■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【二枚舌】菅総理、G7で「東京五輪強行」を宣言!国会では「私は主催者でない」などと主張してたのに…!→各国首脳もこれに賛同!「全員の賛意を代表して、東京大会の成功を確信している」

【二枚舌】菅総理、G7で「東京五輪強行」を宣言!国会では「私は主催者でない」などと主張してたのに…!→各国首脳もこれに賛同!「全員の賛意を代表して、東京大会の成功を確信している」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年6月11日、英国で開催されたG7サミットに菅総理が参加し、総理は「新型コロナという大きな困難に直面する今だからこそ、世界が団結し、人類の努力と英知によって難局を乗り越えていけることを日本から世界に発信したい」と東京五輪の強行開催を”宣言”した。

各国の首脳もこれに賛同し、日本政府によると、首脳の一人が「全員の賛意を代表して、東京大会の成功を確信している」とコメントしたという。

G7英で開幕 菅首相 東京五輪・パラ大会開催に向け決意を表明

~省略~

ことしのG7サミット=主要7か国首脳会議は、日本時間の11日夜、イギリス南西部のコーンウォールで、議長国・イギリスのジョンソン首相が各国の首脳を出迎え、開幕しました。

G7サミットが対面で行われるのは2年ぶりで、初日の討議では「新型コロナからのよりよい回復」をテーマに議論が行われました。

この中で、菅総理大臣は、東京オリンピック・パラリンピックについて「新型コロナという大きな困難に直面する今だからこそ、世界が団結し、人類の努力と英知によって難局を乗り越えていけることを日本から世界に発信したい」と述べ、開催に向けた決意を表明しました。

そして「東京大会を通じて、障害者の方々が社会で活躍しようという共生社会の実現につなげていきたい。スポーツの力を通じて、世界の未来を担う子どもや若者にも夢と感動を伝えたい」と強調しました。

そのうえで、菅総理大臣は「安全安心な東京大会の開催に向けて万全な感染対策を講じ準備を進めていく。世界のトップ選手が最高の競技を繰り広げることを期待している」と述べ、強力な選手団を派遣してほしいと呼びかけました。

これに対し、日本政府によりますと、首脳の1人が「全員の賛意を代表して、東京大会の成功を確信している」と述べたということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.6.12.】

「主催者ではない」はずの菅総理、日本国民の切実かつ圧倒的な声を”完全無視”し、G7で「東京五輪強行」を宣言!→各国首脳もこれに賛同してしまう!

菅首相「私は主催者でない」 五輪の開催判断問われ答弁

コロナ禍における東京五輪・パラリンピックの開催に懸念の声があることについて、菅義偉首相は7日の参院決算委員会で「様々な声があることは承知しており、そうした指摘をしっかり受け止めて取り組みを進めて参りたい」と述べた。

~省略~

また水岡氏が、首相は東京大会を開催する▽中止する▽延期する――の三つの選択肢を持っているのか、と尋ねたのに対し、菅首相は「私自身は主催者ではない。私自身は我が国の国民の安心、安全を守る。そうした使命があると考えている」と述べた。

【朝日新聞 2021.6.7.】

「主催者ではない」くせして、なーに勝手にG7の各国首脳の前で「東京五輪強行」を宣言しちゃってるのよっ!!
日本国民がここまで必死に東京五輪の中止を訴えてるっていうのに、相変わらず、どこまでも身勝手で腐りきった”二枚舌”総理だわっ!!

「強力な選手団を派遣してほしい」と求めた菅総理に対して、各国の首脳が「今のこの状況で我が国の選手を日本に送ることに強い懸念がある」「あなたは主催者ではないのでは??」などとしっかりと釘を刺したのであれば、もちろん、相応の評価をするつもりだったけど、どうやら、菅総理の「五輪強行宣言」に明確にストップをかけた首脳はゼロだったみたいで、それどころか、(先の記事で紹介したように)米バイデン大統領や仏マクロン大統領は、明確に支持する姿勢をみせたようだ。

もちろん、菅総理は日本国民の切実な声に耳を傾ける気はこれっぽっちもないどころか、国民の命や健康を守る気もゼロである一方で、1%グローバル資本勢力の利益のためには1000%働く「生粋の売国屋」の実態がますます露呈しているけど、G7の各国首脳も、結局のところ菅総理と同じ穴の狢(巨大資本勢力の犬)であることが露呈したといえるだろう。

とにかく、どんな副反応がこの先発現するかも全く分からない「人体実験ワクチン」を懸命に国内に普及させるだけでなく、自国以外の途上国にも行き渡らせようとしているG7の首脳連中も腐りきってるし、今回の様子を見る限り、「東京五輪」の強行は世界支配層にとっての完全な”既定路線”になったみたいねっ!!

結局は、日本国民の切実な反対の声がグローバリスト連中によってことごとく踏みつぶされたうえで、東京五輪強行を通じて「破滅的事態」をも想定せざるを得ない状況になってきたってことだ。
改めて、ただ単に安倍政権や菅政権に怒っているだけでは「日本国民の疲弊や破滅」を食い止めるのは非常に困難であることがよく理解できたのではと思うし、多くの日本国民が、もっと俯瞰的(グローバル)な視点を持っては、日本の国家だけでなく世界の先進国が「国境を持たない巨大資本勢力」に思いのままにコントロールされている実情をよく知り、”彼ら”が推し進めているグローバリズムを止めるための思考や行動力を持つようになることを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事