■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【救世主?】mRNAワクチンの代わりに生理食塩水を接種した院長が4回目の逮捕!来院者に「ワクチンは危険」と説明!医師などの医療関係者も院長による「偽装接種」を希望!

【救世主?】mRNAワクチンの代わりに生理食塩水を接種した院長が4回目の逮捕!来院者に「ワクチンは危険」と説明!医師などの医療関係者も院長による「偽装接種」を希望!
Pocket

どんなにゅーす?

新型コロナ用mRNAワクチンの代わりに生理食塩水を接種し接種委託料を騙し取ったとして、警視庁が東京・王子北口内科クリニックの船木威徳院長を4度目の逮捕をした。

船木院長は「ワクチンは危険だと思っていた。患者に危険性を説明し、それでも接種を希望した場合に、生理食塩水を入れて打ったことがある」と供述しているといい、船木院長の下で”偽装接種”を希望したのは医師などの医療関係者も含まれているという。

「ワクチンは危険」と説明、それでも接種望むなら生理食塩水を無断で注射…詐欺容疑の医師

新型コロナウイルスワクチンの接種委託料がだまし取られた事件で、詐欺容疑などで逮捕された「王子北口内科クリニック」(東京都北区)院長・船木 威徳 容疑者(51)が警視庁の調べに「接種希望者に生理食塩水を注射した」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は、患者に無断で生理食塩水を打ったとみている。

発表によると、船木容疑者は昨年、ワクチンを接種していない札幌市の男女3人について虚偽の予診票を作成。国のワクチン接種記録システム(VRS)に虚偽の登録をし、札幌市から接種委託料計約1万4000円をだまし取った疑い。女性の求めに応じ、接種済証を渡していた。

捜査関係者によると、船木容疑者は逮捕後の調べに「ワクチンは危険だと思っていた。患者に危険性を説明し、それでも接種を希望した場合に、生理食塩水を入れて打ったことがある」と供述したという。

東京都北区によると、同クリニックで接種したという複数の区民から今年1月、「副反応が出ない」などと相談があった。区職員がクリニックを訪ねると、船木容疑者は「適切に接種している」と答えた。

~省略~

【読売新聞 2022.9.14.】

反ワク院長が4度目逮捕…医療従事者にもワクチン接種を偽装した疑惑

~省略~

全国各地の新型コロナワクチンに懐疑的な人に対して“ワクチン接種偽装”を行っていた船木被告。実は、その“顧客”の中に驚きの職業があるというのだ。

内部告発者はいう。

「クリニックには接種偽装を希望する人が全国から来ていました。皆、船木被告しかいない診察室に行き、接種1回目、2回目の証明シールを受け取って持って帰るという流れです。

実はその中に、医師もいたんです。昨年9月上旬の夕方ごろ、千葉県にあるクリニックの女性院長と男性が2人で、ワクチンを接種するために王子北口内科クリニックに来ました。

2人は手土産を持って診察室に入り、船木被告しかいない診察室へ。そして、ものの数分で退室すると、一緒に来た男性が『家族に見せたいから注射した場所に貼る絆創膏を腕に貼ってもらえませんか?』とお願いしていました。しかも、その日いなかった女性院長のクリニックのスタッフ数名の証明シールももらって帰っていたんです。医療従事者まで接種を偽装するとは……と呆れ果てましたね」

~省略~

【Yahoo!ニュース(女性自身) 2022.11.20.】

4回目の逮捕

~省略~

1回目の逮捕は、9月11日。
2回目の逮捕は、10月3日。
3回目の逮捕は、10月25日。
そして
4回目の逮捕は、11月15日。

またもや約3週間後。
きれいに約3週間後。

以前のブログも書きましたが、「拘留期限ギリギリで再逮捕作戦」です。

一体いつまで続くんでしょうか。
舟木先生がどんな扱いを受けているのかわかりませんが、こんなこと続いたら人格崩壊しかねないのではないでしょうか。
ルールに則ってやっているのでしょうけど、こんなやり方問題はないのでしょうか。

~省略~

【おおきな木ホームクリニック 2022.11.24.】

同調圧力や(半)強制で「殺人ワクチン」を打たされそうになっていた人々に「生理食塩水ワクチン」を打っていた船木医師が4度目の逮捕!ネット上では船木医師への同情と賛同の声!

出典:pixabay.com

これは…思わず深く考えざるを得ない事件です。
供述を聞く限り、船木医師はmRNAワクチンが危険なものであるとの認識を持っていたことがうかがえますし、船木医師によって救われた人々が数多くいるはずです。

まったくだ。
「新型コロナ感染を防ぐ素晴らしいもの」と嘘をつき人々を騙しながら、人体の免疫機能そのものを破壊しあらゆる病気に罹りやすくなる「殺人ワクチン」を打ち込むことと、「殺人ワクチン」の代わりに人体に一切無害な生理食塩水を打つことと、一体どちらの罪が重いだろうか

特に、本人はワクチンを打ちたくないにもかかわらず、職場の方針や同調圧力によって打たざるを得ないような立場に置かれていた人からすれば、船木医師はまさに救世主のような存在だったと思うし、彼らが生理食塩水でなく本物のワクチンを打っていたとしたら、その中の何人かは死んでいたかもしれないし、死ななくとも深刻な後遺症に苦しめられているか別の病気を誘発させて苦しみ続けていたかもしれない

少なくとも、連日連夜テレビに出ながら(ワクチン企業から手厚い報酬を受けながら)「人口削減ワクチン」の接種を強く喧伝している悪徳御用医師と比べると圧倒的にまともだと思いますし、実際に医師などの医療関係者の間でも「このワクチンが恐ろしいもの」であるとの認識があるということも、このワクチンの本質や実態をうかがい知ることが出来るでしょう。

ボクたち一般市民にとってはある意味で非常にありがたい存在である一方で、言うまでもなく、政府やグローバル製薬企業にとっては極めて邪魔で都合が悪い存在であることは間違いないし、実際、船木医師は4回逮捕されたうえに今でも勾留されており、まさに見せしめそのものというような扱いを受けているようだ。
海外でも船木医師と同じように、ワクチンの代わりに生理食塩水を打って多くの人々の命を救った看護士がいるみたいだし、このようなニュースを機に、改めて、政府が国策として一般市民に打ち続けているmRNAワクチンの実態や本質について、よりよく考え直していくことが重要なのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事