【ゆるねと通信】「デパ地下閉鎖」した百貨店を安倍経産省が「店を開けろ」と恫喝、「完全独裁」企む安倍自民が改憲論議を”強行”、各自治体が自主的に「庶民支援策」を打ち出し!

Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。


(ゆるねと通信2020年4月12日号)

”3密”の「デパ地下」閉鎖した百貨店に対し、安倍経産省が会社幹部を呼び出し「なんて勝手なことをしてくれるんだ」と恫喝!

「なんて勝手」国が百貨店を非難 デパ地下休業で板挟み

~省略~

宣言が出る前の6日夜に公表された東京都の対応案で、要請範囲に百貨店が含まれていたこともあり、百貨店大手は7日に早々と当面の臨時休業を相次ぎ発表した。食料品フロアを含めて全面的に休むところも出た。

■経産省「なんて勝手なことを」

これに、政府側がすぐさま反応した。「なんて勝手なことをしてくれるんだ」。宣言が出た7日夜、大手4社のトップが東京・霞が関の経済産業省の庁舎に呼ばれ、宣言前に当面の休業を決めたことをそう非難された。

~省略~

【朝日新聞 2020.4.10.】

どう考えても、「デパ地下」はかなりの「3密状態の環境」だし、百貨店側が、利用客や従業員の健康と生命を守るためにデパ地下を閉鎖するのは当然のことだわ!
なのに、(今井首相補佐官筆頭の)「経産省の安倍一派」ときたら、百貨店の幹部をわざわざ呼び出して、「なんて勝手なことをしてくれるんだ」なんてすごみながら、営業を継続するように露骨に脅しをかけるなんて…!
こいつらどこまで腐ってるのよっ!?

とにかく、安倍官邸が休業要請をする以外の店舗については、どれだけ感染リスクが高かろうと「絶対に店を開けろ」ってことか。
ほんとに恐ろしい連中だし、これで、万一利用客や従業員がコロナに感染して死亡しても、恫喝している本人らは一切の責任を取る気もないのだから、もはや「真性棄民政権」を超えて「真性殺人政権」といってもいいのではないかな?

どうやら、今も百貨店側は官邸からの恫喝を受けながら、営業するか否かを悩んでいる状態みたいだけど…どうか、安倍一派の卑劣な脅しに屈せずに、賢明で冷静な判断をしてもらうことを願っているよ。

 

「完全独裁」(緊急事態条項)実現を企む安倍自民が、コロナ禍の最中に改憲論議を”強行”!


出典:ameblo.jp/usinawaretatoki/

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事