【!?】”福田前次官セクハラ事件”のさなかに、テレ朝報道局デスクが突然死!週刊現代が報道!「倒れる前日まで働いていた」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年5月7日発売の週刊現代において、福田前財務次官をめぐるセクハラ事件のさ中に、(セクハラ被害の抗議会見を開いた)テレビ朝日において、報道局デスクの男性が「突然死」していたことを週刊現代が報じた。

・この”衝撃的な見出し”に、ネット上でも驚きやショックの声が相次いでいる。

またも発生したマスコミ関係者の”突然死”に、ネットでも戦慄の声が多数!

出典:Twitter(@I_hate_camp)

んななっ!?
こ、これはまた衝撃的なスクープが出てきたわぁ!

福田前次官からのセクハラ被害をテレ朝の女性社員が告発しようとしていた当時に、人知れずテレビ朝日の関係者が(またしても)謎の死を遂げてしまっていたっていうのっ!?

ボクもこれはかなり気になってしまったので、近所のコンビニに行って記事を読んできたところだ。

突然死した関係者はテレ朝の関連会社「文化工房」出身の社員のようで、報道局のデスクということは、この前のセクハラ告発の記者会見で詳しい説明を行なった(安倍トモの)篠塚報道局長の部下ということになるだろう。
それだけに、余計に詳しい内情が気になってしまうところだけど、記事を読んだ限り、現状では過労死が疑われているとのこと。
ただし、周りの社員たちも、突然死の状況について詳しいことをほとんど把握的できていない上に、遺族の奥さんに取材をしているものの、詳しいことは語られておらず、現時点では、セクハラ事件との関連性など、分からない部分が多い状況だ。

この記事だけだと多くのコメントをするのは難しい感じだけど…いずれにしても、「倒れる前日まで元気に仕事をしていた」との話など、色々と闇がありそうだし、(記事の通り、過労死が原因だったにしろ、その他の要因があったにしろ)改めて、マスメディアというのは色々な意味で恐ろしいところであることを感じるね。

ネット上では「またしても安倍政権下で不可解な死者が発生した!」と話題になっているけど、財務省内で発生した複数の謎の自殺についても、続報がすっかり途絶えてしまい、闇に葬り去られかかっている感じがするし、いずれにしても、政官マスコミ界には、あまりにも不審死が多すぎる
テレビ朝日では、数年前に原発問題を積極的に追いかけていた岩路ディレクターが謎の自殺を遂げていることが分かっているし、この事件にも何かの背景があるかもしれないので、もう少し詳しい続報を待ちたいところだ。

ほんとに、にわかに信じられないようなニュースが次々と出てくるわね…。
今回のテレ朝社員の突然死のニュースだけでなく、財務省関係者の自殺についてもその後の報道が全くなくなってしまったのも、日本を包み込んでいる深い闇を感じてしまうわ。

おススメ記事&広告

 
Pocket