■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【現実】TVに連日出ている「コロナ専門家」がワクチン会社から謝礼受け取り!二木芳人医師は3年間でファイザーから714万円!松本哲哉医師も348万円!二木氏「特定メーカーの肩を持つことはない」

【現実】TVに連日出ている「コロナ専門家」がワクチン会社から謝礼受け取り!二木芳人医師は3年間でファイザーから714万円!松本哲哉医師も348万円!二木氏「特定メーカーの肩を持つことはない」
Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナ危機に際して、連日のようにテレビに出演しワクチンの有用性を説いている医師らが、ワクチンメーカーから多額の謝礼を受け取っていた現状が伝えられている。

・NPO法人「医療ガバナンス研究所」と「Tansa」の調べによると、「原稿執筆料等(講演料や新薬開発のコンサル料)」の名目で最も多額の謝礼を受け取っていたのは、昭和大医学部客員教授の二木芳人医師で、3年間でファイザーから約714万円、アストラゼネカからは11万1370円(17年度)、ジョンソン・エンド・ジョンソンの製薬部門であるヤンセンファーマからも5万5685円(17年度)を受け取っていたことが判明。

・この他にも、愛知医科大学大学院教授の三鴨廣繁医師はファイザーからは約504万円、ヤンセンファーマから17万6366円を受け取っていた上に、国際医療福祉大主任教授の松本哲哉医師はファイザーから2017年に約154万円など計約348万円、東京歯大学市川総合病院教授の寺嶋毅医師もアストラゼネカから約139万円を受け取っていたといい、「ワクチンメーカーのセールスマン」のような人物が連日テレビでワクチンを強く推奨している内情が浮かび上がっている。

ワクチン会社から謝礼を受け取っていた番組コメンテーター医師の実名

~省略~

製薬会社が医療機関や医師に支払う謝礼は、「研究開発費」「学術研究助成費」「原稿執筆料等」「情報提供関連費」「その他の費用」に分類されるが、尾崎医師らが着目したのは、病院を通すことなく医師個人に渡される「原稿執筆料等(講演料や新薬開発のコンサル料)」だ。

~省略~

本誌・週刊ポストが確認すると、「2020新型コロナ関連専門家・テレビ番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)の上位10人のうち4人がワクチンメーカーから謝礼を受け取っていた。

一番金額が多かったのは、昭和大学医学部客員教授の二木芳人医師(出演本数1位)だ。

すでに公開されている2016年度(337万9300円)と2017年度(286万3811円)、未公開の2018年度分(90万3690円)を合わせると、3年間でファイザーから約714万円、アストラゼネカからは11万1370円(2017年度)、ジョンソン・エンド・ジョンソンの製薬部門であるヤンセンファーマからも5万5685円(2017年度)を受け取っていた。

「コロナ前」のものとはいえ、製薬会社から謝礼を受け取っていて、客観的なコメントができるのか。二木医師に質した。

「全部講演料で、肺炎球菌のワクチンに関する講演をファイザーさんから頼まれることが多かった。昨年医療現場をリタイアしてからは、ほとんど講演をしていません。今はワクチンに対する不安が必要以上に大きくならないよういろんな情報をお伝えするように努めている。特定のメーカーの肩を持つことはありません」

次に金額が多かったのは愛知医科大学大学院教授の三鴨廣繁医師(出演本数10位)。ファイザーからは約504万円、ヤンセンファーマから17万6366円となっている。国際医療福祉大学主任教授の松本哲哉医師(出演本数4位)はファイザーから2017年に約154万円など計約348万円、東京歯科大学市川総合病院教授の寺嶋毅医師(出演本数5位)もアストラゼネカから約139万円を受け取っていた(いずれも2016~2018年度の合計)。

寺嶋医師は、

「呼吸器系がテーマの勉強会や講演の座長や講演料だったと記憶しています。2019年、2020年も講演はあったと思いますが、今までもそしてこれからも、謝礼金などで発言が左右されることはありません」

と回答。松本医師、三鴨医師からは回答を得られなかった。

~省略~

【NEWSポストセブン 2021.4.26.】

テレビに連日出演している「自称コロナ専門家」は「ワクチン企業のセールスマン」!「謝礼受け取りで発言が左右されることはない」と主張も、説得力ゼロ!

出典:YouTube

まあ、全てが「疑っていた通り」といえばいいのかしら。
テレビに連日出演しながら新型コロナワクチンの有用性を懸命に説いてきた「自称コロナ専門家」のお医者さまたちが、グローバル製薬企業から多額の謝礼を受け取っていた内情が浮かび上がっているわ。

いやあ。ほんとに辟易するほどにコロナ関連のニュースで毎日のように「同じ顔」が映し出されているけど、彼らにとっちゃ「最高の特需」という他ないし、まさしく盆と正月が一緒にやって来ては、それが2年近くも続いているような状態だ。
少し考えても、こうしたコロナ危機の世界的パニックの背後において、相当に様々な黒い策謀や企みが渦巻いていては、天文学的な額のカネが動いていることは想像に難くないけど、中でも、連日テレビ出演している「自称コロナ専門家」の連中はさぞかし相当に儲かっているだろう。

中でも非常に問題なのは、こうした「ワクチンメーカーのセールスマン」のようなインチキ御用医師連中を連日連夜登用しているテレビ局であり、これだけみても、政官マスコミが、グローバル製薬企業とその上に控える巨大資本家の完全なる下僕であることが痛いほどよく分かる。

ワクチン会社からの謝礼受け取りが発覚したお医者さんらは、「謝礼受け取りによって発言が左右することはない(キリッ)」などと懸命に主張しているけど、ワイロや接待が発覚した悪徳政治屋や売国官僚さんの姿とどうしても重なってしまうし、平たく言えば「説得力ゼロ」ってことだわ。

そもそも、まっとうな感覚と良心・科学的な視点を持っている専門家であれば、とっくのとうに、新型コロナワクチンがほとんどロクな効果を持たないことを理解しているだろうし、「無制限ブースター」や「子どもたちにもワクチン接種を」など、間違っても口にしないだろう。

すでにコロナ危機は明らかに収束傾向を見せている(科学的な視点で考えても、ウイルスの性質や宿主との関係上、半永久的に重大なパンデミックが続いていくことは有り得ない)にもかかわらず、これをどうにかして継続して深刻化させようとしているのは、他でもないグローバル資本勢力と悪徳御用医師連中であり、彼らは、自らの利益のために、世界市民の健康や生命を重大な脅威に晒そうとしている、根本から狂った連中であると言えるだろう。

唯一可能性として考えられるのは、研究所内で最新技術を用いた「最凶変異ウイルス」が生成されては、これが人工的にばら撒かれていくことで、さらなるコロナパンデミックが醸成されるくらいしかなさそうね。
とにかくも、「ワクチンは打てば打つほどいい」などとのたまっている連中は、完全にまともな精神と感性を失ってしまっているし、今こそ、一人でも多くの人々がコロナ危機の裏に隠されている様々な闇と策謀に気が付いて、一斉に怒りの声を上げるべき状況なのではないかしら。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事