籠池佳茂氏「僕のお母さんはこのままでは死にます。まずは母だけでも出して下さい」裁判も始まってないのに、暖房もない部屋で5ヶ月半も勾留!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年1月8日、森友学園の籠池夫妻の長男・佳茂氏「僕のお母さんはこのままでは死にます。まずはお母さんだけでも出してあげて下さい」とツイート。裁判も始まっていない状況にもかかわらず、すでに暖房もない部屋で5ヶ月半も勾留され続けている両親に対する悲痛な訴えを綴っている。

籠池夫妻の不当勾留はついに5ヶ月半に!いまだに保釈の見込みがない状況に「本気で獄中死させようとしているのでは?」との声も

籠池さんの息子さんも「このままでは本当にお母さんが死んでしまいます」って必死に訴えているけど、いくらなんでも、刑も確定していないどころか、裁判すら始まっていないのに、暖房もない部屋で5ヶ月半も不当勾留は、あまりにもやり過ぎでしょうがっ!!
もしかして、安倍夫妻は籠池夫妻を本気で獄中で殺す気なんじゃないでしょうね!?

今年は特に全国的な大寒波の襲来で、ストーブやエアコンを付けてても本当に寒いし、日常的に寒さに慣れていない人であれば、風邪を引いたり低体温症になってしまったり、最悪大きく体調を崩して死んでしまう危険性もあるだろう。

確かに、安倍総理や一族と深く繋がってきたカルト宗教の周辺では、森友でも赤報隊事件でもエイチエス証券副社長の謎の自殺などでもそうだったけど、何かと関係者の”怪死”が付きまとってきた
今回も、この先も一向に保釈がされなければ、実質的に裁判も無しに「無期懲役」に課せられてしまったも同然だし、本気でかつての「忠実な子分」だった籠池氏を殺そうとしているのかもしれないね。

それにしても、籠池氏の思想に大きく反対してきた人たちが、今度はこの寒空の中、大阪拘置所の前で夫妻の保釈を求めて声を上げ続けているなんて…なんと優しい人たちなのだろうか
これこそが、人としてまっとうな信念や正義感を持っている人たちだと思うし、その一方で…かつてあそこまで熱烈に応援していたものの、今や「このままのたれ死んでしまえ」と言わんばかりに、籠池氏に冷酷非情な中傷を浴びせつつけている安倍シンパの連中は、まったく卑怯で醜いことこの上ない
こうした連中は、どんなに矛盾や嘘に満ちていようとひたすら権力にすり寄り続け「自らさえ美味しい利権や立場にありつければ、他の人間はどうなってもいい」と考えているような、根本的に冷酷非情で精神が歪んでいる人間だろうし、これこそ、「安倍政権の本質」をものの見事に表していると言えるだろう。

本当に、腐臭が漂ってくるくらいに卑しくて汚い連中だわ…!
それにしても、いよいよ冗談抜きで籠池さん夫妻の命が危なくなってくるような状況だと思うし、安倍一派に完全に懐柔されてるマスコミもすでに”完全無視”を決め込んでいる始末なんだから…やっぱりこの件もどんどん海外の良識ある人々に訴えていって、日本の末期的な現状をありのまま外部に伝えていくことが必要なんじゃないかしら!?

やはり、詩織さん事件などと同様に、そうしていくしかない状況かもね。
どちらにしても、この事態は戦後以降前例がないほどの、国家権力による重大な人権侵害事件であり、安倍夫妻の”個人的な意向”によって、一方的に籠池夫妻が激しい報復を受けている状況としか思えないくらいに、特捜だけでなく裁判所も正当なプロセスを大きく歪めている文字通りの「異常事態」といっていいだろう。

現在ネット上では、この現状を海外の人権団体に訴える署名運動も始まっているけど、すでに日本に自浄能力がなくなってきている以上、この件も「近年の日本の退廃を象徴する出来事の一つ」として海外で大きく取り上げてもらうことで、事態を少しでも改善させていくべく国民の力によって本格的に問題提起していく必要がありそうだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket