■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【デタラメ】市民マラソンは早々に(感染拡大で)中止が決まったのに、東京五輪のマラソンテスト大会は強行開催!全てにおいて「東京五輪だけは別格・特別・例外」に!

【デタラメ】市民マラソンは早々に(感染拡大で)中止が決まったのに、東京五輪のマラソンテスト大会は強行開催!全てにおいて「東京五輪だけは別格・特別・例外」に!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年5月5日、北海道・札幌市で新型コロナ感染が深刻化している中、東京五輪のテスト大会にあたる「北海道・札幌マラソンフェスティバル2021」が強行開催された。

・一方、同じ日に行う予定だった10キロの市民マラソンは、感染拡大を受けて4月19日に中止が決定されており、1%の特権階級や上級国民の利益のための東京五輪の関連イベントだけは「別格・特別・例外」として強行開催されている現状に、国民から怒りの声が噴出している。

五輪マラソン、札幌でテスト大会 日本代表4選手ら試走

8月の東京五輪マラソンへ向けて運営の課題を洗い出すテスト大会「北海道・札幌マラソンフェスティバル2021」は5日、札幌市中心部の五輪コースで行われた。新型コロナウイルス感染防止対策が施されるなか、日本代表の男女4選手らが出場した。

東京五輪・パラリンピック組織委員会と道、札幌市、北海道新聞社などでつくる実行委員会の主催。

~省略~

【北海道新聞 2021.5.5.】

市民マラソン中止なのに…五輪テストマラソン開催方針に疑問の声

北海道と札幌市で過去最多となる新型コロナウイルス感染者が確認された2日、札幌市の秋元克広市長は5日に市内で予定される東京オリンピックのマラソンのテスト大会を開く方針に変わりがない考えを改めて示した。しかし、「矛盾」を指摘する識者もおり、市民からは五輪自体の開催にも疑問の声が聞かれた。

テスト大会は、五輪組織委員会と道、札幌市などでつくる実行委員会が主催。秋元市長は記者会見で、テスト大会について「本番に向けた運営のテスト」だとして必要との認識を改めて示した。同じ日に行う予定だった10キロの市民マラソンは、感染拡大を受け4月19日に中止を決めており「必要最小限の実施」と理解を求めた。

~省略~

【毎日新聞 2021.5.2.】

市民イベントやレクレーションは次々と中止・制限される一方で、「東京五輪関連イベント」だけは何が何でも強行開催!「1%の利益のため」に社会秩序そのものがどんどん支離滅裂に!

ほんとに、東京五輪のせいで日本の社会秩序までもがどんどん破壊されていってるわっ!
常識的に考えても、コロナ感染拡大によって同日に開催予定だった市民マラソンが中止になったのなら、東京五輪のテスト大会も同じように中止にしなきゃいけないに決まってるでしょうが!!

まさに、1%の腐った特権階級・上級国民の利益のための東京五輪だけは「別格・特別・例外」になってしまっているようだし、むしろ日本国民が「東京シロアリンピックの強行開催」のために、ますます理不尽な規制・制限や苦難を強いられてしまっているような状況だ。
IOCのバッハ会長も「日本国民のへこたれない精神があれば、東京五輪も乗り越えられる」などと言っていたけど、まさに、日本国民が甚大な苦難や犠牲を払わされながら、1%のグローバリストの利益のための東京五輪の強行開催に協力させられる事態になっているし、この「腐ったカネ儲けイベント」のために、国民が多大な精神的なストレスだけでなく、かけがえのない健康や生命をも捧げさせられるような事態にさえなってきている。

当サイトでは一貫して警鐘を鳴らしてきたけど、まさに、東京五輪の強行開催によって、既存の民主主義システムが完全に死に至らしめられる状況になっているし、何から何までが「以前から計画されていたこと」「あらかじめ練られていたシナリオの一環」であるとしか思えない。

とにかくもう、すでに完全にモラルや社会秩序も崩壊してしまってるわっ!!
東京五輪さえなかったら、日本がここまでダメになってしまうこともなかったでしょうし、本当に東京シロアリンピックは「呪われた悪魔的イベント」としか言いようがないわっ!

もともと、オリンピックそのものが、グローバルカルト(悪魔崇拝)と繋がっていることも指摘されてきたし、まあ「そういうこと」だ。
このまま、日本国民が従順で”されるがまま”でいる限り、確実に日本の民主主義は完全に”死”に至ることになるし、これら全てが「グローバリズム」による、「デジタル奴隷監視システム」構築の流れの一環であるということだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事