【は?】安倍総理がペンス副大統領と会談し、米の北朝鮮への軍事圧力に全面同意!総理「全ての選択肢を検討する考えを日本は評価します」

Pocket

どんなにゅーす?

・2107年4月18日、来日したアメリカ・ペンス副大統領と安倍総理が会談し、アメリカによる北朝鮮への軍事圧力に全面的に同意をした。

・安倍総理は「全ての選択肢がテーブルの上にあるという考え方で対処しようとしていることを日本は評価している」などとペンス氏に伝え、中国に重要な役割を果たすよう要求していくことを確認し合ったという。

スポンサーリンク

ペンス氏と会談 首相、北への圧力強化評価

安倍首相「北朝鮮が真剣に対話に応ずるように圧力をかけていくことも必要です。トランプ政権が戦略的忍耐という考え方ではなく、全ての選択肢がテーブルの上にあるという考え方で対処しようとしていることを日本は評価します」

「日本が海の向こう(北朝鮮)から挑発を受け続けている厳しい状況を理解しています。アメリカは100%日本とともにある」-ペンス副大統領はこのように述べた上で、「平和は力によってのみ初めて達成されるということも理解している。日本や他の同盟国と共に、そのような力を通じての平和の達成に連携していきたい」と話した。

また、会談では北朝鮮問題への対処にあたって中国に対し、さらに大きな役割を果たすよう働きかける必要があることを確認した。会談は昼食をとった後に少人数に絞って行われたが、少人数会合の内容については明らかにされていない。

【日テレNEWS24 2017.4.18.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本がとばっちりを受ける危険性の高いアメリカの軍事圧力を安倍総理が全面同意!北の大使は「万一軍事衝突になれば日本を攻撃する」ことを宣言

ちょっとぉおお~!!

アメリカが実際に軍事攻撃に踏み切ったら日本がいよいよ北朝鮮から軍事攻撃を受ける危険性が高まってきているっていうのに、なんで安倍総理はこれに全面同意をしちゃってるのよぉー!!
これじゃあ、まるで日本が軍事攻撃を受ける状況になるのを歓迎しているみたいじゃない!!

(ツイッターで中々いい突っ込みをしている人がいるけど)安倍総理が「全ての選択肢がテーブルの上にあるという考え方で対処しようとしていることを日本は評価しますって何やらコメントしてるけど、まるで日本国民全員がこれに同意しているみたいな言いっぷりだね。

北朝鮮のソン・イルホ大使は「戦争になれば真っ先に被害を受けるのは日本だ」と、はっきりと日本に向けて軍事攻撃を行なうことを予告しているし、これがただの脅しである保証などどこにもない

せめて「軍事的手段を用いず平和的に解決に導いて欲しい」だの、「平和主義」を軸に戦後外交を展開してきた日本のカラーを出しつつ、日本側の事情や自身の考えを主張したりすることもできんのか?と思うけど、開いた口がふさがらないほどの、安倍総理お得意の隷米ポチ外交がこんな切迫した場面でまたまた飛び出したね。

 

散々反中政策を展開しておいて、「こういう時」だけ中国を頼りにする身勝手さ

まさに、北とアメリカの軍事衝突を回避する最大の「鍵」「中国による対北対応」というくらいに、日本が軍事攻撃を受けるの回避する命運を全て握っているくらいに、中国が重要な役割を担う展開になってきているけど…いやはや、ついこの前まで反中政策をせっせと展開してきた安倍政権が、こういう事態になった途端にちゃっかりとアメリカと一緒になって中国を頼りにし始める「身勝手さ」には全く呆れ果てるね。

こういう姿を見ても、安倍政権にはポリシーも何も無く、ただアメリカに理由も無く追随しては、「ご主人様の言いつけ」のままに中国の脅威を煽って、反中政策をやっているだけという実態が浮き彫りになった感じだ。

つまり、何をやるにも「ご主人様の命令どおり」やるしか脳がなく、こういう事態になった今でも、日本を完全に見捨ててでもアメリカについていく「本性」をむき出しにしているということだろう。
恐ろしいまでの奴隷根性だし、こんな政権の元で全ての生命線を握られてしまっている日本国民も本当に不幸だと思うよ。

話を聞けば気ほど、安倍総理のやっていることはメチャクチャだわぁ~!
つまり、日本国民がどうなっても安倍総理にとっては知ったことじゃないし、日本が滅びようともアメリカの利益のためにひたすらついて行くだけの男だってことね!!

とにかく、安倍総理がこんな調子である限り、ボクたちは米中の対話と、中国による北の暴走を止める「コントロール能力」とその「手腕」に期待するしかなくなってしまった
これらが不調に終わった場合、冗談抜きで日本も危険な状況になる可能性が高まっているので、とにかく最悪の事態を回避できるよう、強く願っていくことにするよ…。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket