■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

著名人の衝撃的な訃報が相次ぐ…三遊亭円楽さんは「肺炎が軽快し肺がん治療を再開した矢先のこと」、アントニオ猪木さんは「心不全」と報道 円楽さんの事務所は「大変急なことで対応に追われております」とコメント

著名人の衝撃的な訃報が相次ぐ…三遊亭円楽さんは「肺炎が軽快し肺がん治療を再開した矢先のこと」、アントニオ猪木さんは「心不全」と報道 円楽さんの事務所は「大変急なことで対応に追われております」とコメント
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年9月30日と10月1日、落語家の三遊亭円楽さんと元プロレスラーで国会議員も務めたアントニオ猪木さんがそれぞれ逝去したことが報じられた。

・報道によると、円楽さんは「肺炎が軽快し肺がん治療を再開した矢先のこと」、アントニオ猪木さんは「(心アミロイドーシスによるものと考えられる)心不全」などと報じられており、相次ぐ著名人の訃報に悲しみの声が上がっている。

落語家・三遊亭円楽さん(72) 死去 肺がんのため「大変急なことで、 今はまだ悲しみに向き合うこともできず、対応に追われております」

落語家の三遊亭円楽さんが肺がんのため亡くなったことを所属事務所が公式サイトで公表しました。72歳でした。 円楽さんは、今年1月に脳梗塞を発症し、8月に高座復帰を果たしていましたが、その後軽度の肺炎で入院するなど、完全復帰を目指し、病との戦いを続けている最中でした。

~省略~

【所属事務所公式サイトより引用】

~省略~

8月下旬の入院以降、 肺炎は軽快し、 肺がんの治療を再開した矢先のことでした。 遺族、関係者一同、大変急なことで、 今はまだ悲しみに向き合うこともできず、対応に追われております。

~省略~

【Yahoo!ニュース(TBS NEWS DIG) 2022.9.30.】

アントニオ猪木氏が闘った“最後の敵”「心アミロイドーシス」とは

元プロレスラーで、元参議院議員の“燃える闘魂”アントニオ猪木(あんとにおいのき、本名・猪木寛至=いのき・かんじ=)さんが1日7時40分、心不全により死去した。79歳だった。横浜市出身。

“最後の敵”との戦いが終わった。晩年は長い闘病生活を送っていた猪木氏。20年7月には、19年秋に特定疾患に指定されている難病「心アミロイドーシス」に冒されていることを発表した。  線維構造を持つ蛋白質であるアミロイドが、全身臓器に沈着することによって、心臓などが機能が障害を受ける病気だった。病状が進行すると収縮する能力が落ち、心不全や不整脈が発生する可能性もある大病だった。

~省略~

今年8月28日の24時間テレビに生出演したのが公の場に姿を見せた最後。「見た通りで、そのうちに死ぬ瞬間まで、必死に頑張っています」と語り、「1、2、3、ダーッ」も披露した。

【Yahoo!ニュース(デイリー) 2022.10.1.】

円楽さんに続き猪木さんも…連日の巨星訃報にネット消沈「昭和がどんどん遠くなってくよ」

元プロレスラーで参院議員を2期務めたアントニオ猪木さんが1日、死去した。79歳。横浜市出身。9月30日には、笑点の大喜利などで活躍した落語家の六代目三遊亭円楽さん(享年72)が肺がんのため死去。昭和を代表するエンタメ界の巨星の訃報が続き、SNSも悲しみにあふれた。

ツイッターには「昨日は円楽さん、今日は猪木さんとショックです」「円楽師匠に猪木氏、次々といい人たちが亡くなってしまう…」「アントニオ猪木なくなりはったんか……昨日の円楽さんにつづいて悲報おおいな…」と、残念がる声が次々と寄せられた。

~省略~

【Yahoo!ニュース(スポニチアネックス) 2022.10.1.】

(持病の闘病生活を続けていた)猪木さんと(腐敗権力への風刺を得意とした)円楽さんが逝去…mRNAワクチンによって体調が悪化した可能性も…?

出典:YouTube

出典:YouTube

落語界とプロレス界の巨星2人がこの世を去り、ネット上で悲しみの声が上がっております。
詳しい死因や状況は報じられていないものの、どちらも新型コロナ用mRNAワクチン接種によって体調が悪化してしまった可能性が考えられますね。

どちらもまだ老衰で亡くなるような年齢じゃないし、円楽氏の場合は、事務所のコメントを見る限り、誰もが予想しないくらいに体調が急変して亡くなってしまったみたいだね。
有名俳優の古谷一行氏も、つい先日に突如体調が急変して亡くなってしまった(死因は未発表)けど、円楽氏もこの古谷氏のケースと似ているように感じられる。
また、猪木氏が闘病していた「心アミロイドーシス」という病気は、「アミロイド」と呼ばれる異常な蛋白質が全身の臓器に沈着し、特に心機能の異常や不整脈などを来すという性質を持っているとのことだ。
mRNAワクチンを接種することで、スパイク蛋白が全身をめぐり、心臓や脳などにおいて血栓症を引き起こすことが分かってきていることから、やはりこの病気の患者がワクチンを接種した場合、相乗的に体調の悪化を引き起こす可能性が考えられる。

世界的に数多くのデータが揃いつつある中、新型コロナワクチン接種によって、深刻な免疫機能の異常をきたしたり、持病の急激な悪化を引き起こすことが徐々に分かってきていますし、お二方とも新型コロナワクチンを接種されていた場合、ワクチンが健康状態悪化の引き金になってしまった可能性は大いにあり得るでしょう。

少なくとも、ワクチンを完全に接種している人の中で、健康そのもので元気一杯な人はボクが知っている限りでは皆無と言っていいし、逆に(かかりつけ医も驚くほどに)急激に持病のガンが悪化して亡くなってしまった人や、神経症状が悪化して、認知症やうつ状態になりかかってしまっている人が相次いでいる状況だ。
日本政府や自治体においても「基礎疾患や持病がある人ほど優先的にワクチン接種するように」などと呼びかけられているけど、免疫力が弱く基礎体力が無い人ほど重篤な副反応に見舞われやすいのがmRNAワクチンであり、特に環境変化などに敏感でデリケートな性質を持っている人ほどこのワクチンを打つのは非常に危険だ。

グローバル支配層と日本政府による「国民殺し政策」により)すでに日本国民の大多数がこのワクチンを接種してしまいましたが、この先も基礎体力が弱い人々の間で「突然の体調悪化による急死」や「(本当の死因を隠すために用いられる)心不全」による死亡がますます増えていくことが考えられますし、(ただでさえ急激に少子高齢化が進んでいる中)予想を大きく上回るスピードで人口減少が進んでいき、想像を超えるほどの「国家的な危機」が起こることが強く危惧されます。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事