■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【すげぇ~!】東京五輪汚職事件、東京地検特捜部がAOKI・電通・大広・KADOKAWAに続きパーク24(竹田恒和元JOC会長が取締役)も家宅捜索!戦後最大級の疑獄事件に発展する可能性も?

【すげぇ~!】東京五輪汚職事件、東京地検特捜部がAOKI・電通・大広・KADOKAWAに続きパーク24(竹田恒和元JOC会長が取締役)も家宅捜索!戦後最大級の疑獄事件に発展する可能性も?
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年9月7日、東京五輪大規模汚職事件において、東京地検特捜部が(竹田恒和元JOC会長が社会取締役を務める)駐車場運営大手・パーク24の家宅捜索を行なった。

・特捜部はこれまで、AOKI・電通・大広・KADOKAWAと様々な業界の大手企業へのガサ入れを行なっては、業界の主要人物を次々に逮捕しており、文字通り、戦後最大級の疑獄事件に発展していく様相をみせている。

パーク24本社を捜索 五輪「駐車場」スポンサー―東京地検

東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は7日、事件の関係先として、大会スポンサーだった駐車場運営大手「パーク24」本社(東京都品川区)を家宅捜索し、同社幹部から任意で事情聴取した。関係者への取材で分かった。

~省略~

同社は2018年8月、「駐車場サービス」分野で下位スポンサーのオフィシャルサポーター契約を組織委と締結したと発表した。

同社関係者はこれまでの取材に、高橋容疑者との接点はないとし、スポンサー仲介を否定。同容疑者が会長を務めるコンサルタント会社「コモンズ」や、知人の深見和政容疑者(73)=受託収賄容疑で逮捕=が社長を務める「コモンズ2」についても「取引や資金提供はない。スポンサー契約は電通のみと取引した」と話していた。

【時事通信 2022.9.7.】

東京地検の“最終ターゲット”は誰だ? AOKI、KADOKAWAにつづき「パーク24」も家宅捜索

東京地検はどこまで捜査を拡大するつもりなのか。五輪汚職事件の関係先として、東京地検特捜部は7日、大会スポンサーだった駐車場サービス「パーク24」の本社を家宅捜索した。幹部の任意聴取もはじめたという。特捜部による家宅捜索は、AOKI、KADOKAWA、大広とつづいている。

「パーク24」は2018年8月、大会組織委とサポーター契約を結んでいた。

~省略~

東京地検は、高橋容疑者にワイロを渡した企業は他にないのか、スポンサー企業を次々に呼んで事情を聴いているという。次に立件されるのは、大広関連なのではないか、という臆測も飛んでいる。

捜査はどう進むのか。地検特捜部はなにを狙っているのか。

「収賄で逮捕されたAOKI側は容疑を認めていますが、高橋容疑者は“身に覚えがない”と容疑を否認しているといいます。恐らく地検特捜部は、時間をかけて高橋容疑者と対峙するつもりなのでしょう。一度逮捕すると、勾留期間は20日間ある。AOKI案件、KADOKAWA案件……と、再逮捕を3回繰り返せば、勾留期間は80日間になる。東京五輪のスポンサーは60社以上あった。特捜部は各社から話を聴くと同時に、高橋容疑者が経営していたコンサルタント会社『コモンズ』と、知人が経営していた『コモンズ2』の銀行口座を徹底的に調べているはずです」(捜査事情通)

~省略~

【日刊ゲンダイ 2022.9.8.】

特捜、(IOC委員への贈賄疑獄で仏検察から取り調べを受けた)竹田恒和元JOC会長が取締役を務めるパーク24にガサ入れ!森喜朗氏の逮捕も間近か?(竹中平蔵氏も…?)

森喜朗元首相は逮捕される? AOKI前会長が「200万円手渡した」報道 東京五輪めぐる汚職事件

~省略~

はたして、森氏は罪に問われるのだろうか。元東京地検検事の西山晴基弁護士に聞いた。

●収賄罪または受託収賄罪に問われる可能性あり

――もし「200万円の提供」が本当にあったとしたら、罪に問われる可能性は?

森氏が「その職務に関し」て、AOKIに供与する便宜の対価として金銭を受け取ったのであれば、それは「賄賂」であり、森氏は収賄罪または受託収賄罪、AOKI前会長は贈賄罪に問われる可能性があります。

――どのような便宜供与があったと考えられるか?

