【動画】前川前次官が再び記者会見し、安倍政権の対応を批判!「萩生田指示文書はほぼ事実だと思う」「一番のキーマンは和泉首相補佐官」

Pocket

どんなにゅーす?

・元文科省の前川前次官が再び記者会見を行ない、安倍政権による加計疑獄の対応について「内閣府や総理官邸は真相解明から逃げようとしている。本当の説明責任を果たして欲しい」と厳しく批判した。

・前川氏は、新たに問題となっている萩生田官房副長官の指示が記された文書について「在職中には見たことはない」としながらも「文書の内容はおおよそ事実だと思う」と発言。

・さらには、加計学園の認可を指示していた人物として「和泉首相補佐官がキーパーソン。」として挙げ、萩生田氏よりも和泉氏が前川氏に直接圧力をかけてきていたことを証言した。

スポンサーリンク

前川前次官、萩生田氏発言の新文書「ほぼ事実と思う」

学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、文部科学省の前川喜平前次官が23日、日本記者クラブで記者会見した。前川氏は同省が20日に公表した、萩生田光一官房副長官の発言を記したとされる文書について「書かれている内容はほぼ事実だと思う」と述べた。

~省略~

前川氏は文書について「在職中に見た記憶がない。(幹部より)下のレベルの職員で共有するため(の文書)だと思う」と指摘。発言者が全て萩生田氏ではない可能性があるとしたうえで「内容はほぼ事実ではないか。作成した職員が聞き違えることはあり得ない」と強調した。

さらに萩生田氏の政策決定への関与について、「推測の域」と断ったうえで「何らかの示唆か提案があった可能性は高いと思う」と発言。文書を巡る内閣府や首相官邸の対応は不誠実だとし、「本当の説明責任を果たしてほしい」と訴えた。

自身が出会い系バーに出入りしているとの新聞報道に関しては、記事が出る前に和泉洋人首相補佐官から連絡を求められたと明かし、「官邸の関与があったと思う」との見方を示した。

【日経新聞 2017.6.23.】

前川氏「和泉補佐官が一番キーパーソン」

加計学園の獣医学部新設をめぐり「行政がねじまげられた」などと告発した文部科学省の前川喜平・前事務次官が23日、再び記者会見を開き、特区の決定のキーパーソンは「和泉総理補佐官だ」と話した。

前川前事務次官「和泉総理補佐官が一番キーパーソン。私に直接働きかけがあったのは和泉総理補佐官。萩生田副長官は和泉補佐官と話した結果として、その結果を文科省に伝えています」

【日テレNEW24 2017.6.23.】

↓前川氏の記者会見(ノーカット)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

理論派&良識派の前川氏が、再び加計疑獄の現在の状況について冷静に分析し、静かに熱く安倍政権の対応を批判

国民から多くの信頼を受けている前川さんが、再びカメラの前に出てきて会見を行なってくれたのね!

ああ。前川氏の話を久しぶりに聞けたけど、相変わらず、とても丁寧で真面目、受け答えの言葉も適切な上に理路整然としており、実に聞いていて気持ちがいいね。

今回の会見ではそこまで大きな爆弾は投下されなかったものの、現在の加計疑獄の状況について、貴重な道しるべを示してくれたように感じる。

まず、「萩生田氏からの指示があった」と言われている例の文書については、前川氏自身は「在職中に見たことはない」とした上で、一部に萩生田氏以外の内閣府担当者や和泉補佐官の発言も混ざっているかもしれないと推測しつつ、「大まかな内容としては間違っていないと思う」とコメント。

さらには、加計疑獄のキーパーソンとして、「安倍総理の影武者」との異名を持つ和泉首相補佐官を挙げ、前川氏自身は、和泉氏から直接的に開学に向けて圧力を受けたことを改めて明言した。

この他にも前川氏は、加計疑獄の実態を公正に究明するために、第三者機関を設置し調査を行なう必要性を主張、「内閣府や総理官邸は真相解明から逃げようとしている」とした上で、臨時国会の召集も証人喚問も拒絶している安倍政権を静かに熱く批判をしていたよ。

本当に前川さんの言う通りだわ。
やましいことが何もないのなら、臨時国会の召集にも応じて、証人喚問にも堂々と応じることで、積極的に(前川さんのように)国民に向けて丁寧に論理的に説明を尽くしていけばいいんじゃないかしら!?

前川氏と違って、安倍政権は「国民に説明を尽くしていく」などと言いながら、言っていることとやっていることが完全に真逆の状況だし、安倍政権が日頃から必死に取り組んでいるのは、国民から思考力を奪うべく、配下のメディアを使って”洗脳工作”を繰り返しては、国民を騙すための数々の詭弁を考え出し、これらを必死に弄している状況だ。

こうした様子を見る限り、前川氏の言う通り、本来の行政の「あるべき姿」から完全にかけ離れているのが現実だし、前川氏の後押しを受けた国民がもっと、この安倍政権の矛盾やウソを厳しく突き、強く批判を続けていく必要があるんじゃないだろうか。

素直におかしいと思ったことを指摘しようとしても、これを圧力や脅しで黙らせるような社会が当たり前になりつつあるし、このままじゃ、真面目で誠実な国民こそがバカを見るような世界になってしまうわ。
私も、人としての根本的なモラルや倫理観を忘れずに、これからも、おかしいと感じたことについては、しっかりと声を上げ続けていくわ!

前川氏やあおいちゃんのその勇気ある心意気を見習って、ボクも頑張っていくよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket