トランプ大統領、安倍総理に対して不満や不信感を表明!「彼らの微笑みの裏には『こんなに長い間米国を利用できたことは信じられない』という思いがある」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年3月22日、米トランプ大統領がホワイトハウスでの会合で、安倍総理についてコメント「彼らの微笑みの裏には『こんなに長い間米国を利用できたことは信じられない』という思いがある」「そうした日々は終わる」と語り、不満や不信感を露わにしつつ、今後は日本政府に対して容赦のない要求を行なう考えを示した。

日米首脳外交に限界、安倍首相の「片思い」か-北朝鮮、関税で

韓国が仲介する形で米朝首脳会談の開催合意が発表された9日午前、安倍首相はトランプ大統領と約30分間、電話会談した。記者団には、北朝鮮への対応で「日米はこれまでも、そしてこれからも100%共にある」と胸を張ったが、トランプ氏は北朝鮮問題に加えて貿易の協議を行ったとツイッターに投稿。対日貿易赤字は「公正でなく、持続可能でもない」として日本に譲歩を迫った。

トランプ氏の発言を裏打ちするように、23日の発効を前に、日本は鉄鋼・アルミニウム輸入関税の適用対象として残った。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は22日、上院財政委員会で、欧州やオーストラリア、韓国、アルゼンチン、ブラジルなどの同盟国を適用除外としたが、日本には言及しなかった。

トランプ氏は22日(現地時間)、ホワイトハウスで安倍首相について「素晴らしい人で、友人だ」としながらも、首相を含む各国首脳らは自身との面会時に「ほほえみを浮かべている。そのほほえみの裏には、こんなに長い間米国を利用できたことは信じられないという思いがある」と発言。「そうした日々は終わる」と貿易不均衡の是正に意欲を示した。

~省略~

希望の党の長島昭久政調会長(元防衛副大臣)は20日、ブルームバーグのインタビューで、両首脳の関係性について「安倍首相の片思いだったのかもしれない」との見方を示した。トランプ氏は安倍首相を「素晴らしいパートナー」としながらも貿易赤字に関して日本へのけん制を続けていることから、長島氏は個人的な信頼関係が米国の政策や政治判断に影響を与えることは「ほとんどない」と明言した。

【Bloomberg 2018.3.23.】

表向きには「唯一無二の友人」とアピールしながらも、CIAエージェントの孫(ディープステートの使用人)の安倍総理に心底不信感と警戒心を持っているトランプ大統領

↓その類い希な”奴隷性”を見抜き、「打ち出の小槌」として自政権の資金確保に利用しつつも、その奥底には安倍総理に対して圧倒的な”警戒心”を持っているトランプ大統領。

出典:Twitter(@today_gochisou)

出典:Twitter(@today_gochisou)

彼からの要求通りに、安倍総理が”お下がり”の兵器を「言い値同然」で購入しまくってきたにもかかわらず、容赦なく日本を輸入制限の対象国に入れてしまったトランプ大統領ですが、さらには安倍総理に対して、上記のような批判コメントを発していたことが分かりました。

そりゃあ、ネオコンや軍産資本を擁する”ディープステート”と命がけで対峙しているトランプからしてみれば、まさしく代々を通じてディープステートの根っからの使用人である安倍総理に対して、言いようのない警戒感や不信感を持つのは当然だろうし、満面の笑みを浮かべながら、自ら進んでトランプのお尻をなめなめしてくる安倍総理に対して、「この男は一体何を考えているんだ!?」などと心から気色悪がっているんだろうね。
(上のブルームバーグの記事に、ワシントン内部と深く繋がる希望・長島昭久議員がコメンテーターとして登場しているのも注目。)

マスメディアの報道を見てみても、特にトランプ政権に関する報道は、全くといっていいほどに実態を捉えた内容が存在しておらず、いかにトランプがディープステートから刃物を突きつけられている状況で政権維持に苦慮しているかが分かるし、今やトランプ自身も積極的にフェイクや情報操作を駆使しながら”反軍産色”を隠しているのを見ても、今後の世界情勢はなかなか読みづらい状況が続きそうだね。

一部の話では、トランプ氏は「(不正選挙の実態を暴く目的で出馬しただけで)大統領選挙に当選するつもりはなかった」との予測も出てきていますし、今でもディープステート(旧世界支配層)からの凄まじい脅しに遭いながらも、(キッシンジャー氏の後ろ盾の下に)綱渡りで政権運営を続けている様子が見られます。

アメリカ内部の支配勢力の移り変わりが激しくなってきている以上、表面的な情報ばかりに囚われると実態を見誤ってしまう危険がありますし、ここは俯瞰的な視点を持って、全体の政治権力の流れやトランプ氏の政策を見つつ、大雑把かつ大局的に米国内外の動きを捉えていくのが良さそうです。

どうやら、キッシンジャーかつてのネオコンや軍産による「テロとの戦い」を軸にした米国中心の覇権政策の”転換”をやり始めた中心人物と見ているけど、トランプはこの先、どこまで権力を維持しながらこの”覇権放棄策”を続けていくだろうか

いずれにしても、この流れが進めば進むほど、安倍政権や旧ネオコンと一心同体の清和会や日本会議系の一派は日本の権力構造から脱落していくものとみているけど、今後のトランプによる安倍政権への扱いについて、注意して見ていくとしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket