週刊ポスト「韓国ヘイト特集」は小学館幹部取締役の意向!?「もう小学館とは仕事しない」との著名人も続々!日本出版界の”知性劣化”に危機感の声!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年9月2日発売の週刊ポストが、国民に向けて韓国ヘイトや憎悪を激しく煽る特集記事を掲載したことに対して、各界の著名人から批判が殺到。これを受けてNEWSポストセブンの公式サイト上で謝罪コメントを発表したものの、連載を行なっている作家によるボイコットの動きや、「もう小学館からの仕事は受けない」と表明する著名人が相次いでいる

・そんな中、同誌が常軌を逸した「ヘイト特集」を掲載してきた背後に、小学館幹部取締役の秋山修一郎氏の息がかかっていることを指摘する声があがっている。

週刊ポストが「韓国は要らない」特集を謝罪。「誤解を広めかねず、配慮に欠けていた」

~省略~

ハフポスト日本版が小学館に文書で質問したところ、週刊ポスト編集部名義で回答があった。

回答では特集の意図について、「混迷する日韓関係について様々な観点からシミュレーションしたもの」とした一方で、 「『怒りを抑えられない「韓国人という病理」』記事に関しては、韓国で発表・報道された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました」とし、謝罪した。

編集部のコメント全文は以下の通り。

弊誌9月13日号掲載の特集『韓国なんて要らない!』は、混迷する日韓関係について様々な観点からシミュレーションしたものですが、
多くのご意見、ご批判をいただきました。なかでも、『怒りを抑えられない「韓国人という病理」』記事に関しては、韓国で発表・報道
された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました。
お詫びするとともに、他のご意見と合わせ、真摯に受け止めて参ります。
(『週刊ポスト』編集部)

【ハフポスト 2019.9.2.】

『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事「韓国人という病理」に作家たちが怒りの抗議! ヘイト企画は「小学館幹部取締役の方針」の内部情報

~省略~

しかし、小学館の関係者によると、「週刊ポスト」の韓国ヘイト特集は現場レベルの問題ではないらしい。

「鈴木亮介編集長はただのイエスマンで、ヘイト思想の持ち主じゃない。あれは、ポスト・セブン局担当の常務取締役で『ポスト』を仕切っている秋山(修一郎)さんを忖度したものでしょう。秋山さんは普段から会議でも、今回の内容のような韓国ヘイトをやたら口にしていて、以前にも管轄の『ポスト』や『女性セブン』に似たような企画をやらせたことがある。トップ直々の企画だとしたら、このまま通りいっぺんの謝罪で終わらせるかもしれません」

「ポスト」はいまのところ、『BuzzFeed News』や『ハフポスト』の取材に対し「混迷する日韓関係について様々な観点からシミュレーションしたもの」「韓国で発表・報道された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました」などと典型的な“謝罪になってない謝罪”コメントを出しただけだが、このヘイト企画が上層部直々のものであるとすれば、この木で鼻をくくったような対応も上層部の意向を反映したものなのだろう。

~省略~

【リテラ 2019.9.2.】

出版業界も、安倍政権やTV局と同期するように「反知性化」が止まらず!「誤解を与えたことをお詫び」する”安倍式ペテン謝罪法”も蔓延!

出典:NEWSポストセブン

なんだか、目に見えるようにこの国がおかしくなってきたわね。
「誤解を与えたことをお詫びする」なんていう、”安倍式ペテン謝罪法”みんなが真似するようになってきてしまっているし、この事態に本気で怒っている知識人の人たちが多くいることが「唯一の救い」といったところかしら。

柳美里氏らが言っているように、このような公共的な出版社による「大衆的な媒体」を通じての過激な憎悪扇動や差別の喚起は、日本に多く暮らしている在日韓国人の人々や朝鮮半島にルーツを持っている人々の尊厳や精神を大きく傷つけるだけでなく、彼らにとっての「身の危険」を招いてしまう可能性すらあるからね。
ていうか、日本と朝鮮は、相当古くから盛んに交易や人の往来が繰り返されてきたし、しきりに韓国ヘイトを繰り返している本人だって、そのルーツを辿っていくと朝鮮の血が混ざっている可能性も大いにあるだろう。
そもそも、嫌韓外交で”支持率上げ”を主導している張本人の安倍総理だって、朝鮮系(田布施一族)のルーツが言われている上に朝鮮統一教会とも深い繋がりを持っているし、もっと俯瞰的に歴史や実情を見ていくと、”嫌韓”に明け暮れることがいかに下らないことで、1%のグローバリストの思惑通りに「操られている」だけなのかが分かると思うんだけどね…。

●過去参考記事:日米安保の生みの親、ジョン・フォスター・ダレス「日本におけるレイシズムは、欧米への”劣等感”の一方で、アジアで最も優越しているとの”自惚れ”が生み出している」「この屈折した感情を利用せよ」

相変わらずネット上では、「韓国の方が悪い」「韓国を擁護するやつは日本から出て行け」みたいな、感情に身を任せただけのコメントで溢れかえってしまっているし、いかに自分たちが「国富を徹底的に搾取」されつつ、日本を「戦争が出来る国」に変えようとしている、「ピラミッドの頂点にいる連中」に操られてしまっているのかに気がつかないといけないんだけどね…。

こうした、社会に流布される洗脳や誘導に簡単に引っかかってしまう人は、まず「日本や世界の国家をコントロールしている連中(グローバル資本勢力)が存在している」ことに気がついていないし、これを認めようともしないんだよね。
過去の戦争の歴史をみたって、「他国への憎悪を煽ったり、戦争を引き起こすことで多大な儲けを生み出している連中」が常に存在してきたことは火を見るよりも明らかなのに…こうした姿勢が事態をますます悪くしてしまっている。

●過去参考記事:今だから思い出したい、ナチスドイツの軍人ヘルマン・ゲーリングの名言!「戦争を嫌う国民を意のままに操るための”簡単な方法”」

そして、こうしたグローバリストの洗脳にかかってしまっている人々をエサにして、(今回の一件みたいに)自分たちが一儲けしようとしている連中が日本の中にウジャウジャといることがますます事態を酷くさせているのよね。

今回のリテラの記事にあがっている、小学館の幹部取締役の秋山修一郎氏と安倍政権との接点は、ネットで軽く調べたところ見当たらなかったけど、安倍政権に忖度するだけでなく、単なる「金儲け目的」でヘイトコンテンツを発信する動きが蔓延しているのも、かなり深刻な事態だ。

これも、「金儲けのためなら何をやってもいい」といった、グローバリズム的な価値観が横行しつつあることで、日本社会全体のモラルが退廃してきていることを示しているし、(本来「社会貢献」を行なう使命を持っているはずの)企業間において最低限の物事の分別やマナーも崩壊してしまうと、「粗悪なコンテンツ」が世の中にますます氾濫し、日本国民の脳は極限まで破壊されてしまう。

そういう意味でも、あらゆる部分において、私たち日本の劣化や崩壊の実情がよく表われた「今回の騒動」ということね。

とにかくも、ボクたち日本国民が、(姿を隠している)1%の資本勢力による「愚民化洗脳」から脱することが出来るかどうかが、この先の日本の破綻や崩壊を食い止める唯一の方法であることは間違いないことだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。