■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【一体何が】内閣府大臣官房審議官・酒田元洋氏が北穂高岳山中で遺体で見つかる…安倍元総理の「桜疑獄」において「招待者名簿をシュレッダー廃棄した件」を野党議員に説明!

【一体何が】内閣府大臣官房審議官・酒田元洋氏が北穂高岳山中で遺体で見つかる…安倍元総理の「桜疑獄」において「招待者名簿をシュレッダー廃棄した件」を野党議員に説明!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年10月24日、岐阜県警高山署が、内閣府大臣官房審議官・酒田元洋氏が北穂高岳の山中で遺体で発見されたことを発表した。同署によると、酒田氏が登山中に落石に巻き込まれ転落した可能性があるとみているという。

酒田氏は、内閣府の官房課長を務めていた2019年11月に、安倍元総理が抱えていた「桜疑獄」において、招待者名簿をシュレッダーで廃棄した件などを野党議員に説明。ネット上ではこの事態に様々な憶測の声が上がっている。

北穂高岳で発見の遺体 内閣府の酒田元洋審議官と判明

岐阜県高山市の北穂高岳山中で11日に男性の遺体が見つかり、県警高山署は24日、男性は東京都北区西が丘、内閣府大臣官房審議官、酒田元洋さん(53)と判明したと発表した。酒田さんは登山道から約200メートル下で、直径50センチほどの複数の岩石の下敷きになって見つかった。死因は多発外傷で、同署は酒田さんが落石に巻き込まれた可能性があるとみている。

同署によると、酒田さんは9月18日から2泊3日の予定で1人で入山。同20日に妻が「連絡が取れない」と長野県警に通報した。

~省略~

酒田さんは内閣府の総務課長を務めていた2019年11月、安倍晋三元首相の「桜を見る会」に関する野党追及本部会合で、招待者名簿を職員が大型シュレッダーで廃棄した経緯などを説明した。【黒詰拓也】

【MSN(毎日新聞) 2021.10.24.】

安倍元総理の重大疑獄事件(桜疑獄)の「証拠隠滅」に関わった疑いがある内閣府の大臣官房審議官が穂高岳の山中で遺体で見つかる…

これはまた何とも「不可解かつ衝撃的な事故」が発生しました。
果たして、単なる事故なのか、それとも「何かの深い事情」が介在しているのか…当然のごとく、ネット上では様々な憶測が飛び交っています。

ボクもこのニュースを聞いた時にかなりびっくりしたし、図らずも、JOCの幹部職員が、東京オリンピックの強行開催直前に「不可解な事故死」を遂げたことを思い出してしまった

●過去参考記事:
急死したJOC経理部長・森谷靖さん、関係者が「とにかくマジメで優秀」「芯が強く、不正と闘うタイプの人」と証言!→ネットでは「ますます森友事件と重なる」との声!あの”事故”が

この”事故”が発生した時も、当初はマスコミが軽く概要を報じたものの、その後山下会長らが堂々とマスコミに恫喝をかけつつ)「誤って電車にぶつかって死亡した」という情報が流されたのを機に、続報が不自然な程に途絶えてしまったし、今回の件は一体どうなるのかな。

今の所、報じられている内容を見聞きする限り、酒田氏は登山中に落石に巻き込まれたか、誤って崖下に転落した可能性がありそうだけど、これらの報道内容が全て本当かどうかがわからないし、何といっても、これまでも、森友事件を筆頭として、安倍元総理が抱える重大な疑獄事件の裏で下層の政府職員が死亡してきたケースがある。
現在伝えられている内容だけだと、これ以上色々と推測することは難しいけど…この先、週刊誌で様々な続報や裏事情が報じられる可能性もあるし、この先続報に注意しておく必要がありそうだね。

そうですね。
(たった一人でこんなにも高く危険な山に登ったというのも、いささか不可解な気もしますが…)果たしてこの事故の内情がどこまで報じられるのか、マスコミのこの先の動きについてもよく見ておきたいと思います。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事