【悲報】トランプ大統領の扱いが日本と中国とで違いすぎると話題に!日本:「真珠湾を忘れるな」中国:ツイッターのヘッダーを習氏との写真に!

Pocket

どんなにゅーす?

トランプ大統領がアジア各国を歴訪している中で、トランプ氏による日本と中国の扱いが「あまりに違いすぎる」と話題になっている。

米中首脳、対北朝鮮で国連の経済制裁完全履行と圧力強化を確認

「国連安全保障理事会の対北朝鮮決議を完全に履行し、北朝鮮が無謀で危険な道を捨てるまで圧力を強めることで一致した」(アメリカ トランプ大統領)

会談後の記者会見でトランプ大統領はこのように述べた上で、8日の韓国の国会での演説と同じように、「全ての責任ある国家は北朝鮮に対する経済的支援や貿易をやめることで結束すべきだ」とし、「平和を勝ち取るためには集団的な行動と努力が求められる」と述べました。一方の習近平国家首席も、朝鮮半島の非核化のためには「北朝鮮に対する国連安保理の決議を完全に履行すべき」と語りましたが、同時に「対話と交渉による解決を探ることが重要」との考えも強調しています。

一方、貿易不均衡の是正の問題では、トランプ大統領が「公平で相互的な貿易関係を望む」と述べて、アメリカが抱える中国に対する赤字の削減を求めたのに対し、習主席は、今回の首脳会談を機に、米中両国で合わせて2500億ドルの商談がまとまったことを明らかにし、努力をアピールしました。

【TBS News 2017.11.9.】

↓トランプ氏のツイッターのヘッダーが「中国モード」に!

出典:Twitter(@realDonaldTrump)

トランプ大統領が中国の習氏と”本気”の首脳会談を開催!一方日本は…?

世界の人たちも大きく注目していた、トランプさんと習近平さんの首脳会談がとても和やかな雰囲気で行なわれたみたいね。
中国政府もトランプさんに対する異例の歓待ぶりを見せているし、これを見てもこの会談の重要性を物語っているわ。

1兆円規模の商談がまとまったとの話も出ているけど、具体的にどんな話し合いが行なわれたのか、かなり気になるね。

トランプを今までよく観察してきたところ、どうやらトランプ氏は、最も重要視し、真剣に連携しようとしている国に対しては、あえて表向きに強く批判してみたり、悪態をついてみるような傾向があるように思える。
(これも反軍産のトランプによる、軍産に潰されないための知恵と見ることが出来る)

特に大統領就任当時は、中国を徹底的にこき下ろしていたことから、「米中戦争待ったなし」みたいな報道も流されたけど、その実は、トランプはロシアとも強い結びつきのある中国を非常に重視しており、従来までアメリカが握ってきた覇権をロシアとともに中国にも委譲しているような動きが見られる。

明らかに、北朝鮮問題が激化していることでアメリカと中国との関係が大きく変化・進展しており、ツイッターのヘッダーをわざわざ「中国モード」に変えたのも、色々なメッセージが込められているだろう。

いずれにしてもトランプは、安倍政権を表面的は称えてみてもその実は「型落ちの兵器を大量に売りつけるいいカモ」くらいにして見ていないことは明らかであり、トランプの本音は「リメンバー・パールハーバー」の方にあるんじゃないかな?

安倍総理が、あのパールハーバーを主導した子孫であることも知っている上で、わざわざハワイ訪問と例のメッセージを発したのかもしれないわね。
日米首脳会談でもほとんど実のある話し合いが行なわれたようにも見えないし、日本訪問のメインは、安倍総理がバンカーでひっくり返ったゴルフ昭恵夫人による金満外交ピコ太郎さんとの夕食会くらいだったわね。

それにしても、日本のマスコミもそれを真に受ける人たちも、海に囲まれた島国で「閉鎖された世界」に生きている人々を象徴しているようなものね。
特に安倍政権の熱烈な支持者なんか、その極みだわ。(軍産への既得権を守るために活動している工作員もたくさん混じってそう。)

残念ながら、トランプによる扱い方が各国の力関係を如実に示しており日本はすでに中国に「アジアの経済大国」の座を明け渡しており、かつての高度経済成長で手に入れた強国の姿はどこにもないということだ。

ボクたちはこの事態に対し、現実逃避に走ること無く、この日本の現状を世界規模で認識した上で、「それでは、どうすれば日本が再びかつての経済力や活気を取り戻すことが出来るのか?」ということを国民みんなが真剣に考えていく必要がありそうだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket