよぉ!!

明らかな嘘まで何でも閣議決定なんて、もう手の施しようがないくらいに狂っているわ!!

加計問題 内閣参与も特区推進を前川氏に要請

加計学園の獣医学部新設問題で、内閣官房参与(当時)の木曽功氏が、前川喜平文部科学省事務次官(当時)に対し、国家戦略特区制度で、獣医学部新設を進めるよう働きかけていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

前川氏によれば、昨年8月下旬、木曽氏は次官室を訪ね、次のように要請したという。

「国家戦略特区制度で、今治に獣医学部を新設する話、早く進めてほしい。文科省は(国家戦略特区)諮問会議が決定したことに従えばいいから」

当時は、内閣改造で特区を担当する地方創生相が石破茂氏から山本幸三氏に代わった直後で、止まっていた獣医学部新設が大きく動き始めていた時期だった。

木曽氏は、元文科省の官僚で、前川氏の3期先輩にあたり、14年4月から内閣官房参与に任命されていた。一方、16年4月からは加計学園理事兼千葉科学大学学長にも就任しており、加計学園の利害関係者でもあった。

木曽氏は「前川さんと会い、様々な話をしたのは事実です。獣医学部の件も話したと思いますが、加計学園理事としてで、内閣官房参与として会ったわけではありません」と回答した。

この問題では、前川氏は木曽氏の要請の翌月上旬に、和泉洋人首相補佐官から「総理が自分の口から言えないから、私が言うんだ」と特区推進を要求されたと証言している。

【文春オンライン 2017.5.31.】

前からその”兆候”は如実に表れていたけど、ついにこの国では国会そのものが完全な機能不全に陥り、「安倍ペテン帝国」によって、完全に日本が私物化されてしまったようだ。

すでに、誰が見ても明らかな嘘で、人の道から大きく外れていることすらも、国民は「真理」として安倍政権に無理やり飲み込まされる世界になり変わってきたし、もう国会も存在しないも同然の中、「安倍ペテン一派」によって、ありとあらゆる事象が歪められ、国民も「嘘の道」を無理やり突き進まされる時代になってきた

これこそが、安倍一派が掲げていた「美しい国」の正体だし、ここまで恥知らずな連中が日本を好き勝手にいじくり回している現状は、まさに「世界の終わり」を連想させられる。
激しく怒っている国民は確かに大勢いるけど、これはもはや、100万人規模のデモが起きて当たり前の酷さだ。
韓国の政治腐敗をゆうに超越しているし、ここまで日本の根幹をメタメタにしてしまった安倍政権に、言いようのない強い怒りでいっぱいだよ。

ここまでの行政の破壊に対して、森ゆうこさんがかつてないくらいに激しく怒ったけど、野党全員がこの安倍政権の所業に全力で激怒するべきよ!
もう、全ての審議を強行的にストップさせて、自民党の連中を議場に入れさせないくらいの最上級の強硬手段に出ていいレベルなんじゃないかしら!?

ボクも同じ気持ちだ。
もはや安倍政権がやっているのは、「国会破壊」であり、「国家の破壊」&「民主主義の破壊」であり、これは最上級の国民を背信・愚弄する行為であり、重大な憲法違反だ。
国民ももっと激しく怒って、国会に殺到して抗議するべき事案だけど、まずは野党議員が先頭に立って、少なからず安倍政権の暴走を全力で止めるくらいの強い覚悟と気概を見せないとダメだ

最近のマスコミも、自民党の保守本流議員や前川氏に続いている良識派官僚たちの後押しを受けて、ようやく強い追及を行なえるようになってきたけど、「日本の全て」が原型もとどめないくらいにメチャクチャに破壊されきってしまうのが嫌であれば、みんなが一丸となって、完全にたがが外れてしまった「暴走ゴロツキ政権」を全力で止め、これを何としても終わらせなければならないね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket