■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【日本破壊】菅政権、「トリチウム等汚染水」の海洋放出を強行決定!中韓は強く非難!米バイデン政権は賛同!「まだ貯蔵に余裕がある」可能性が高い中、強引に海にバラマキへ!

【日本破壊】菅政権、「トリチウム等汚染水」の海洋放出を強行決定!中韓は強く非難!米バイデン政権は賛同!「まだ貯蔵に余裕がある」可能性が高い中、強引に海にバラマキへ!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年4月13日、菅総理が関係閣僚会議を開き、福島原発事故処理で発生した、トリチウムなどの放射性物質が含まれた汚染水を海洋放出することを正式決定した。

・政府・東電・マスコミは「世界中の原発における通常の運転に際して放出されているトリチウム処理水と同じ」であることをしきりに強調しているものの、トリチウム以外の放射性物質の検査は一向に行なう気配が無いのが現状で、地元福島の漁業関係者や中国や韓国の近隣国は、強い非難声明を発表「陸上で貯蔵する余裕はまだ多くある」との指摘も出ている中、菅政権による「日本破壊」の行為に国民から怒りの声が上がっている。

トリチウムなど含む処理水 薄めて海洋放出の方針決定 政府

~省略~

政府は13日午前8時前から総理大臣官邸で関係閣僚会議を開き、東電・福島第一原発で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含む処理水の処分方法について議論しました。

会議では、国の小委員会がまとめた基準以下の濃度に薄めて海か大気中に放出する方法が現実的で、海の方がより確実に実施可能とする報告書などを踏まえて、海へ放出する方針を決めました。

具体的には、東京電力に対し、2年後をめどに海への放出を開始できるよう設備の設置などの具体的な準備を進めることを求めています。

放出にあたっては、トリチウムの濃度を国の基準の40分の1、WHO=世界保健機関が示す飲料水の基準で、7分の1程度に薄めるとしています。

~省略~

さらに、漁業関係者への支援や観光客の誘致、地元産品の販売促進などの対策も講じるとしています。

それでも生じる風評被害には東京電力が賠償を行うよう求めています。

このほか、関係閣僚による新たな会議を設けて必要に応じて追加の対策を機動的に実施します。

しかし、海への放出には、漁業関係者が反対するなど地元などの懸念は根強いことから、政府や東電は、安全性を確保し風評を抑える対策の徹底が問われることになります。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.4.13.】

中国「極めて無責任」韓国「決して容認できない」…処理水海洋放出に反発

【北京=比嘉清太、ソウル=上杉洋司】中国外務省は13日、東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出方針を日本が決めたことについて「国内外の疑問や反対を顧みず、周辺国と十分に協議をせずに一方的に決めた。極めて無責任なやり方だ」と批判する報道官談話を発表した。

韓国の具潤哲(クユンチョル)・国務調整室長も13日、日本の方針について「反対する立場を日本政府に伝える。今回の決定は決して容認できない」と記者団に語った。

【MSN(読売新聞) 2021.4.13.】

処理水放出「世界基準に合致」 米政府が評価

【ワシントン時事】米国務省のプライス報道官は12日、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を決定したことについて声明を発表した。「独特で困難な状況において、日本は透明性を保ち、世界的な原子力安全基準に合致した手法を採用したようだ」と評価した。

~省略~

ブリンケン国務長官もツイッターで「透明性ある取り組みに感謝する」と表明した。

【時事通信 2021.4.13.】

↓政府が「先送りできない」と強調してきた満杯時期は今も曖昧で不明。そんな中で東電が「タンクの増設方針」を明らかに。

処理水タンク増設へ 東電、政府方針決定後に表明

東京電力福島第1原発の処理水を巡り、東電が政府の処分方針決定後に保管タンクの増設を表明する見通しになったことが9日、分かった。政府は13日に関係閣僚等会議を開き、海洋放出方針を決める方向で調整している。政府が「先送りできない」と強調してきた前提となる満杯時期は曖昧なまま、10年越しの難題は重大な局面を迎えた。

全国漁業協同組合連合会(全漁連)の岸宏会長は7日に菅義偉首相と会談し、タンク増設などによる処理水保管の継続を要望。菅首相は他の要望4項目と合わせ「しっかり受け止めて対応したい」と述べた。

増設規模は限定的とされるが、保管期間が延びる分、処理水中の放射性物質は自然減衰が進む。政府や東電は国内外に処理水の安全性を周知する考えで、より時間をかけて丁寧に取り組める利点もある。

~省略~

【Yahoo!ニュース(河北新報) 2021.4.10.】

菅政権の「汚染水強行放出」の背後に米バイデン政権の意向!?近隣諸国や国際メディアが一斉に批判している中で「透明性ある取り組みに感謝する」とコメント!

