【狂っている】佐賀・玄海原発の再稼動容認の決議案が可決!北朝鮮からの攻撃リスクが極限まで高まっているタイミングで!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年4月13日、佐賀県議会が玄海原発の3・4号機の再稼動を認める決議案が可決された。

・佐賀県の山口祥義知事は、以前より再稼動に前向きな姿勢を見せており、4月中に玄海原発を視察し、九電の社長や世耕経産大臣と会談して最終的な決定を下すという。

スポンサーリンク

玄海原発3・4号機の再稼働容認、佐賀県議会が決議案可決

玄海原発3・4号機の再稼働をめぐって、佐賀県議会では13日午前、再稼働を容認する決議案が可決されました。

山口祥義知事は、これまでに議会の意見を重視する姿勢を示しているほか、玄海原発の「安全性は確保されている」との発言をしていて、県としても再稼働に同意する見方が強くなりました。

「県民の代表であります県議会の決議でありますので、重く受け止めさせていただきたいと。4月のうちに(最終判断する)可能性が高い」(佐賀県 山口祥義知事)

山口知事は今月中に原発を視察するほか、九州電力の社長や世耕経済産業大臣とも会談した上で最終判断します。

一方、原発周辺の自治体からは反対の声もあがっていて、地元同意を立地自治体に限定している国や九州電力の方針に批判も高まっています。

【TBS News 2017.4.13.】

スポンサーリンク

北朝鮮からの原発に対する攻撃リスクも高まっている中で、佐賀県が玄海原発の再稼動に向けて動き出す!

驚くべきことに、北朝鮮からのミサイル攻撃のリスクが非常に高まっている「このタイミング」で、佐賀県が玄海原発の再稼動に向けて本格的に動き出しました

全く、「何を考えているのか??」という感じで開いた口がふさがらないけど、この人たちは、朝鮮戦争が勃発するリスクが極限まで高まっていることも、日本が北からミサイル攻撃を受ける危険性が非常に高まっていることも、北が核攻撃を警告し始めていることも全く知らないのだろうか?
(おまけに玄海原発は立地的にも北朝鮮と距離が近く、国内の中でもミサイル攻撃を受けるリスクの高い原発の一つだ。)

北朝鮮が以前に日本の原発を攻撃する想定で訓練を行なっていたことも分かっているし、ネオコン戦争屋が、極東での戦争を勃発&激化させる「燃料」として、日本の原発が重要視されていることは今さらいうまでも無いだろう。

北朝鮮が狙う「原発テロ」の恐怖

北朝鮮が対韓国開戦直前に日本の原子力発電所を対象とした自爆テロを計画し、訓練も行なっていたことが、脱北した朝鮮人民軍元幹部らの複数の証言で明らかになった。

元幹部によれば、原発をターゲットとする理由は「広範囲に放射能が拡散することで厭戦ムードが広がり、日米韓の戦意を削ぐ」こと。この計画は1990年代に本格化し、「対日」「対韓国」にそれぞれ600人の特殊部隊が編成された。

これは単なる机上の作戦ではなく、在日・在韓の協力者が毎年、施設周辺を撮影して情報を更新。時には特殊工作員も潜水艇で日本に極秘上陸し、原発施設内部の情報を収集しており、1994年には日本近海での実戦訓練中に事故死した工作員に「共和国英雄」の称号が与えられたという。朝鮮半島情報専門誌『コリア・レポート』の辺真一(ピョン・ジンイル)編集長は、計画の現実性をこう語る。

「北朝鮮は今後も“瀬戸際外交” を続ける可能性が高いですが、もし日米韓からこれ以上得るものがないと判断すれば、いずれは中・長距離ミサイルを発射しようとする。その場合、アメリカが北朝鮮に先制攻撃を仕掛けることも十分に考えられます。そうなれば当然、北からの日韓への反撃が予想され、ミサイルだけでなく工作員が日本の原発を狙いに来ることも現実味を帯びてきます」

地理的な条件を考えると、テロのターゲットとなる可能性が高いのは日本海沿岸の原発。現在、福井県・大飯原発の3、4号機以外は停止中だが、原発問題に詳しいジャーナリストの田中龍作氏は「停止中でも危険は十分にある」という。

【週プレNEWS 2013.6.14.】

実際にこうしたことも明らかになっているし、明らかになっていなくとも少し考えればこんなことくらい分かるはずだけど…「それ」がいよいよ現実味を帯び始めたこのタイミングで、佐賀県が地元の玄海原発の再稼動に突き進み始めたというのは、まさに笑うに笑えないギャグだろう。

こうしたことも全く想像できずに、目先の自分たちのお金儲けしか見えていないのか?あるいは、どんなに北が強く脅してこようとも、「日本は絶対に北のミサイル攻撃を受けない」という絶対的な自信や確証でもあるのかな?

そして北だけでなく、他のテロ組織や他の軍事勢力から原発が攻撃を受けるリスクももちろん存在しています。

原発への攻撃は国際条約で禁止されているからと言って、「だから絶対に原発は攻撃を受けない」という確証はどこにもないからね。

世界的には脱原発の潮流に向かっていて、こうしたリスクを取り除く動きが広がってきているけど、歴史的に未曾有の原発事故&放射能災害を起こした当事者が、またまた性懲りも無く「新たな自国の放射能災害の扉」を開こうとしているんだからね。

まさに狂気の沙汰としか言いようがないし、「戦争中毒」のアメリカと同じく、重度の「原発中毒」の今の日本は、本当に根本から何かが狂っている国であることを感じずにはいられないね。

まさしく、日本の内部に得体の知れない「深い闇」があることを感じずにはいられません…。

この調子では、日本がまた深刻な核被害が起こってしまうのは時間の問題であるように思えますね…。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket