小沢&前原&小池の「ドタバタ劇」の内幕!安倍総理を解散に”おびき出す”ために、前原氏はあえて共産との共闘に後ろ向きな発言をした!?

Pocket

どんなにゅーす?

・衆院選挙が安倍政権の事実上の大勝に終わった中、野党大共闘を模索していた小沢氏を中心にした前原氏&小池氏のドタバタ劇の内幕の”一部”が、田中龍作ジャーナルにて明かされている。

前原代表の「想定外」だった 野党大合併、頓挫の理由を明かす

大合併による新党構想は民進党代表選挙前から進んでいた。田中は代表戦の最中に小沢・自由党代表に近い筋から小沢・自由党代表のシナリオを聞かされていた。夏真っ盛りの頃である。

前原圧勝を読んでいた小沢は代表選が告示(8月21日)される前から腹心を民進党から離党させ日本ファースト(当時・のちに希望の党)に送り込んでいた。

小沢のシナリオはこうだった―
まず民進、自由、社民で合併する。その後、日本ファーストとも一緒になる。

安保法制が強行採決された2015年秋ごろから小沢と共産党の志位委員長は会合を重ねてきた。

共産党が下ろせる選挙区は大胆に下ろす。野党共闘という名の候補者調整は翌夏(2016年)参院選で実った。

小沢は民進党の前原代表とも会合を重ね薫陶を授けてきた。

枝野を退けて新代表に選ばれた前原はテレビ番組のインタビューで、共産党との選挙協力に否定的な発言を繰り返す・・・野党共闘は成立しない。勝てると踏んだ安倍首相は解散に打って出た。安倍は まんまと おびき出されたのである。

9月28日午前、安倍が衆院を解散すると、前原はその日の午後、両院議員総会で希望の党との合流計画を発表。民進党の議員たちは満場一致で了承した(異論も出たようだが)。

小沢が小池百合子と水面下で続けていた交渉は、実を結んだかに見えた。

【田中龍作ジャーナル 2017.10.20.】

今や小沢氏は小池都知事と電話すら繋がらなくなったとのこと…

田中龍作ジャーナルになかなか興味深い話が出ているから紹介しようと思うわ。

なんでも、小池さんを担ぎながら野党大共闘を実現させて安倍政権を倒す計画は、民進党の代表選前から存在していて、前原さんが代表になった時点で共産党と共闘することに後ろ向きな発言を繰り返していたのは小沢さんからの指示で、これは安倍総理を解散総選挙におびき出すための罠だったらしいわよ。

しかも、小池氏による「排除宣言&踏み絵」によって、野党大共闘が完全に破綻した後、小沢氏は小池氏とは電話すら繋がらなくなったらしいね…(^^;

これが全て本当なのであれば、いよいよボクが以前から疑っていたように、「小池氏は小沢氏を裏切っただけだけでなく、希望の党を”自壊”させてまで安倍政権の勝利の後ろ盾を行なった」ことになるだろうし、色々ときな臭い謀略の匂いを感じてしまうね。

とにかく、大前提として捉えておかなくてはならないのは、小池氏はついこの前まで安倍政権とも近親的な自民党議員だったことや、小泉氏や竹中平蔵氏とも密着しているバリバリのグローバリストでもあり、日本会議国会議員懇談会の元副会長であったことなどの数々の事実だ。

こんなバックグラウンドを持つ小池氏が、強力な「反安倍の急先鋒」として祭り上げられること自体が、壮大なグローバリストによる茶番劇だと言われても仕方ないだろうし、小池氏が「うっかりミス」で”自滅”したにしても意図的な工作で”自壊”したとしても結局は、ネオコン軍産勢力が日本に押しつけている「憲法改悪の流れ」に繋がってしまう展開を呼び込むことには変わりなかったと言うことだろう。

 

正体不明の前原氏、そして壮大な失敗を犯してしまった小沢氏!?

↓(グローバリストによるジャパンハンドリングの”総本山”とも言われる)CSISで講演する前原氏。

出典:阿修羅

結局、前原さんと小沢さんは、小池さんに完全に騙され、裏切られてしまったということかしら?
それにしても、限られた情報の断片を見るだけでは、不可解でおかしな部分がどうも残ってしまうわ。

野党共闘を完全にぶち壊してしまった張本人で、ネット上でも怒りの声が殺到し、早くも民進党の代表を辞任する話が出てきてしまっている、相当な大チョンボをやらかしてしまった前原氏だけど…これがまた選挙では余裕の勝利を収めてしまっているのが、何とも奇妙だね。
(小泉進次郎氏といい、CSISやCFRなどのグローバリストの工作機関とゆかりがある政治家は、何故か選挙に非常に強いケースが多い。)

若い頃より、アメリカを拠点にしているグローバリストやネオコン系幹部たちと盛んに交流してきた前原氏は、やはりどうしても怪しい部分がつきまとうし、小沢氏も、もし本当に小池との共闘を通じて自らの権力を復古させようとしていたのだとすれば、あまりにも人を見る目がなく、完全に策に溺れてしまったと言わざるを得ない。

…しかし、こうした一連のスッタモンダの挙げ句に選挙が行なわれた「結果」そのものを見たところ、これが意外にも、この分裂劇は「完全な大失策」とも言えなかったような気もしてくるね。

 

野党共闘崩壊の代わりに生まれた立憲民主とその大躍進によって、グローバリストのシナリオに狂いが生じたか?

それが、枝野さんの立憲民主の大躍進と、野党第一党に君臨した状況が生み出されたことね。
TVではついこの前までの「小池アゲアゲ」がウソみたいに、今度は小池叩きが揃って展開されちゃってるし、結局、この選挙は安倍総理にとっては良かったのか悪かったのかよく分からない状況になってるわね。

そうした「なんとも言えない心境」が先日の会見の表情にも表れていたし、メディアが突如として希望の党や小池氏を叩き出した背景についても、慎重に見極めていく必要がありそうだ。
希望の党の党内では早くも「小池退陣論」が噴出している中で、本人は今後も居座ろうとしているみたいだけど…今後も色々な意味で「相当に怪しい」小池氏の動向に注意していく方が良さそうだ。

恐らく、安倍政権とその背後に控えるグローバリストが描いていた”最適な展開”は、安倍政権の勝利と、希望の党のほどほどの議席増に伴う野党第一党と、この両者がタッグを組む憲法改悪だったのではないだろうか。
しかし、実際にはこれと全く違った展開になった上に、大手メディアでも立憲民主に対する高い支持率が出てきているので、ボクたちはせっかく生み出されたこの流れを手放してしまわないように、新たな安倍政権打倒の展開に期待したいところだね。

もし、「この流れ」まで想定した上で小沢さんが動いていたのだとしたらほんとにスゴいことだけど、果たしてどうなのかしらね。
この先、立憲民主の支持がさらに上がってくれば、自民党内の反安倍勢力もこの流れに便乗して安倍下ろしに動いていく可能性もあるし、今の状況としては決して悪くはないんじゃないかしら。

そうだね。
こうしてみても、世界の情勢と連動しながら本当に複雑なパワーバランスで日本の政治が動いている印象だけど、今後の展開を注視していくこととしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket