■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

天皇陛下の(国民に寄り添った)「五輪強行懸念」を海外メディアが大きく報道!日本国内では(御用)専門家から「越権行為だ」「”五輪反対派”にいいように利用される」と西村長官に批判噴出!

天皇陛下の(国民に寄り添った)「五輪強行懸念」を海外メディアが大きく報道!日本国内では(御用)専門家から「越権行為だ」「”五輪反対派”にいいように利用される」と西村長官に批判噴出!
Pocket

どんなにゅーす?

・菅政権やIOCらが日本国民の民意を完全無視して東京五輪強行に突き進んでいる中、西村宮内庁長官が「天皇陛下が五輪強行に懸念を抱いている」ことを明かしたことについて、海外メディアがセンセーショナルに報じる事態になっている。

・一方、天皇陛下が菅政権の五輪強行に事実上「反対の意思」を示した中で、菅政権やグローバル資本勢力にくみする(御用)専門家から西村長官への批判の声が噴出「越権行為だ」「”五輪反対派”にいいように利用される」などといった危機感を唱える意見が上がってきている。

宮内庁長官の「天皇陛下は五輪懸念」発言、波紋広がる…憲法学者からは厳しい見方も

東京五輪・パラリンピックを巡り、宮内庁の西村泰彦長官が新型コロナウイルス感染拡大への天皇陛下の「ご懸念」に言及したことが波紋を広げている。天皇は憲法で政治的な行為が禁じられているためだ。

~省略~

西村氏の発言について、ある宮内庁幹部は「陛下は開会式で開会を宣言される立場にあるが、一方で開催による感染拡大を心配し、コロナに苦しむ人にも心を寄せられている」と指摘。「開催を巡って国論が二分する中、宮内庁長官としては陛下が片方だけを重んじているわけではないことを伝える必要があると判断したのだろう」と推察する。

~省略~

一方、開催中止を主張する共産党の志位委員長は「天皇は憲法で政治に関わらないことになっており、それをきちんと守ることが必要だ」と述べた。

今回の発言について、憲法学者からは厳しい見方も出ている。横田耕一・九州大名誉教授は「宮内庁長官が政治に絡む天皇の思いを公にするのは、問題で越権行為だ。『感染拡大を心配している』との発言は『こんな時に開催するのはけしからん』という意味を持ってくる。五輪に反対する人たちが天皇の意見として都合のいいように利用する状況が生まれかねない」と警鐘を鳴らした。

百地章・国士舘大特任教授は「陛下の思いは、開催した場合に感染拡大が起きないようにしてほしいということだろう」と指摘。そのうえで、「仮にそういう趣旨の思いを感じ取っても、西村氏は公にするのは控えるべきだった」と語った。

~省略~

【Yahoo!ニュース(読売新聞) 2021.6.26.】

ピント外れな「菅・安倍コンビ」“天皇無視”で団結、希望の五輪猛アピール

~省略~

■世界から総スカン 海外メディア「天皇の懸念」に同調

異例の出来事に海外メディアは「五輪開催に重要な不信任投票」(米ワシントン・ポスト)、「日本の天皇が五輪に“強い懸念”」(英フィナンシャル・タイムズ)などと報じた。

菅首相は「長官本人の見解を述べたと理解している」と火消しに走ったが、「天皇の懸念」を全否定した発言に海外メディアは即座に反応。「日本の首相、天皇は五輪を“心配”していないと主張」(仏AFP通信)、「コロナや五輪に対する天皇の懸念を日本は無視」(米UPI通信)と、センセーショナルな見出しを並べたのだ。

鎮火どころか延焼するのは当然で、そもそも海外メディアはコロナ禍の五輪開催に懐疑的である。「東京五輪はコロナ禍でも開催されるのか」(英BBC)、「なぜ東京五輪は中止されないのか」(米ニューヨーク・タイムズ)と疑問を突き付けている。「天皇の懸念」と一致した立場なのだろう。

ところが、菅首相や安倍前首相の“答え”は「団結」や「希望」といった非科学的なものばかり。しょせん、現在の感染状況に目を背けた奇麗事だ。

~省略~

【Yahoo!ニュース(日刊ゲンダイ) 2021.6.26.】

「天皇陛下マンセー!」の(自民党とその取り巻き)「インチキ保守集団」が、「西村長官の越権行為だ!(陛下のお気持ちを勝手に代弁するな)」と叫びながら、天皇陛下の意向を徹底的に踏みにじり!

出典:TBS News

これも、グローバル資本勢力が作り上げてきた「ペテンの構図」が次々と露呈してきているといえばいいのでしょうか。
日頃から「天皇陛下万歳!」などと叫んできた、「偽装保守勢力」のグローバリスト集団が、西村宮内庁長官の発言について、「(陛下のお気持ちを勝手に代弁した)越権行為だ」などと徹底的に非難する事態になっています。

連中からは「陛下のご意向が”五輪反対派”にいいように利用されてしまう」みたいな声まで出てきているみたいだけど、要は、彼らの本音を代弁すると、「天皇の野郎は出過ぎた真似をするな(俺らグローバリストの意向通りに従え!)」ってことだね。

確かに、現行憲法では、天皇が政治的発言をすることが禁じられており、(江戸時代以前より天皇家の侵略や無力化を画策してきたグローバリストによって)天皇家が政治的な権力を持たないようにコントロールされている現状がある。
しかし、今の日本は、その政治権力そのものが末期的な腐敗に見舞われており日本国民の民意が自公政権によって徹底的に踏みにじられるようになってきては、1%のグローバル資本勢力の意のままに完全にコントロールされるようになってきており、あまつさえ、その(グローバリストが日本にあてがった)憲法や民主主義のシステムもが完全に崩壊する寸前になっている。

確かに、東京五輪そのものが完全な「政治案件」と化している中で、天皇陛下が「東京五輪を中止すべきだ」と大々的に意見表明するのは問題なのかもしれないけど、しかし、科学的で論理的な視点を重視し、日本国民の命や健康を第一に考えれば、今の菅政権の「東京五輪強行」は、根底から完全に狂っている(モラルや価値観もが退廃しきっている)としか言いようがない
天皇陛下のこの意向は、「日本国民を守る」という観点に立てば、極めて当たり前で良識的なものであり、まずはその点を考慮した上で物事を考える必要がある。

管理人さんも、先の記事で、「今回の意向表明は、グローバル資本勢力による『日本破壊工作』に一石を投じるために、暗に『No!』の声をあげたものなのではないか」と推察していましたが、ますます、そうした側面が明確に浮かび上がってきた感がありますね。

そして、(これも前から指摘してきたけど)安倍一派やその取り巻きたちによる「天皇陛下マンセー」の連中の正体も、ますます浮かび上がってきた感じだね。
簡単にいえば、天皇陛下を敬愛・崇拝するそぶりを見せながら、天皇家を完全に”無力化”させてはグローバル資本勢力の配下に取り込もうとしている、保守を騙った「グローバリストの一員」ということだ。

天皇陛下の”影の影響力”をよく知っている海外メディアは、この一件を日本以上にセンセーショナルに報じているみたいですが、これでますます、グローバリスト(菅政権やIOC)と天皇家が水面下で対立している構図がより鮮明に浮かび上がってきたといえるでしょう。
「日本国民の命と健康を守ることを重視」し、異例のご意向を発表された天皇陛下に対して、私たちもより深い思いを持つべきなのではと思いますし、古来から続いてきた日本の天皇家を「健全な状態」で守り続けることが、私たちの日本国民の生活や命を守ることにもつながることを認識する必要があるのかもしれません。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事