共謀罪が衆院本会議で強行採決!自民党佐藤勉衆院議運委員長が職権で決定!自公に加えて維新が賛成!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年5月23日午後4時20分頃、衆院本会議で共謀罪(テロ等準備罪)法案が自民公明維新の賛成多数で可決された。

・採決は自民党佐藤勉衆院議運委員長が職権で決定野党からの激しい反対と抵抗の中、強行的に採決された。

スポンサーリンク

“共謀罪”法案 衆院通過、参院審議入りは来週に

共謀罪の構成要件を厳しくしたテロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案は、衆議院本会議で午後4時20分過ぎ、自民・公明・維新などの賛成多数で可決されました。
法案は処罰対象をテロリズム集団などの「組織的犯罪集団」と規定し、現場の下見など「準備行為」を処罰する内容となっています。
民進党など野党が「内心の自由を侵す可能性がある」などと反発する中、与党側が採決に踏み切ったこともあり、当初、与党が目指していた24日の参議院での審議入りは、来週に持ち越されることになりました。

【TBS News 2017.5.23.】

スポンサーリンク

 

またもNHKは国会中継を放棄!国民から政治との距離を何とか引き離そうと、安倍政権と共謀して強行採決を後押しする大手マスメディア

予想通りに、安倍政権が、衆院本会議で共謀罪法案を維新と共謀する形で強行採決しました。
NHKはまたも国会中継を放棄。すでに受信料を支払っている多くの国民が多くの怒りの声を上げていますが、NHKを筆頭とした大手マスコミも、国民から何とか共謀罪への関心を失わせ、はたまた政治との距離を引き離そうと、安倍政権の暴政に全面協力している始末です。

こういう場面でも、国民が政治に対する関心を薄れさせ、何とか全然別の話題(エンタメ・芸能など)に興味を持たせようと、メディアによる「愚民化政策(3S政策)」が激しく行なわれていることを強く感じさせるね。
テレビにおいても、共謀罪に関する内容が放送された割合が非常に少ないし、そもそも政治に関する内容が流される割合も極わずかだ。
誰かが親身に教えてくれない限り、多くの国民が「そもそも共謀罪が一体どういうものなのか?」も理解することが難しいと思われるし、実際にこの法案の内容をしっかりと理解できている人も日本の中でかなり少ないものと見ているよ。

その中でも、この暑い中で共謀罪反対のデモに参加した人たちは本当に素晴らしいと思う。
こういう人達が数十万人レベルで増えていけば、さすがの安倍政権も強行採決をするのを躊躇する動きも出てくるかもしれないけど…残念ながら、まだまだ議会運営に影響を与えるような数には遠く及んでいないのが現状だ。

参議院での審議入りは予定より延期されて、来週辺りからとの予測が出ている(ただし油断は禁物)けど、今後もボクたちは深く落胆することなく、やれることを繰り返しやっていくこととしよう

はい!
加計学園疑惑でも近いうちにさらなる大きな動きが出てくる可能性もありますので、今後も、かつてないほどの腐敗政治を一日も早くに終わらせるべく、私も管理人さんとともに様々な情報発信を頑張っていこうと思います。

とにかく、今は野党を全面的に応援しつつ、共謀罪が完全に通ってしまうのを阻止すべく頑張っていこう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket