【悪徳商法】産経新聞大阪本社に立ち入り調査!高額景品をエサに長期購読を勧誘&解約の際に高額な解約金を要求!

Pocket

どんなにゅーす?

・大阪府消費生活センターが、景品表示法違反の疑いで産経新聞大阪本社を立ち入り調査していたことが判明した。

・報道によると、大阪府内にある産経新聞の販売店が、商品に見合わない高額な景品を用いて一人暮らしの高齢者などに長期購読を勧誘。また、解約を申し出た際には、高額な解約金を要求されたとして、大阪府などに苦情が寄せられていたという。

産経大阪本社に立ち入り検査=高額景品で新聞契約-府消費生活センター

産経新聞の販売店が高額な景品で長期契約の勧誘を行っていたのは景品表示法に違反する疑いがあるとして、大阪府消費生活センターが同法に基づき、産経新聞大阪本社(大阪市浪速区)を立ち入り検査していたことが14日、分かった。
関係者によると、大阪府内にある産経新聞の販売店は、高額な景品と引き換えに1人暮らしの高齢者らに長期の新聞購読契約を勧誘。解約を申し出たところ、高額な解約金を求められたとして、府などに苦情が寄せられていたという。
景品表示法は、商品に見合わない高額景品を用いた勧誘を禁じており、これまで府は販売店に改善を指導していた。

【時事通信 2019.2.14.】

「安倍一派御用達新聞」の産経新聞によるヤクザまがいの悪徳商法が発覚!

出典:産経新聞

安倍一派の御用達メディアの産経新聞による悪徳商法が発覚したわ!
高額な景品をエサに長期購読を勧誘して、解約の際には高額な解約金を要求って、安倍シンパメディアに相応しいようなヤクザまがいのやり口ねっ!!

産経新聞と言えば、日頃から悪質デマ報道を量産しては、ことごとく名誉毀損裁判で敗訴している阿比留瑠比氏を筆頭に、気色悪いくらいに安倍シンパが集結している新聞社だけど、元来より、安倍一派と関係が深い統一教会などのカルト宗教と親和性の高い新聞社だし、今回の悪徳商法の発覚のニュースも、いかにも産経の体質を良く表しているね。

平たく言うと、筋金入りのペテン師である安倍総理と深い関係にある人物や団体は、その多くが「反社会的な勢力」であり、文字通りにヤクザカルト宗教、悪徳企業がウヨウヨだ。

本来であれば、安倍政権を一日も早くに完全に駆逐すると同時に、これら悪徳集団も揃って日本から一掃させるべきはずだけど、まずは(すでに大きく傾きかかっている)産経新聞をどうにかするのがいいかもね。
どちらにしても、これまでも日本国民を大きく惑わせる悪質なデマを大量に流してきた上に、このような悪徳商法で社会に害を与えているのだから、この会社は救いようがないといえるだろう。

一人暮らしの高齢者をターゲットにあくどい勧誘行為をやっているのも、産経新聞の企業体質をよく物語っているわ!
今よりも購読者をもっと多く増やしたいのであれば、真に国民にとって有益な記事を発信したり、権力の腐敗に鋭く切り込むスクープを量産することに力を入れていくべきだし、今回の立ち入り調査を機に、その他の新聞社も改めて気を引き締めて、まっとうな方法で購読者を増やしていく努力をしてもらいたいところね。

Pocket

 

おススメ記事&広告