沖縄・辺野古埋め立て裁判、沖縄県が敗訴!国と沖縄県との対立がますます深まることに

Pocket

司法は安倍政権(アメリカ軍産勢力)に有利な判決、沖縄県は上告の手続きへ

スポンサーリンク

辺野古沖 国の訴え認める「翁長知事の対応は違法」

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設先とされている名護市辺野古沖の埋め立て承認をめぐり、国が沖縄県を訴えた裁判で、福岡高等裁判所那覇支部は「普天間基地の被害を除去するには埋め立てを行うしかなく、埋め立てにより県全体としては基地負担が軽減される」として国の訴えを認め、翁長知事が承認を取り消したのは違法だとする判決を言い渡しました。

【NHK NEWS WEB 2016.9.16.】

管理人予想通りというべきか、裁判所は「承認の取り消し」を主張していた翁長知事の行動を”違法”と位置づけて、国側の訴えを全面的に認める判決を出したようだ。

福岡高裁は「沖縄の民意を考慮しても、辺野古埋め立ては妥当」として、多くの沖縄県民の支持を受けている翁長知事の訴えを棄却
原告である国側の訴えを全面的に認め、司法も辺野古の埋め立てに事実上Goサインを出した形だ。

これで、ますます沖縄県と県民の怒りは増し、安倍政権との対立がますます激化していくことは間違いないだろう。

りのちゃん困り3ssa県側は上告する構えのようですが、この調子では最高裁も難しそうですね…。

管理人全国の判例を見ても、地裁の場合は比較的弱者に寄り添った判決を出してくれるケースも多いものの、高裁・最高裁と、上に行けば行くほど、残念ながら権力側におもねった判決が出てしまう傾向が強いのが、この国の現状だ。

甘利氏の件でも一端が晒されたけど、今や日本は三権分立なども骨抜きになりかけていて、司法・立法・行政もそれぞれが癒着し始めてきているように見えるし、警察や検察、さらには裁判所までも、日本がアメリカに占領されて以降、実質現在までアメリカ軍産勢力(CIA)の下部組織として、アメリカの国益のために動いているとも言われている。

金貸し支配の構造3~司法支配(主権在民・三権分立の欺瞞)

そう考えると、裁判所が、在日沖縄米軍によって利権と恩恵を受けている「日米安保マフィア」とも言われている一部の政治家や官僚が喜ぶような判決を出すのは、ある意味自然なことであり、こう考えると、最高裁でも沖縄県の訴えが認められるのは難しいかもしれない。

まあ、翁長知事らもこれらは想定済みだとは思うけど、どうか、最高裁では沖縄県民に寄り添った判決が出るように祈っているよ。

りのちゃん困り3ssaかつてはここまであからさまではなかった気もしますけど、最近、ますますこうした動きがはっきりと表に出てきている感じもしますよね。
こうなると、やはり行き着くところは「沖縄独立」しか道はないようにも思えてきます…。

管理人安倍政権が終われば少しは流れが変わる可能性もあるかもしれないけど、見る限り、かなり長い年数安倍政権が君臨する可能性も高まってきたからね。(10年以上続く可能性も…)
ボクらもそうだけど、沖縄の人々も、これから長い期間、厳しい時代になっていきそうだね…。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket