■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【なんじゃこりゃ】東京でついに過去最多の2848人の新規コロナ感染!→これ以上に「日本選手のメダルラッシュ」が優先的&大々的に報じられる”異常事態”に!

【なんじゃこりゃ】東京でついに過去最多の2848人の新規コロナ感染!→これ以上に「日本選手のメダルラッシュ」が優先的&大々的に報じられる”異常事態”に!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年7月27日、東京都の新規コロナ感染数が過去最高2848人に。重症者数も5月の感染爆発以来の80人を超えたことが報じられた。

東京五輪の強行開催と同期するように、過去最悪レベルの感染爆発が現実化した中、大手マスコミでは、日本人選手のメダルラッシュのニュースが日々大々的&優先的に報じられる事態が発生前代未聞の異常な状況に、ネット上では強い危機感と怒りの声が上がっている。

東京都 新型コロナ 2人死亡 新たに2848人の感染確認 過去最多

~省略~

東京都は27日、都内で新たに10歳未満から100歳以上までの男女合わせて2848人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

1週間前の火曜日の倍以上となり、過去最多となりました。

1日に2000人を超えるのは、第3波のことし1月15日以来です。

27日までの7日間平均は1762.6人で前の週の149.4%となり、感染の急拡大に歯止めがかかりません。

感染確認が過去最多になったことについて東京都福祉保健局の吉村憲彦局長は「大きな数字で非常に厳しい。4連休が影響しているのは間違いない。これだけ感染者が出ると市中に無症状の感染者もたくさんいる。L452Rの変異があるウイルスは想像以上に手ごわいのでしっかり対策をお願いしたい」と話していました。

~省略~

都の基準で集計した27日時点の重症の患者は26日より4人増えて82人で、重症患者用の病床の20.9%を使用しています。

重症者が80人を超えるのは、ことし5月18日以来です。

また、都は、感染が確認された60代の女性と50代の男性が死亡したことを明らかにしました。

これで、都内で感染して死亡した人は2279人になりました。

インド型変異ウイルス感染 2日連続で半数超え
東京都は27日、都内で新たに280人がインドで確認された「L452R」の変異があるウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

検査数は557件で、陽性と確認された割合は50.3%と、26日に続いて半数を超えました。

都の担当者は、「この変異ウイルスの陽性率が上がり続けていて、市中で置き換わりがさらに進んでいる」と分析しています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.7.27.】

「4連休や五輪によって人の動きが増えていてる」と政府分科会からも指摘が出ている中、菅総理が「人流も減ってるし、五輪中止はない」と堂々とデタラメ!→厳しく突っ込まない記者にも批判殺到!

出典:国立感染症研究所

いよいよ、恐れていたことが明確に数字に表れてまいりました
実際の感染数はこれよりもずっと多いことが考えられますが、菅総理は、あろうことか、記者からの質問に対し「人流も減ってるし、五輪中止はない」などと明らかなウソを言い放ち、この事態に強い危機感を持っている(まっとうな)国民から怒りの声が噴出しています。

政府分科会の専門家からも「4連休や五輪などで人流が増えている」との指摘が出ているし、誰がどう考えてもこの菅総理の発言は完全なウソなんだから、本来であれば、その場にいた記者が総突っ込みしないといけないのに…ほんとに日本のマスコミの奴隷体質はどうしようもないね。

この調子でいくと、今回の感染爆発のピークはまだまだ先であることが考えられるし、都内の感染数は数日中に3000人を超えることが考えられる。
しかし、このことよりももっと深刻なのは、日本の大手マスコミが、この「国家レベルの危機」すらも完全に後回しにしては、日本選手のメダルラッシュを最優先かつ大々的に報じているという現実だろう。

「国を滅ぼす最大の元凶は、天変地異やパンデミックや政治腐敗よりも、何よりも『マスメディア』にある」ということだけど、ネットが発達した現代においても、依然マスコミの影響力が非常に大きいことを感じるし、まさしく「”これ”こそが前代未聞の異常事態」だろう。

戦時中の日本のマスコミは、完全なる大日本帝国のプロパガンダ装置と化しましたが、現代の日本においても、表向きは「不偏不党・公正中立」を装いつつも、その本質は当時と全く変わっていないことを感じます。

中でも、スポーツを通じた「国威発揚」や「愚民化奴隷洗脳」は、今でも非常に強力な効果を発揮しているし、それだけに、グローバル資本勢力もスポーツに対して多額の投資を行なっては、血税だけでなく民間企業からもスポーツ関連事業に対してマスコミや広告代理店に莫大なカネが注がれている実情がある。

確かに、日本人選手が健闘し、次々メダルを獲得している様は、日頃のストレスや疲弊をしばし忘れさせ、大きな感動や興奮を呼ぶものだけど、しかし、こうした「一時の喜び」と引き換えに、(東京五輪強行によって)国民間で甚大な損害やさらなる疲弊や衰退・破滅を呼び寄せてしまっている現実を直視しないといけない
科学的かつ端的にいえば「五輪をやるのは今ではない」ということだし、これはもう誰もが覆しようのない厳然たる結論だろう。

だからこそ、五輪を強行したい(腐敗した利権を享受している)者たちは、非科学的でこじつけ感満載の感情論を全面的に押し出して懸命にアピールしているわけですし、私たち国民が自分たちの健康や生命を守るためには、この「前代未聞の異常事態」について、どこまで真に理解し、強い危機感を持つことができるかにかかっているといえるでしょう。

Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事