裁量労働制の”データ捏造”から一気に風向きが変わった安倍政権!背景には青木&二階の反乱と”面従腹背”官僚の反旗!?

Pocket

どんなにゅーす?

裁量労働制の”データ捏造”に加えて、森友公文書の偽造が発覚したことで、一気に”盤石”の空気が一変してきた安倍政権

・こうした事態が勃発した背景には、「青木・二階」などの自民党内の”反安倍勢力”の反乱に加え、財務省や厚労省の”面従腹背系官僚”が安倍政権に反旗を翻した可能性を唱える声が出てきている。

1強体制に異変…裁量労働制断念から始まる「安倍降ろし」

■官邸の意向を軽んじ始めた自民党

つい最近まで、首相周辺は「裁量労働制の拡大」も強行突破できると甘く考えていた。しかし、先週23日(金)に自民党内から「裁量労働制拡大」の分離案が浮上すると、風向きが変わったという。27日の自民党の厚労部会では「法案審議が持たない」と公然と批判が噴出。

決定的だったのは、二階幹事長が官邸の要望を無視して「予算案の衆院通過」を1日遅らせたことだ。しかも、わざと官邸の耳に入るように「自民党は官邸の下請けじゃない」とドスを利かせている。「安倍1強」のこの5年間、自民党が官邸の命令に逆らうことは、ほぼ皆無だった。

官邸の意向を、党が軽んじるようになったら、政権は長くないのが過去のパターンだ。江田憲司衆院議員も、ツイッターでこうつぶやいている。
<官邸主導だった政治に、党が一矢報いたということ><私の経験からも「官邸主導」が「党主導」になっていくと政権の終わりが見えてくる>

それでなくても、安倍首相は、総裁3選できるのかどうか、不安を強めているという。「安倍1強」を支えてきた有力派閥の“安倍離れ”が顕在化してきたからだ。

なかば公然と“反アベ”で動きだしているのが、かつて“参議院のドン”と呼ばれた青木幹雄氏(83)だ。周囲に「まだ総裁選まで半年ある」「なにが起こるか分からない」と漏らしているという。

「額賀派に所属していた青木さんは、いまでも隠然たる力を持っています。とうとう“親アベ”だった額賀さんを派閥領袖から外してしまった。秋の総裁選では、衆参54人の第3派閥を“反アベ”でまとめるつもりでしょう。青木さんを無視できないのは、第4派閥“岸田派(47人)”の実質的オーナーである古賀誠と、第5派閥“二階派(44人)”のトップ二階俊博とツーカーだということです。青木―古賀―二階の3人の共通点は“安倍1強”に不満を強めていることです。3つの派閥が手を組めば、総裁選の構図はガラリと変わってきます」(自民党関係者)

【日刊ゲンダイ 2018.3.3.】

すっかり”安倍一強”に染まってしまった自民党に、「安倍打倒」の余力は残されているのか!?

出典:Wikipedia

日刊ゲンダイさんが、安倍政権がガタつき始めた背景に、「青木・二階」のホットラインが存在していることを報じているわ。
確かに、この話が全て本当であれば、次の総裁選において、一気に「安倍3選」に暗雲が立ちこめてくることになりそうだけど…果たしてそうなるのかしら?

例えば、二階氏は完全なタヌキ親父だし、本当に安倍政権が終わりそうになった際には、恐らくあっさりと見捨てて、「新たな領袖」に付くことになるんだろうけど…残念ながら、ボクにはまだそこまで「安倍政権の終わり」がはっきりと見えるようには感じられないというのが素直な感想だ。

二階氏はともかく、青木幹雄氏なんてのは今でもどこまで権力があるのかがやや疑わしいのと、やはり大きいのは、安倍政権のバックに付いている、日本会議系カルト宗教やそれと密接に連携しているJC(日本青年会議所)、さらにはアベ友マスコミ陣や言論人、そしてアパやDHCをはじめとした経済界の支持勢力etc…これらの”一団”がとにかく圧倒的な資金力を持っており、かなり強力であるという現実だ。
これらはまさしく「カルト」なので、安倍総理がどんな凄まじい犯罪行為を犯そうと、無条件に熱烈に支持・支援し続けるし、その上で、政権を批判する人々や組織をその潤沢な資金力を使って攻撃・妨害工作を行なっているという実情がある。

これはやはり、安倍一族が、明治維新を機に(欧米グローバル資本勢力から)日本で特別な地位を与えられた、”長州テロリスト勢力”のルーツを持つ家系であり、CIAエージェントだった祖父の岸信介同様に、シオニスト系グローバリストと非常に密な関係を築いてきたことが大きい。

確かに、長州閥系の安倍ファミリーやその親戚たちは、政界や官僚、経済界にも根を張っているし、それと比べれば、二階さんや青木さん、そして石破さんや岸田さんや野田さんも全く太刀打ちできないくらいに、(グローバリストから売国を任される)血筋としては日本国内で圧倒的に弱いわね。

まあ、後は、裁量労働制の捏造森友文書偽造が発覚した背後に、”面従腹背系官僚”の反乱が起きている可能性もあるけど、これもどこまで安倍政権に強力なダメージを与えられるのかがまだまだ不透明だ。

なんせ、前川氏のような「政治家にもの申す”矜持”を持つ官僚」がいる一方で、佐川氏のような自ら尻尾を振って「汚れ役」に徹してでも政権に尽くすような「忠犬官僚」も存在しており、彼らが政権から非常に強い権限を与えられてしまっているからね。
安倍官邸が官僚の人事権を実質的に強固に掌握する仕組みが作られてしまった以上、果たして、従来のような「官僚の反乱」が現政権の激震にまで発展するのか、ボクは現時点ではやや疑わしく思っているよ。

第一次安倍政権が破綻したときは、マスメディア各社も「我こそ」と言うばかりに安倍バッシングを繰り出しまくっていたけど、今は当時とはガラッと変わってしまってて、いまだに官邸やカルト系ネット民に気を遣いながら、慎重な報道に徹している有様だわ。

そう考えると、安倍政権が本格的にピンチに陥るには、まだまだ”燃料”が足りなさそうね。

確かに、従来までの「無双状態」は大きく崩れた感はあるものの、よほど国民の間で大きな「安倍打倒運動」が起こったり、日本をコントロールしている「ご主人様(ワシントンのグローバリスト)」が本気で安倍総理に引導を渡そうとしない限り、この状況でも安倍政権が乗り切ってしまう要素はまだ多く残されていると見ている。
ここでさらに、政権を大きく揺るがすような凄いスキャンダルが出てくると、結構様子が変わってくる可能性も大いにあるんだけど…果たして、これでも安倍総理や佐川氏は国民を騙し騙ししながら最後は乗り切ってしまうのか、今後の展開を注視していくとしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket