■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】関東連続強盗事件で現役自衛官が関与!、ファイザー・ブーラCEOの犯罪行為を海外ジャーナリストが徹底追及!、(狂気の優生思想に取り憑かれた男)成田悠輔氏に”経歴詐称疑惑”が浮上!

【ゆるねと通信】関東連続強盗事件で現役自衛官が関与!、ファイザー・ブーラCEOの犯罪行為を海外ジャーナリストが徹底追及!、(狂気の優生思想に取り憑かれた男)成田悠輔氏に”経歴詐称疑惑”が浮上!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2023年1月21日号)

関東連続強盗事件で現役自衛官が本格関与の異常事態!→マスコミは事実関係を淡々と流すだけ…「なぜ実名が隠されているのか?」との疑問も!

犯行メンバーに自衛官も…狛江事件の発覚は千葉県警の通報 関東で相次ぐ強盗

東京都狛江市の住宅で大塩衣與さん(90)が手を縛られて亡くなった強盗殺人事件。一夜明けた20日も、事件現場の周りは、広い範囲で規制が敷かれたままでした。

~省略~

千葉県警が情報を入手したのは、別の強盗事件がきっかけです。千葉で今月12日、貴金属店が3人組の男たちに襲撃されました。このときの容疑者の1人だった現役の自衛官(23)が14日に出頭。携帯電話を解析したところ、「大塩さん宅を狙った強盗」「ピンポイントで狙う」という主旨のやり取りが残されていました。

2つの事件にどんな関連性や共通点があるのか、これ以上のことはわかりません。ただ、関東では、窃盗や強盗事件が連続しています。わかっているだけで、去年10月から狛江の事件を入れると10件。東京都、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県とほぼ全域で襲われています。

~省略~


【テレ朝news 2023.1.20.】

 

関東地方で連発している高齢者宅や店舗を狙った一連の強盗死傷事件において、現役の自衛官が関与している実態が浮かび上がってきました。
おまけに、この事件以外でも現役自衛官が強盗事件を起こして逮捕されていますし、まさに日本の国家や社会の根幹を揺るがす異常事態であるといえるでしょう。

陸上自衛官を強盗致傷容疑で逮捕 女性をメリケンサックで殴る?

千葉県警四街道署は18日、マンションに侵入し、女性を殴って現金を奪った強盗致傷と住居侵入の疑いで、千葉市花見川区、自衛官、古屋聡一朗容疑者(28)を逮捕した。古屋容疑者は陸上自衛隊習志野駐屯地の第1空挺団第2普通科大隊に所属する3等陸曹。容疑を否認している。

逮捕容疑は昨年11月14日午後1時~1時15分までの間、同県四街道市四街道のマンション一室で、女性(40)の頭部などをメリケンサックとみられる凶器で殴り、現金を奪ったとしている。被害女性によると奪われた現金は110万円。

同日午後1時15分ごろ、近隣に住む女性が「男女の争うような声が聞こえた」と110番通報。防犯カメラの映像などで特定に至ったという。古屋容疑者と被害者に面識はなかった。

~省略~

【産経新聞 2023.1.18.】

一連の連続強盗事件については、下層の実行犯の上部に暴力団や国際詐欺組織などの”大元”が存在している可能性が高く、これらは(中国や朝鮮などの)外国の非合法組織に繋がっている疑いもある状況の中で、何と現役の自衛官が関わっていたという驚愕の事実が明らかになった。
まさに、日本の防衛組織における危機的状況だし、国を守る自衛官の中に、外国の非合法組織のスパイか(半グレやギャングなどを統括している)朝鮮暴力団や中国マフィアの手下のような人物が複数自衛隊の中に入り込んでいる疑いが強まってきたというのに、マスコミはこの事態を驚くほどさらっと流している上に、所属している部隊や実名等すべてを隠して報じているけど、一体どういうことだろう?

名前が隠されているのは警察による捜査の都合上である可能性もありますが、いずれにしても日本の自衛隊に凶悪な反社会勢力が入り込んでいる実情が明らかになり、まさに、日本の国家秩序や防衛の根幹を揺るがす事態であることは間違いありません。

この様子だと、自衛隊の中に複数の強盗犯や海外の犯罪組織の関係者が潜んでいることを疑わないといけないし、ありとあらゆる側面において、日本の国家秩序が危機的状況に置かれているうえに、(反社会勢力による強盗などの犯罪行為からグローバルエリートによるバイオテロに至るまで)一般市民の安心・安全が戦後かつなかったまでに脅かされているといえそうだ。

 

気骨ある海外のジャーナリストが、ダボスにやってきたファイザーのブーラCEOの犯罪行為を徹底追及!記者「ワクチンに予防効果がないと知ったのはいつですか?なぜこれを秘密にしていたのですか?」「ワクチンを爆買いした国に返金すべきでは?」「人々が疲弊する裏で大儲けした気分はどうですか?」「あなたのワクチンで毎日死んでいく若者について言うことはありますか?」ブーラ「・・・・・・」

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事