【醜い争い】安倍総理の母・洋子氏の誕生会に平原綾香さん登場→「Jupiter」を昭恵夫人が一緒に歌い出してしまい、洋子氏と一触即発に!?

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年6月16日、東京・恵比寿の高級フレンチ「ジョエル・ロブション」で安倍総理の母・洋子氏の90歳の誕生パーティーが開かれ、安倍一族が一堂に会し、大々的な宴が催された

・パーティーには、歌手の平原綾香さんも登場し、洋子氏へのバースデーソングやヒット曲「Jupiter」を披露。しかし、途中で昭恵夫人が気分を良くしながら、「一人じゃ~な~い~♪」などと歌い出したことで会場が凍り付き森友疑獄で大激怒中の洋子氏が爆発しないか、一同が肝を冷やしたという。

安倍昭恵夫人、『Jupiter』熱唱で姑の誕生会を凍りつかせる

「ひとりじゃ~な~い~♪」

招待した歌手・平原綾香に合わせて、昭恵夫人(56)が『Jupiter』を感極まった様子で歌い始めると、洋子さん(90)の笑顔は一瞬で凍りつき、親族たちの間には張り詰めた空気が流れた――。

6月16日、東京・恵比寿の超高級フレンチ『ジョエル・ロブション』で、安倍晋三首相(63)の母・洋子さんの誕生日会が開かれた。

~省略~

「去年は親族だけでしたが、今年は卒寿のお祝いということもあり、友人ら80人ほどを招いての大々的なパーティでした。長男で実業家の安倍寛信さんが司会を務め、三男の岸信夫衆議院議員の姿もありました。『卒寿おめでとう。いつまでも元気でいてください』という総理の挨拶で会はスタートし、政治の話は一切ありませんでした」(出席者の一人)

2017年2月に森友問題が勃発して以来、“元凶“となった昭恵夫人には、洋子さんはいまだにご立腹。晋三首相を挟んで座っていたが、昭恵夫人との会話は一切なかったという。

「昭恵夫人も自重して、話しかけられたら微笑んで返事をするという態度を貫いていた。しかし、平原綾香の『Jupiter』を生で聴いたらいたく共感してしまったようで、一緒に歌い出したんです。世間からも親族からも糾弾されている自分に重ね合わせるように『ひとりじゃない~』なんて気持ちよさそうに歌うもんだから、洋子さんが爆発しないかとヒヤヒヤしました」(同前)

一方、冷戦状態の嫁と姑に挟まれた晋三首相は、「モリカケ問題」を乗り切ったと思ってか終始上機嫌で、高級コースを堪能した後、デザートのケーキもぺろりと平らげた。「日朝会談の実現」など自身の外交力は盛んに喧伝しているが、どうやら「家庭の危機」については我関せずという態度を決め込むことにしたようだ。

【Yahoo!ニュース(FRIDAY) 2018.7.1.】

恵比寿の高級フレンチレストランで安倍洋子氏(90)の誕生会が開かれるも、またも昭恵夫人の反省ゼロの”奇行”が発動し、総理溺愛の洋子氏と一触即発!?

出典:Wikipedia

渋谷の高級フレンチレストランで、安倍総理の母・洋子さんの90歳を記念したパーティーが開かれたみたいだけど…ここでまた昭恵夫人が周囲を凍り付かせる”行動”に走ってひんしゅくを買ったみたいねっ!
なんでも、洋子さんは森友案件で、昭恵夫人がいかがわしいことに首を突っ込みまくったせいで、安倍総理が窮地に陥ったことに大激怒しているみたいで、このパーティーでもお互い一言も口をきかなかったんですって。

まったく、醜い「骨肉の争い」としか言いようがないけど、相変わらず昭恵夫人は、「反省」という二文字は脳内のどこにも存在せず、自由気ままに振る舞っているみたいだね。
ちなみに、安倍総理の母・洋子氏についてだけど、少し前に加計学園(千葉科学大)の10周年記念イベントに参加していた疑惑が浮上しており、加計学園とも何らかの関係があるのではとの疑念が生じている。

普通であれば、総理の”親友”である加計孝太郎理事長のイベントに、総理の母までもが参加するというのは、やや不自然なのではと思うんだけど、その一方で、(これも以前から疑惑が浮上している)加計孝太郎氏が安倍総理の祖父の岸信介の息子なのだとしたら、洋子氏が加計学園のイベントにも登場してくるのも、かなり辻褄が合い、合点がいく感じなんだよね。

やっぱり、加計理事長と安倍総理の”不思議”な関係性は、常にたくさんの謎と疑惑が付きまとっているし、安倍(岸)一族は大日本帝国時代から、数々の闇をたたえた日本の中でも「特権的な一族」なのを改めて感じるわっ。

日本のマスコミが一定以上突っ込むことが出来ないのも、そうした”背景”が影響している可能性が高いし、この洋子氏も、「慧光塾」というカルト宗教団体に嵌まりながら、安倍総理に「神のお告げ」を元に大臣の組閣をさせたりと、えもいわれぬ多くの謎と怪しさを持った人物だよ。

おまけに昭恵夫人までもが、かなりコアなカルト思想に深くはまっている様子が見られるし、文字通り、安倍家とその周りは、常人の理解をはるかに超越した「奇怪なカルト集団だらけ」という状況だ。

まったく、こんないかがわしい一族に日本が乗っ取られている時点で、世も末だわっ!!
安倍総理のお母さんも、ほんとに日本のことを思うのなら、一日も早くに、この大嘘しかつかない”狂乱息子”に総理を辞めるように強く説得しなさいよっ!

このような”狂人総理”が生み出された一族もまた、えもいわれぬ”狂気の思想”に染まっているということだね。

こんなヤバすぎるカルト総理を止めることが出来ない時点で、日本国民の劣化・弱体化もかなり深刻だし、この国の未来ががますます思いやられる状況だ。
(ちなみに、何故このパーティーに平原綾香氏が招待され、お祝いの歌を披露したのかも気になる状況…。)

おススメ記事&広告

 
Pocket