【人命軽視】新聞配達のバイト男性(75)が死亡…台風19号襲来のさなか、車で仕事に向かう途中に流された可能性(福島・飯舘村)

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年10月14日、福島県飯舘村の用水路で、行方不明になっていた新聞配達のアルバイトの男性(75)が遺体で見つかったという。

・男性は、台風19号が襲来していた12日の夜、新聞配達のアルバイトのために南相馬市に車で向かった後、行方が分からくなっていたという。

・ネット上では、生命の危険が伴う台風の襲来にもかかわらず、男性がアルバイトに出ていた事態に対し、批判の声が殺到。”人命軽視”の日本のブラック労働システムに対し、強い危機感を唱える声が相次いでいる。

行方不明の75歳男性 遺体で見つかる 福島 飯舘村

~省略~

飯舘村によりますと、遺体で見つかったのは、川俣町の75歳の男性です。

男性は12日の夜、アルバイトの新聞配達のために車で南相馬市に向かったあと行方が分からなくなりました。

運転していた車は13日朝、村内の道路で運転席が水につかった状態で見つかりましたが、男性の姿は無く、警察や消防が捜索していました。

そして、14日午前9時半ごろ、近くの農地の用水路で、この男性の遺体が見つかったということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.10.14.】

生活に困窮している社会弱者が真っ先に殺される実情!「命がけ」で高齢者がバイトを強いられる、日本の”人命軽視”ブラック労働社会!

この、日本社会の「歪んだ現状」を如実に表したニュースに対して、ネット上で多くの反響が沸き起こっています。
あらかじめ「重大な危険」が指摘されていた台風19号の襲来のさなかに、新聞配達のバイトに出られるとは、この新聞社の従業員に対する管理体制は一体どうなっているのでしょうか。

まさに、生活に困窮している社会弱者が真っ先に犠牲になってしまう、先進国とは思えない日本社会の歪んだ実情を感じるとともに、70歳をゆうに超えた高齢者が「命がけ」でバイトを強いられるという、”人命軽視”ブラック労働社会の「狂った体質」を感じずにはいられない。
鉄道や航空などの交通関連の各社においては、事前に計画的に運行を中止するなどして、しかるべき対応を行なったように思えるけど、こうした対応に倣って、大きな気象災害が予想される際には、各企業は事前に業務の中止を決断し、すべての従業員に出勤しないように通達すべきだろう。

国家や自治体においては、一般市民の生命を最優先に保護する必要があることは言うまでもないけど、これは各経営者にとっても全く同じことがいえる。
しかしながら、経営者の間において、「従業員の健康や生命を最優先に保護する」との意識が徹底されているとはとても言い難く、企業の”目先の利益”を最優先に、今回の事態のように、人命軽視ともいえるような雇用体制で、劣悪な環境下で従業員を酷使しているようなケースが後を絶たない

長い目で見れば、従業員に対する労働環境を改善すればするほど、企業全体の生産性が上がっていくことに繋がるし、ひいては日本経済全体が活性化することに繋がってくるはずなんだけど…まさに、日本が世界の先進国と比べても成長が止まっているどころか、ますます衰退・劣化に向かっている原因こそ、こういう「人間らしい扱い」をしない”奴隷労働システム”にあるんじゃないかな。

恐らく、表に出ていないだけで、同じような環境下で、台風襲来のさなかに仕事に出ていた(出勤させられていた)人々が多くいたことが予想されます。
私たちは、こうした実情そのものが「異常事態」と考える必要がありますし、一般市民が主体となり一致団結していくことで、人命軽視の「ブラック労働体制(奴隷労働制度)」を変えていくことが必要なのではないでしょうか。

Pocket