福田次官からのセクハラ被害、テレビ朝日の女性社員だったことが判明!会社幹部が会見を開き、音声データと被害の事実を確認したと発表!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月19日午前0時、テレビ朝日の幹部2人が記者会見を開き、同社の女性社員が福田財務次官から度重なるセクハラ被害を受けていたことを確認したと発表した。

・会見の中で、篠塚報道局長は女性社員が受けていたセクハラ被害の詳細を説明。福田次官に複数回取材を行なう中でセクハラ行為が繰り返されていたことを受け、女性社員が自身の身を守るためにやり取りを録音するようになったという。

・女性社員が上司にセクハラ被害を訴えたものの、これを告発することに上司が消極的な反応を見せたために週刊新潮に連絡女性社員は多大な精神的ショックを受けていることからも、会社として財務省に正式に抗議をする意向だという。

「福田次官のセクハラ行為は事実」テレビ朝日が会見で発表

テレビ朝日は4月19日午前0時から記者会見し、同局女性社員に対して「セクハラ行為があった」と発表した。

同局の篠塚報道局長は「当該社員は当社の聞き取りに対しまして、福田氏によるセクハラ被害を申し出、当社として録音内容の吟味、および関係者からの事情聴取等を含めた調査を行った結果、セクハラ被害があったと判断しました」と発表した。

篠塚報道局長は「当社としてはセクハラ行為があったことは事実であると考えております」と明かした。

以下、篠塚報道局長が発表したコメントの要旨。

■テレビ朝日は財務省に正式に抗議する予定

・女性社員はセクハラ行為について事実を曖昧にしてはならないという思いを持っている。

・テレビ朝日は、女性社員の意向を確認の上、会見を開いた。

・女性社員を傷つける数々の行為とその後の対応について、財務省に対して正式に抗議をする予定。

■録音の経緯は?

・福田次官からは、取材などの度にセクハラ発言があったことから、自分の身を守るために会話の録音を始めた。

・今月4日に福田氏から連絡をうけ、取材のために1対1の飲食の機会があったが、その際にもセクハラ発言があったことから途中から録音をはじめた。

■上司に相談も「報道は難しい」⇒週刊新潮へ連絡した

・女性社員は後日、上司にセクハラの事実を報じるべきではないかと相談した。

・上司は「放送すると本人が特定され、いわゆる2次被害が心配されることから報道は難しい」と伝えた。

・女性社員は、「財務次官という社会的に責任の重い立場にある人物による不適切な行為が表に出なければ、セクハラ行為が黙認され続けてしまうのではないか」という強い思いから、週刊新潮に連絡。取材を受けた。

・女性社員はその後、週刊新潮からの要請を受けて、録音の一部を提供した

【ハフポスト 2018.4.19.】

 

テレビ朝日が初動対応の過ちを認め、被害に遭った女性社員保護のために財務省に抗議をすることを発表!

出典:Twitter(@tanutinn)

当サイトでも、告発を行なった女性記者について「民放テレビ局の記者だった可能性」を紹介していましたが、この被害女性はテレビ朝日の社員だったことが分かりました。
先ほど、午前0時よりテレビ朝日の幹部2人が緊急会見を開き、女性社員が福田次官から度重なるセクハラを受けていたこと、そして、音声データにおいて福田次官からのセクハラ行為の事実を確認したことを発表しました。

まったく…「音声は捏造だ!」「安倍政権を陥れるためのフェイクだ!」なんて騒ぎながら、女性記者をさらに精神的に追い詰めていたネットの連中や、悪質な「権力礼賛フェイクサイト」はどう責任を取るつもりだろうね
これで、福田次官によるセクハラの事実が確定した上に、福田次官のセクハラによって多大な精神的な苦痛を受け、仕事にも支障が出てしまっていた女性が確実に存在していることが明らかになったわけだ。

一部ネットメディアで報じられていた情報は本当だった上に、事実関係を全て公表しつつ、一時は揉み消しを図ってしまったことで、その結果、週刊新潮を通じて第一報が出ることとなってしまった実情をお詫びしたテレビ朝日の対応は適切だったと思う。
その上で、女性社員を守るために財務省に対して正式に抗議を行なうことで、福田次官と財務省への責任追及を行なっていく構えを見せている状況だ。

すでに、福田次官からセクハラ被害を受けている記者は複数存在しているとの情報が出ていますし、今回のテレビ朝日の対応によって、マスメディア側も被害を受けた記者の保護と、福田次官への抗議の方向に一気に流れが変わってくる可能性があります。

「権力への畏怖や忖度」が異様なまでに蔓延する腐った日本社会の中で、ようやく、社会的にもややまともな方向に動き出した感があるね。
これを機に、多くの被害を受けた女性記者が保護されつつ、「セクハラくらいが一体なんだ?」とも言いたげな傲慢対応のみならず、あまつさえ被害女性を吊し上げようとさえしていた財務省や麻生大臣への徹底的な責任追及に繋がることを期待したいところだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket