【不快】ビートたけしが年末特番で「差別ギャグ」連発!羽生選手を「こいつホモだろう」!日大タックル問題でも、監督らと指示を受けた選手を「全部ホモ」「ケツ抱きしめて、こうやって頬ずりしてたって」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年12月26日に放送された「チマタの噺SP」(テレビ東京)において、ビートたけしが「ホモギャグ」を連発フィギュア羽生選手や日大タックル問題の加害者である内田氏や田中理事長、井上コーチに加えて、悪質タックルの指示を受けた宮川選手全てを「ホモ」扱いし、「で、関西学院大学にタックルした奴もケツ抱きしめて、こうやって頬ずりしてたって」と揶揄する一幕があり、悪質な差別だとして批判が相次いでいる。

ビートたけしが年末特番で差別用語を使った酷いLGBT差別を連発! これでなぜ問題にならないのか

いったいなぜこんなとんでもない発言が批判も受けずに放置されているのか。2018年12月26日深夜に放送された『チマタの噺SP』(テレビ東京)で、ビートたけしがフィギュアスケートの羽生結弦選手に対して「ホモだろう!」と叫ぶなど、LGBT差別発言を連発したのだ。

この番組は、笑福亭鶴瓶とたけしが2018年のニュースを振り返るというもの。たけしのLGBT差別が飛び出したのは、そのなかでスポーツ界のパワハラ事件の話題をとりあげたときのことだった。日大アメフトタックル事件について、こんなことを言い始めたのだ。

「内田とさあ、日大相撲部の監督(田中理事長)、あとコーチもいるだろ、寺尾みたいな顔してるコーチ(井上コーチ)。これ、全部ホモだろ、こいつら3人とも。この内田監督も独身らしいよ」

なんの脈絡もなく日大の田中英壽理事長、アメフト部の内田正人元監督、井上奨元コーチの3人をゲイだと言い出すたけし。しかもわざわざ“ホモ”という差別語を使って、である。

続けてパワハラ加害者の3人だけでなく、被害者である選手たちのこともこう揶揄した。

「で、関西学院大学にタックルした奴もケツ抱きしめて(笑)、こうやって頬ずりしてたって(笑)」

抱きしめるようなジェスチャーをしながら、危険タックル行為を性行為になぞらえたのだ。鶴瓶は立ち上がって制止しようとするが、たけしはおかまいなしで重ねていく。

「その後ろから式守伊之助がまた(抱きしめる仕草)数珠つなぎになって、ジェンカ踊ってたって(笑)。のこったのこったって言って、ケツ押してるほうが勝っちゃった。間違えて押しちゃった」

若手行司にセクハラ行為を行ったとして処分された大相撲行司の式守伊之助の名前を持ち出し、危険タックル問題や行事セクハラ問題を同性愛者の問題であるかのようにまとめて揶揄したのである(ちなみに日大のパワハラについてはそれ以外の論評は一切なく、貴ノ岩の暴力も「別に普通」と言い放っていた)。

~省略~

【リテラ 2018.1.3.】

ビートたけしが「タブーに踏み込む」ように見せかけつつ、単なる「マイノリティー(弱者)いじめ」の醜悪ギャグを披露!

出典:Twitter(@torakare)

18年末に放送されたテレ東「チマタの噺SP」の中で、ビートたけしが醜悪な「LGBT差別ギャグ」を連発したとして、ネット上で批判の声が相次いでいるわ!
私はこの番組観てないけど、内容を見聞きする限り、かなり酷い差別ギャグを繰り返していたみたいね(鶴瓶さんは止めようとしていたみたいだけど…)。

たけしがやっていることは、一見「タブーに踏み込んでいる」ように見せかけつつも、実際にやっているのは、LGBTなどの元来より”社会の隅”に追いやられてきた弱者やマイノリティーをより痛めつけ、バカにするだけのただの「弱いものいじめ」であり、これは、お笑い云々以前の問題だ。

本来の「タブーに踏み込む」というのは、多くの人が声を上げたくても上げられないような、国民を激しく統制・支配してる権力者(安倍政権や政権を操っているグローバル資本)の側にいる人間に悪態をついたり、精一杯皮肉ってみせるというもののはずだし、例えばウーマン村本氏のようなお笑いの姿勢のことを言うはずだ。

たけしの場合も、例えば究極的な反知性にもかかわらず、どこのマスコミもそれを指摘しようとしない)安倍総理を精一杯バカにしてみせるというのなら、お笑い芸として面白さや価値があるものだと思うけど、やっていることは、一般国民にあたるスポーツ選手や、悪質タックル問題に巻き込まれた学生すらも小馬鹿にし、「全てホモ」として面白おかしく揶揄するだけで、言うまでもなく、これらのネタに何の価値もなければ、社会にとって有害ですらあるだろう。

つまり、たけしは、しっかりと自分自身の保身を計算した上で、強大な権力を背景に日本国民をことごとく搾取し貧困に陥らせている安倍政権に上手に忖度し(媚びを売り)つつ、「タブーに踏み込む」ように見せかけながらも「最も叩きやすい相手」を見つけ出し、弱い立場にある彼らを叩いているということだ。
(そう言えば、1年前の新年特番では、自らの番組に安倍総理を招いて散々ゴマを擦りまくっていたっけ。)

つまりは、たけしは単なる「権力のポチ」で、自らの芸能界でのポジションや保身を計算しながら、「弱いものいじめネタ」ばかりをやることで、「お笑い芸人としての仕事」をしているように見せかけているってことねっ!

そのマインドは松本人志氏とも同根の、いわゆる「(世にもダサい)御用芸人」いうところだろうね。

しかも、こうした傾向は、お笑い界に限らず、あらゆる表現界、言論界にまで及んでいるように見える。
ちまたでは、近年妙にあちこちで活躍しているように見える、古市憲寿氏や落合陽一氏への批判が目につくけど、彼らもたけしや松本人志氏らと同じで、「自らの保身・金儲け」を主体に考えつつ、「安倍政権賛美・弱者切り捨て・自己責任」などのスタンスで売り出せば美味しいポジションを獲得できるとの算段があってこそ、あのようなキャラクターが作られていったというわけだ。

つまり、この日本は、今や1%と99%が強力に分断されていく「グローバリズム」がもの凄い勢いで進行しており、「金儲け」に強い欲求がある一部の人間たちが(悪い意味で空気を読みつつ)どうにか「1%の側」に入るべく、次々と安倍政権やグローバリストに媚びを売っては99%の人々を「愚民化」させ、社会の底辺に追いやろうとする動きが各所で激化しているということだ。

たけしのような笑いに本気で喜んでいる人は、すでに「深い(愚民化)洗脳」にはまり込んでいる可能性があるし、一方で、この状況に強い危機感や怒りを持っている人たちは、これらの根源に「グローバリズム」があることに気がついた上で、合理的な「危機回避行動」を起こしていく必要があるだろう。
そうでないと、この先ますます「強者はより強く、弱者はより弱く」の流れが極限まで進み、いよいよ、人間が持つべき倫理感やモラルが極限まで崩れ去った「ディストピア」がやって来てしまうんじゃないかな。

グローバリズムって、人間のあらゆる価値や倫理観までもが根底から狂わされてしまうものなのね…!
すでに、「自分自身のお金儲け」のために平気で人々を騙すような風潮が固定化しつつあるように思えるし、もっと私たち自身がより高い倫理感と感性を持って、このヤバイ流れを止められるように適切な行動を起こしていかないと、いよいよ私たちにとって取り返しのつかないような事態になってしまいそうね…。

Pocket

 

おススメ記事&広告