■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

「NHK党」立花孝志氏が、窃盗罪で執行猶予中の迷惑系YouTuber「へずまりゅう」を参院山口補選に擁立!→批判殺到で支持者が続々離脱へ!

「NHK党」立花孝志氏が、窃盗罪で執行猶予中の迷惑系YouTuber「へずまりゅう」を参院山口補選に擁立!→批判殺到で支持者が続々離脱へ!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年9月21日、スーパーで会計前の魚の切り身を食べたとして、窃盗などの罪で懲役1年6月執行猶予4年の有罪判決を受けた、迷惑系YouTuber「へずまりゅう」こと原田将大氏が参院議員会館で会見を開き、参院山口補選に「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で(NHK党)」から立候補することを表明した。

・へずま氏を擁立したNHK党の立花孝志党首は「へずま君を公認することに『何事だ』『ふざけている』とか言われるが、世の中の半分の人は選挙に行かない。有罪判決を受けているへずま君でも選挙に立候補できることを知ってほしいし、一石を投じたい」などと語ったものの、ネット上では批判の声が殺到。支持者からも失望や怒りの声が上がり、離脱する動きが相次いでいるという。

NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

~省略~

各メディアによると原田氏は21日、国会内で記者会見を開き、参院山口選挙区補欠選挙に「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で(NHK党)」から立候補することを表明。「正直、政治のことは詳しくないので」としつつも、「(出馬に対して)家族からはバカヤロー! 反省していないだろうと言われたが、山口県のみなさんに謝罪したい」と自身が起こした騒動について反省する様子を見せていたという。

とはいえ原田氏は、スーパーで会計前の魚の切り身を食べたとして窃盗などの罪で、8月27日に名古屋地裁から懲役1年6月、執行猶予4年の判決を言い渡されたばかり。さらに、昨年7月には新型コロナウイルスに感染した状態で全国を転々し、山口県内で接触した複数人に感染させたこともある人物。

~省略~

「東スポWeb」によると、立花党首は原田氏について「迷惑行為はよくない」としながらも、こう語ったそうだ。

「へずま君を公認することに『何事だ』『ふざけている』とか言われるが、世の中の半分の人は選挙に行かない。有罪判決を受けているへずま君でも選挙に立候補できることを知ってほしいし、一石を投じたい」

かつて選挙で受信料を支払う人だけがNHKを視聴できるようになる“スクランブル化”を主張し、一部の人たちから絶大な支持を集めていた立花党首。しかし、人の迷惑を顧みない行為をし続けた原田氏を擁立したことで、呆れる支持者が続出している。

~省略~

【@niftyニュース(女性自身) 2021.9.23.】

「NHK党」の立花孝志氏(背後で幸福の科学が支援)が、今度は迷惑YouTuberの「へずまりゅう」を擁立!参院山口補選に出馬へ!

出典:Twitter(@hezuruy)

「法律で認められている」とはいえ、これはさすがにないんじゃないかしら!?
重要な国政選挙までをも自らの炎上商法に利用しているようにしかみえないし、立花氏は悪い意味で一貫しているわねっ!

すっかり多くの人々の記憶から忘れ去られている感じだけど、今も丸山穂高氏が副党首を務めては、2人の国会議員(丸山穂高氏・浜田聡氏)を国民が養っているうえに、1億5千万円を超える政党交付金が支給されている現実がある以上、そのまま簡単にスルー出来るような話ではない。

立花氏は「世の中の半分の人は選挙に行かない。有罪判決を受けているへずま君でも選挙に立候補できることを知ってほしいし、一石を投じたい」などとそれらしいことを言ってるけど、これまでのNHK党の振る舞いをみる限り、炎上商法を駆使して、選挙を「エンタメコンテンツの一部」にすることで、グローバル資本勢力が長年民衆に対して施してきた「民衆の知性・教養の劣化(→無力化・奴隷化)」に貢献しているようにみえるし、真剣に日本社会を豊かにしたり、民衆の生活を向上させようとしているようには、どう考えても見えないんだよね。

なるほどね…。
ここまで多額の政党交付金をもらえていることで、今でも「炎上商法を用いた政治活動」を行なうことが出来ているわけね!

YouTuberという職種自体、(よほどの特技や魅力的なコンテンツを作る能力、またはある程度のネームブランドを持っていない限り)どうしても炎上商法に走らないと大きな儲けを得ることが難しい側面があるし、ましてや、明確な犯罪(窃盗)をおかして炎上商法を展開し、つい先日に有罪判決を受けた人物を参院選に担ぐとは、いくらなんでも一般常識をあまりにも逸脱していると言わざるを得ない。
また、幸福の科学が資金援助を行なってきた事実を立花氏本人が認めている中、今後も警戒していく必要があるし、今も国会議員の椅子に座っている2人(特に丸山氏)についても、次の選挙で落選させる必要があるだろう。

「どんな人でも立候補できる」というのは、本来「日本を真剣に良くしようとしている一般の庶民でも国会議員になれる」ようにするべきなのであって、「反社会的な犯罪者でも議員になれる」というものではないはずだわ!
どうせ、次の衆院選でもおかしな炎上商法で党勢拡大を狙ってくるでしょうし、グローバルカルトが背後で支援している以上、何としてもこれ以上の勢力拡大を阻止する必要がるんじゃないかしら!?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事