新潮社が「新潮45」の休刊を発表!「杉田水脈全面擁護記事」で非難殺到の中で!「ここ数年部数低迷に直面し、試行錯誤の過程で無理が生じ、原稿チェックがおろそかになっていた」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年9月25日、自民党・杉田水脈議員による優生思想を伴ったLGBT憎悪を喚起する記事を掲載したことがきっかけとなり、多くの非難が集中していた月刊誌「新潮45」について、新潮社は公式サイト上で休刊させることを発表した。

・新潮社においても、同誌で杉田水脈議員を全面的に擁護する特集が掲載されたのを機に、社内で多くの批判が湧き起こっていることがメディアで報じられていた中、同社は「ここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていた」などと説明。深い反省の姿勢を見せた上で、「今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です。」と締めくくっている。

「新潮45」休刊のお知らせ

弊社発行の「新潮45」は1985年の創刊以来、手記、日記、伝記などのノンフィクションや多様なオピニオンを掲載する総合月刊誌として、言論活動を続けてまいりました。
しかしここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません。その結果、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」(9月21日の社長声明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します。
会社として十分な編集体制を整備しないまま「新潮45」の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました。
これまでご支援・ご協力いただいた読者や関係者の方々には感謝の気持ちと、申し訳ないという思いしかありません。
今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です。

2018年9月25日
株式会社 新潮社

【新潮社】

部数が全く伸びていなかった中、最後に「炎上商法」で派手に花火を上げた上で、「休刊」をもって”ヘイト言論人全員”を切り捨てた新潮社に対して、批判的な声も

↓新潮45を廃刊に追い込んだ、杉田水脈議員&小川榮太郎氏の「安倍カルトコンビ」。

出典:YouTube

ついに新潮社が、多くの国民から非難殺到中の月刊誌「新潮45」の休刊(実質的には廃刊?)を発表する事態になったわ。
ネット上では、「なぜあのようなヘイト丸出しの劣悪記事を出すに至ってしまったのか?」の詳しい検証や批判的な特集も組まずに、そのまま休刊にしてしまった新潮社に対して、苦言や批判も多く出ている状況ね。

何の反省もないままに、同じような記事を掲載し続けるよりは遥かにマシな対応をしたようには思うけど…確かに、何の検証も分析もなしに一方的に休刊にしてしまうと、「問題を直視せずに逃げた」との印象を多くの人々に与えかねないし、やはり、「炎上商法から休刊まで」の一連の流れが、「あらかじめ予定・想定されていたもの」との疑念も拭いきれない

どちらにしても、新潮社はそれなりに巧みに「最悪の事態」を回避した(=上手に泥船から逃げ出した)ように思えるし、(まんまと罠にはまったような形になった)杉田水脈議員と小川榮太郎氏の熱狂的な「安倍カルトシンパ」のコンビのみに、今後より批判が集中していく構図が固まってきたね。

ほんと、このご両者が見事に”自爆”するような形になってきたけど、一部メディアでは杉田議員がついに離党・除名処分にされるのではとの報道が出てきているわね。

これで彼らにとっての「居場所」がますますなくなってきた感じだけど、総裁選でもあそこまで歯切れの悪い擁護をしていた安倍総理が、果たして杉田議員を切り捨てることが出来るのだろうか?

そして、今回の騒動をきっかけに、安倍政権の興隆とともにここまで日本中で増長・増殖してしまった、ナチスさながらの優生学思想やヘイトスピーチをまき散らしている有名言論人(や安倍シンパ政治家たち)が本格的に粛正され、影響力を失う動きに繋がっていくのかどうか、今後の流れを注意深くウォッチしていくことが必要だね。

Pocket

 

 関連記事