■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

菅総理&和泉首相補佐官主導の「都内コロナ療養施設」が大失敗!血税48億円がパーに!”東京五輪警察用宿舎”を改修するも完成後に問題が発覚、「元に戻す工事」をやる羽目に!

菅総理&和泉首相補佐官主導の「都内コロナ療養施設」が大失敗!血税48億円がパーに!”東京五輪警察用宿舎”を改修するも完成後に問題が発覚、「元に戻す工事」をやる羽目に!
Pocket

どんなにゅーす?

菅総理と和泉首相補佐官が主導になって設置が進められていた、都内のコロナ療養施設の計画が”大失敗”に終わり、48億円もの血税がパーになっていたことが判明。AERA dot.が報じた。

・問題の施設は、東京五輪で警備にあたる警察部隊が宿泊するために20年4月頃に建設されたもの。菅総理と交友があるA病院グループの協力のもとに菅氏と和泉首相補佐官が主導、37億円かけて軽症、無症状の感染者を受け入れる施設として改修工事を行なったものの、完成後、構造上の様々な問題が発覚。都内の無症状・軽症者の多くはホテルで療養を行なったこともあり、結局一度も使われることなく、11億円をかけ元に戻す改修工事を行なっており、5月末に復元工事が完成する予定だという。

菅首相、和泉首相補佐官の”肝いり”コロナ感染者用施設が宙に浮き 血税48億円がパー【現場ルポ】

~省略~

そんな中、菅義偉首相の側近である和泉洋人首相補佐官が「肝いり」で用意したコロナ療養施設が宙に浮き、計48億円もの血税がパーになったことがAERAdot.の調べでわかった。

コロナ療養施設は東京都内の4か所にあった警察用宿舎を昨年、37億円かけて改修し、軽症、無症状の感染患者を受け入れる施設として使うはずだったが完成後、一度も利用されないまま、長らく放置された。

今年4月からもとの警察用宿舎に戻す11億円をかけた改修工事が再び始まり、5月末に完成するという。

この施設はもともと東京五輪・パラリンピックで警備にあたる警察派遣部隊が宿舎するために昨年4月頃、建設されたもので、東京都江戸川区、江東区、大田区の4カ所にある。

緊急事態宣言が延長され、休業要請などで休職者、失業者があふれる中でなぜ、こんなデタラメな税金の使い方がなされたのか。自民党関係者がこう語った。

「このコロナ療養施設は菅さんと和泉首相補佐官の負の遺産ですよ。当時、官房長官だった菅さんの意向を受け、名代として懐刀の和泉さんが動いた」

~省略~

「この案件を誰が決めて、こういう結果を招いたかというと、官邸です。その一番、高い位置の人は首相と和泉首相補佐官です。和泉補佐官はこの案件の責任者だった。この件は『関係者協議会』で協議されましたが、その議長は和泉補佐官です」

~省略~

第一回の会合があったのは昨年4月10日。東京都千代田区霞が関の中央合同庁舎4号館11階の特別会議室で、「関係者協議会」が開かれた。

出席者は議長である和泉補佐官、東京都副知事、内閣官房、国交省、厚労省、防衛省、警察庁、警視庁などの関係省庁の担当者たち。

その後、関係省庁との打ち合わせで「実際に(医療施設の)運営に当たると想定しているのは、関東にあるA病院グループ。内諾は得ている」「運営主体はこうした医療法人を活用すべきである」などと和泉補佐官らが発言したという。

さらには20年4月、A病院グループの責任者との打ち合わせの席上、「(厚労省の)B審議官から自衛隊の医官、看護官の派遣も検討している」などの発言もあったという。政府関係者がこう語る。

「A病院グループに4つの施設の運営をゆだねることになったら、国や東京都からのかなりの額の運営委託費が入ったはず。菅さんがA病院グループと付き合いがあり、和泉補佐官に推したと聞いています。だが、警察宿舎を改修してコロナ宿泊施設にするという彼の計画は、お粗末過ぎた。施設はプレハブでバス、トイレが共用です。酸素吸引のための配管設備などもない構造上の欠陥もあり、医師など専門家からリスクが高くて危険だという指摘がありました。東京都は当時、コロナ感染者を受け入れてくれるホテルを十分に確保しており、難色を示していた。しかし、A病院グループを紹介した菅さんの顔をつぶすわけにはいかず、和泉補佐官が突っ走ったんです」

~省略~

東京都に和泉補佐官らが準備したコロナ施設を使わなかった理由などについて質問した。

「トイレとかバスが共用であったりとか、なかなか個別管理をしにくい施設だった。ホテルのようにアメニティもない。その点、ホテルはお客さんを泊めるのに一番向いた施設ですから、療養者も気兼ねなく過ごせる。政府の施設よりも、ホテルの方がよりベターだった」(東京都福祉保健局)

そして都の担当はこう続けた。

「そもそも東京都が国から宿泊療養施設として、借りるところまで行っていない話です。国のほうで準備した施設なので国が改修した。都が管理しているところではないので、国のほうにお聞き下さい」

~省略~

【AERA dot. 2021.5.9.】

菅総理と「コネクティング」和泉補佐官が47億円もの血税をパーに!「思い付き」「やってるフリ」の反知性政治によって、日本国民はどんどん疲弊・破滅へ…!

出典:NHK NEWS WEB

出典:首相官邸

久しぶりに「コネクティング和泉」こと和泉首相補佐官の名前が出てきたと思ったけど、やっぱりろくでもない話題だったわね。
しかも、「コロナ療養施設として使えなかったから、再び東京五輪を警備する警官用宿舎に戻している工事を実施中」というけど、その東京五輪も最終的に中止になる可能性も出てきているのだから、もしそうなったら、何から何までより巨額の血税がどぶに捨てられることになるわね。

まさに、「反知性政治の成れの果て」というか、菅総理とその側近連中もいかに絶望的に頭が悪いかということが分かる。
(そもそも、オキニの女性官僚と常軌を逸した「コネクティング不倫」を日常から楽しんでいるのだから、まともな頭の持ち主ではないことは誰でもわかる)

別にコロナ感染者用の療養施設を作ること自体は全く悪いことじゃないし、さらなる感染爆発に備えて(さらには、この先起こり得る様々なパンデミックに備えて)適切な額の税金を投じて「使える施設」として建設すれば全く問題なかったんだけど…「東京五輪の警備」という一時的な用途のために建設された、プレハブ造りの粗悪な建物がコロナ療養者施設として使えるはずがないのは素人が考えても分かるし、これを作ってしまう前にストップをかける者が誰もいないというのが、これまた「事の深刻さ」と「未曽有の政治劣化」を物語っている。

Twitterでも声が出ているけど、確かにあの「アベノマスク」の世紀の大失策とも同じような匂いを感じるし、「アベノマスク」では「ユースビオ」などの得体の知れない業者が大儲けした中で、こっちの方は工事業者が大儲けしただけで終わってしまったわね。

とにかくも、国民がよりしっかりと認識しないといけないのは、「知性に著しく欠けた連中に政治を任せると、生活をメチャクチャに破壊されるどころか命すら奪われてしまう」ということだ。
47億円もの税金を有効なところに使えたら、どれだけの国民が救われたのか分からないし、これにアベノマスクの数百億円を加えれば、よほどマシな状況になっていただろう。
日本国民が自民政権を漫然と放任している限り、永久にこうした「血税の無駄遣い」が続いていくし、それどころか、大量の日本国民が(コロナウイルスよりも)政権によって大量に殺されてしまうような事態に陥るだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事