【原発の闇】福島原発事故の汚染水対策で、外国人を違法に雇っていた疑いが浮上!適切な放射線教育も受けさせず!


どんなにゅーす?

・福島原発事故の汚染水対策関連の作業で、2014年に複数の外国人が「偽装請負」の形で違法に雇われていた疑いが浮上している。

・雇われていた外国人たちは、法で定められた放射線防護教育も十分に受けていなかった可能性があるという。

・偽装請負で雇われていた外国人の多くはブラジル人で、その多くは日本語の読み書きが不自由な上、会話も片言の人もいたという。

スポンサーリンク

汚染水対策 廃炉 外国人に偽装請負か 事前教育も不十分

東京電力福島第1原発の汚染水対策で2014年、違法な偽装請負が疑われるかたちで複数の外国人が働いていたことが、関係者への取材で分かった。法令に基づく事前の放射線防護教育も作業員は十分に受けていなかったという。事故後の第1原発で外国人の労働実態が明らかになるのは初めて。【関谷俊介】

第1原発では当時、汚染水問題が切迫し、東電は漏れにくい溶接型貯蔵タンクの建設を大手ゼネコンに発注。2次下請けの東京の溶接会社で「必要な日本人がそろわなかった」(社長)ため、7人前後の外国人溶接工が急きょ集められた。

集めた日系ブラジル人の溶接工、石川剛ホーニーさん(43)らによると、石川さんは溶接会社から1基200万円で建設を受注。作業員と個別に業務請負契約を結んで溶接を頼んだ。石川さんは途中で現場を離れ、その後は溶接会社などが作業を指示した。雇わずに業務を請け負わせ、発注者以外の指示で作業するのは、安全管理責任などをあいまいにする偽装請負として職業安定法などが禁じている。

溶接会社の社長は「社員でないと第1原発に入れず、上の会社に(外国人を)社員と報告したが、請負の方が効率が上がる」と話し、偽装の意図はなかったと釈明している。

1

【毎日新聞 2016.11.7.】

スポンサーリンク

 

日本の原発政策がもたらした過酷事故の処理を、外国人に請け負わせざるを得ないという「現実」と「闇」

りのちゃん困り3ssa原発事故の事故処理作業を、ここまで外国人労働者にやらせていたとは、あまり知りませんでした。
前から暴力団が中に入っていたり、かなりブラックだということは聞いていましたが…。

発覚していないだけで、他にもこうした外国人労働者が大勢いる可能性もあるのではないでしょうか?

管理人日本が(一部の原子力ムラの利権ために)原発を乱立させて、安全対策もおざなり状態で、その結果発生した深刻事故の(被ばくの危険性も高い)処理作業を、よりによって外国人の出稼ぎ労働者にやらせるとは…いかにも日本特有の人権無視の「奴隷文化」を象徴するような一件だね。

しかも、放射線に対する知識も十分に教えず、違法な偽装請負でこれをやっていたのだとしたら、さらに大問題だ。

こうした話も、原発というものの中の「一つの面」だし、こういう”現実”や”闇”を全て認識をした上で、日本がどのようなエネルギー政策を進めていくべきかを、国民みんなで考えていかなければいけないはずだ。

社会の中の「誰か」が必ず、ある程度の被ばくをしながら命を削り、人権無視に近いほどの過酷な労働を強いられていることで初めて成り立っているのが「原発」ということを、もっと多くの人が知っていって欲しいと思っているよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA