【恐ろしい】オウム事件7人の死刑囚の移送が突如始まる!前代未聞の大量死刑執行を警戒する声も!有田議員「『執行とは直接関係ない』と法務省から説明」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年3月14日、オウム事件で死刑が確定している計7人の死刑囚に対して、突如一斉に移送が始まったとの報道があり、ネット上が騒然としている。

・オウム事件死刑囚の死刑執行については、安倍政権が支持率アップや話題作りのために利用するのではとの声が以前から上がっており、森友疑獄とも関連した、かつてないまでの「大量死刑執行」の可能性を警戒する声も上がっている。

“オウム”死刑囚7人の移送開始、東京から他の拘置所へ

オウム真理教をめぐる一連の事件では、元代表の麻原彰晃、本名、松本智津夫死刑囚(63)ら13人の死刑が確定しています。
死刑囚は東京拘置所に収容されていますが、関係者によりますと、法務省は、14日朝から一部の死刑囚を他の拘置所に移送し始めたことが分かりました。これまでに誰がどこの拘置所に移送されたかは、分かっていませんが、7人の死刑囚が移送されたということです。
オウム真理教を巡っては、全ての刑事裁判が終結していて、松本智津夫死刑囚らの執行の検討が本格化しているとの見方があり、関係者によりますと、法務省は、死刑囚を死刑が執行できる全国7か所の施設に分散して収容することが検討されてきたということです。

【TBS News 2018.3.14.】

 

(北のミサイルが使えなくなった今)安倍政権、ついに「森友疑獄隠し」にオウム事件を利用か!空前絶後の大量死刑もあり得るのか!?

ま、また何とも不気味なニュースがにわかに出てきたわね…っ!
今度は安倍政権は一体何を企んでいるのっ!?

オウム事件の裁判が一通り終結した中で、以前より、オウム事件を安倍政権が支持率アップのために利用する可能性は一部でささやかれてきたけど、まさか「このタイミングで」これをやり始めるとは
確かに、今や北朝鮮のミサイルも封じられてしまった今、政権の不祥事を隠すには、よほどのセンセーショナルなニュースが必要であり、羽生選手の国民栄誉賞くらいではとてもではないけど話を逸らすことは出来ない。

また、(法務省が有田氏に説明しているとおり)もし直接的に死刑執行に結びつくものではないとしても、国民に様々なインパクトを抱かせ、メディアがこれを大きく報道するだけでも一定の効果があるし、「大量死刑も辞さない強硬的で過激な安倍政権」という印象を全ての人が抱けば、例えば現在、メディアなどへの告発を検討している財務省などの官僚の心象に何らかの影響が出る可能性もあるし、安倍政権に強く反発している国民をいくらか萎縮させる効果もあるかもしれないね。

管理人さんが警戒してきたとおりに、まさしく「あらゆる手段を選ばない」恐ろしい政権ね…。
近畿財務局職員の死もあまりに謎だらけな中で、またも「死」を連想させる”パフォーマンス”を繰り出してきたのは本当に怖いし、オウム死刑囚の今後の行方についても気をつけてみておかないといけないわね。

世界では死刑に対してより縮小・廃止する方向に向かっている中で、果たして、前代未聞&空前絶後の大量死刑執行はあるのか?
警戒しつつ今後の動きをウォッチしていこう。

おススメ記事&広告

 
Pocket