【最悪】山本幸三前地方創生相が人種差別発言!三原朝彦議員のアフリカ交流について「なんであんな黒いのが好きなんだ」→批判が大殺到!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年11月23日、自民党の山本幸三前地方創生相が、北九州市で行なわれたセミナーにおいて人種差別発言を行なっていたことが判明。

・山本議員は三原朝彦議員が行なっているアフリカ交流について、「何であんな黒いのが好きなんだ」などと発言し、批判が殺到。後に山本議員は、「アフリカが『黒い大陸』と呼ばれていたことを念頭にとっさに出た言葉だった。」とし、人種差別の意図は全くなかったとしつつも、表現を撤回する旨を述べた。

<山本幸三氏>アフリカ支援に「何であんな黒いのが好きか」

前地方創生相の山本幸三・自民党衆院議員(福岡10区)が、23日に北九州市内であった三原朝彦・自民党衆院議員(同9区)の政経セミナーで、アフリカ諸国の支援に長年取り組む三原氏の活動に触れ「何であんな黒いのが好きなんだ」と発言していたことが分かった。山本氏の事務所は「人種差別の意図は全くない」としている。

山本氏は来賓あいさつで、三原氏の政治姿勢をたたえた上で「ついていけないのが(三原氏の)アフリカ好きでありまして、何であんな黒いのが好きなんだっていうのがある」と述べた。三原氏は国会議員らでつくる日本・アフリカ連合友好議員連盟(会長=逢沢一郎衆院議員)の会長代行を務め、今年7月は現地視察している。

山本氏は25日、福岡市内で取材に応じ「アフリカが『黒い大陸』と呼ばれていたことを念頭にとっさに出た言葉だった。差別的な意図はないが、表現は撤回したい」と話した。【取違剛、西嶋正法】

【Yahoo!ニュース(毎日新聞) 2017.11.25.】

 

「学芸員はガン」で怒りの声が殺到した山本幸三氏、またも議員辞職相当のトンデモ人種差別発言が飛び出す

今までも色々な問題行為を繰り返してきた山本幸三議員が、今度は信じられないような人種差別発言をぶちまけたのね!!
この言い訳も呆れるくらいに酷すぎるレベルだし、今度こそ、即刻議員辞職相当のトンデモ発言だわっ!

まったく酷いものだ。
例えば、日本との交流を繰り返してきた欧米人の議員に対して、別の欧米人の議員が「何であんな黄色いのが好きなんだ?」って発言した後、「かつて日本は”黄金の国”と言われていたのを念頭に出た発言だった」っていったところで、ボクたちは「そうだったのかー」と納得するはずもない

アフリカや黒人を根っから見下し、差別しているからこそ飛び出した発言なのは100%間違いなく、これは大々的に世界に発信して、日本の政権与党議員の異常な実情を一人でも多くの世界の人たちに知らせるのがいいと思うよ。

本当に、こんなに当たり前のことも全く理解できていない、非常識すぎる議員に埋め尽くされている日本は完全に終わってるわっ!!
ってか、真っ黒なのは山本議員本人の腹の中じゃないのよ!!
なんでこんなのばっかりが選挙で当選しちゃうのよぉ~!

まったくだ。
すでに日本国内だけでは自浄作用が完全になくなりかけてしまっているので、世界レベルで日本の異常さを共有した上で荒療治で安倍政権を強制終了させ、国を一から立て直していくしかなさそうだね。

おススメ記事&広告

 
Pocket