現在、高橋治之元理事(=受託収賄容疑で逮捕=)がAOKIから金銭の提供を受けたとされる事件の捜査が進んでいます。

高橋元理事がAOKIから受けた依頼は(1)スポンサーへの選定、(2)公式ライセンス商品の速やかな承認、(3)追加協賛金(スポンサー料)の減免であった疑いがあるとされています。

報じられているような、高橋元理事が森氏にAOKI前会長を紹介した経緯を踏まえると、森氏にも(1)〜(3)の話を通していた可能性があります。

~省略~

●録音データから明確な記録があれば「立件」の可能性は高い

――「がん治療のお見舞いだった」という弁解については?

森氏やAOKI前会長からすると、見舞金としてはありえなくない金額かもしれません。

高橋元理事の事案とくらべると、提供された金銭が少額である分、別の趣旨の金銭であったという弁解は通りやすくなります。

しかし、面会時の録音などから、AOKI前会長から森氏への便宜供与の依頼があった事実が明らかであれば、金銭提供の趣旨が明確になるため、この弁解を付き通すことは困難になります。

また、そもそも、AOKI前会長が、従前から森氏と仕事とは別に私的関係があったのであればともかく、そうした関係性が特段ない森氏に対して、仕事を離れて見舞金として金銭を提供するというのも不自然です。

~省略~

●証拠がそろったら逮捕も視野に入っているかもしれない

――想定される捜査状況と今後の見込みはどうか?

特捜部は、面会時の録音等の物証から、すでに便宜供与の話があったことや金銭の提供があったことを把握している可能性があります。

そもそも、AOKI前会長が森氏に200万円を提供したことを自ら供述するメリットは少ないことから、否定できない物証を突き付けられて供述するに至ったのだと思われます。

特捜部は、今後も、AOKI前会長に対して、物証を武器にして、新たな供述を引き出す取り調べをおこない、全容解明を進めていくでしょう。

~省略~

また、AOKI前会長は、高橋元理事を介して、森氏の周辺人物やその他関係者にも広く金銭を提供していた可能性もあります。

これまで二転三転させてきた森氏の供述状況を踏まえると、特捜部は、証拠がそろった場合には、森氏の逮捕も視野に入れているかもしれません。

~省略~

【弁護士ドットコム 2022.9.6.】

(私たちはずっと前から言い続けてきましたが)まさしく「薄汚れた東京五輪」の実態が、今になって本格的に暴かれていく流れが確実なものになりつつあります
パーク24は、あのIOC委員への贈賄疑惑で仏検察から取り調べを受けた竹田恒和元JOC会長が社外取締役を務めている企業ですし、同じくIOC贈賄疑惑でも名前が挙がっていた高橋治之容疑者とも接点を持っている可能性が高そうです。

「いよいよ、森喜朗氏の逮捕も間近か?」との論調がネットメディアでも盛り上がってきたけど、このままいくと、大広の幹部に続いて竹田恒和氏も逮捕されそうな雰囲気になってきたし、すでに重要な証拠が揃っていれば、いつ森喜朗氏が逮捕・勾留されてもおかしくない状況といってもいいだろう。

管理人さんは、安倍元総理の暗殺事件以降、「日本国内の権力構造の大きな変革が起こっている」ことを指摘し、統一教会追及キャンペーンやこの五輪疑獄における特捜の動きも、全て「安倍暗殺事件」に端を発していると指摘してきましたが、清和会のドンでもある森氏が逮捕されれば(世界支配層による)「安倍一派の大量粛清」の流れはいよいよ確実なものとなるでしょう

森氏と並んでボクが注目しているのは、安倍氏暗殺後の「竹下平蔵氏の動き」だ。
まるで雲隠れするかのようにパソナやオリックスのトップから退き、以降すっかり鳴りを潜めてしまっているけど、これというのも、安倍氏が暗殺されたのに続いて「次は自分の番だ」と悟ったことで、そそくさと”店仕舞い”し表舞台から消えてしまったのではないか?

パソナは、東京五輪でも莫大な利権を築いては暴利をむさぼりましたし、東京地検が”さらなる本気”を出せば、五輪関連業務における数々の不正を調べ上げて彼を逮捕することも十分に可能でしょう。

森氏に加えて竹中氏も逮捕されれば、まさに、日本の権力構造において「劇的な変革」がもたらされるのは間違いないし、果たして特捜がどこまで”大掃除”を推し進めていくのか、当分目が離せない展開が続いていきそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事