ついに、菅政権が政権発足以来、最大級の「暴挙」を働いてしまいました。
日本政府や東電そして大手マスコミは、いまだに「世界の原発で日常的に放出されているトリチウム処理水と同じ」などと大きなミスリードを繰り返していますが、人類史の悲劇ともいえる大規模原発事故の処理を通じて発生した汚染水が、「世界で日常的に排出されているトリチウム水」と同じであるはずがありません

またしても出たきたわねっ!!
自民政権お得意の「日本破壊」の行為がっ!
私たちのかけがえのない日本をとにかく再起不能なまでに滅亡させたくってしかたないみたいですし、一体こいつらはどこまで日本をメチャクチャに壊せば気が済むのよっ!?

本当にあおいちゃんの言う通りだね。
政府や東電は、「ALPS」を通じてその他の放射性物質をある程度取り除いていると言っているけど、一体どこまでALPSを通じてその他の放射性物質を除去することが出来ているのか?について、本来であれば、詳細に調査を行ないそのデータを嘘をつかずに全て世界に向けて明らかにすべきだろう。
しかし、そうした作業を全く行なっていない(今後も行なう様子も見られない)うえに、上の河北新報の記事を参照しても分かるように、実は「まだまだ陸上で貯蔵する余裕がある」疑いも出てきている。

少しでも長い期間地上で貯蔵が出来れば、もちろん、放射性物質は少しづつ減退していきますし、トリチウムに関して言えば、110年貯蔵することが出来れば1000分の1にまで減らすことが出来るということです。
こうした現状があることを知りながら、「こうするしか方法が無い」などとウソをつき、早々にトリチウム以外のより危険性の高い放射性物質も含まれている疑いが強い汚染水の海洋放出を決めてしまうのですから、明らかに菅政権の動きは「おかしい」ということになります。

そうなると、日本政府の決定を強く非難している中国や韓国は当然の動きである一方で、この菅政権の”暴挙”を早くも支持する姿勢を見せている米バイデン政権の動きが非常に”異質”で気になるね。
どこからどうみても不合理でメチャクチャな菅政権の決定に対して、どうして「透明性ある取り組みに感謝する」などと明らかにおかしなことをのたまっているのか?
その真意はよく分からないけど、非常に簡単に言えば、これも、日本の国際的な信用とイメージを極限まで失墜させて、経済的にも国際的にもどんどん衰退させて最後は破綻させようとしているグローバリストによる「日本破壊工作」の一環なんじゃないかな。

こうやって、強硬的な海洋放出によって”実害”が発生するように仕向けたうえで、莫大な賠償金を巻き上げる狙いがあるのでは?と疑う声も出ていましたが、どちらにしても、このバイデン政権の動きは非常に怪しく、今後も要警戒ですね。

本来であれば、こうした菅政権の”強行放出”に完全に同調している米国に対しても、Twitterなどで怒りや抗議の声が噴出するべきなんだけど…このニュースを知らない人が多いのか、多くの人がこの話題にほとんど触れていないのも気になってしまう。

どちらにしても、今回の「強行海洋放出」は、前代未聞かつ最悪の決定であり、何としてもこれを撤回させる必要がある上に、日本国民や貴重な日本の海洋資源を守るためには(まだ貯蔵に余裕がある可能性が高い以上)出来る限りの手を尽くして陸上での貯蔵を続けていくしかないのが現状であり、野党と国民が最大限の抗議と抵抗を続け、ボクたちの貴重な海がダメになってしまわないように、菅政権の暴走を止める全力で必要があるのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事