オバマ氏と安倍総理との「謎の寿司会談」にトランプ大統領が激怒か!?背後で「トランプ潰し工作」を続けるオバマに軽率に会ってしまう総理のKYさ!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年3月25日、来日したオバマ前大統領と安倍総理が「寿司会談」を行なったものの、これにトランプ大統領が激怒しているとの情報が出てきている。

オバマ氏は現在もワシントンに居残りながら、ユダヤ人投資家ジョージ・ソロス氏らとともに「トランプ潰し工作」を陰で続けているといわれており、この内情をよく知るトランプ大統領が安倍総理に対し、強い不信感や不快感を持ったのは間違いないものと見られる。

トランプがブチ切れ 安倍&オバマ“仲良し寿司会談”の軽率

昨秋のトランプ来日時、安倍首相は「首脳同士がここまで濃密に、深い絆で結ばれた1年はなかった」と言っていたが、完全に“勘違い”だったのか。それとも、トランプの逆鱗に触れるようなことがあったのか。

一因とみられているのが、25日のオバマ前大統領との“寿司会談”だ。4年前の来日時同様、銀座の高級寿司店で昼食を取りながら会談。「昔話で盛り上がった」などと喜んでみせたが、これが失敗だった。

元外務省国際情報局長の孫崎享氏はこう言う。

「トランプ大統領は、オバマ前大統領の施策を全否定することで大統領選を勝ち抜いてきたわけです。もちろん、オバマ氏も選挙中から鋭くトランプ氏を批判してきました。トランプ氏が、仇敵のオバマ氏と安倍首相の会談日程を知り、『これまでの親密姿勢は一体なんだったんだ』と考えてもおかしくありません。安倍首相の行動は明らかに軽率でした」

【日刊ゲンダイ 2018.3.28.】

トランプの天敵オバマと「謎の寿司会談」を行なった安倍総理、いよいよ安倍&トランプの「偽装蜜月」は完全終了か!?

当サイトでも以前に取り上げた、オバマさんと安倍総理の「謎の寿司会談」だけど、これにトランプさんが激怒しているとの情報が出てきたわ。
確かに、オバマさんとトランプさんは「親戦争屋vs反戦争屋」で徹底的に敵対してきた以上、彼がこの安倍総理の動きに強い不快感を持つのは当然だわ。

なんせオバマといえば、今でもワシントンに居残っては、あのジョージ・ソロスと一緒になって、陰で「アンチトランプデモ」などを扇動したり、色々と戦争屋支援のための”悪巧み”を繰り返しているみたいだからね。
トランプもそんなオバマを「オバマはIS(イスラム国)の創設者(共同創設者はヒラリー)」と暴露したりして、オバマをことさら危険視してきたし、そんな中で、すで大統領を辞めているオバマとこっそりと寿司会談なんて、トランプが安倍総理に強い反感や不信感を持たないわけがない

まあ、今回の会談も”向こう側”が全てお膳立てして、安倍総理はされるがままにオバマに会っただけだろうけど、事前に「こうした情報」を把握したことがきっかけになって、トランプが安倍総理をわざわざ名指しして例の「露骨な批判コメント」を出したことは十分考えられるし、実際にところ、オバマと安倍総理が何を話したのかも色々と気になるところだ。

ちなみに、オバマさんは、奥さんや子供も得体が知れない状況の上、出身地も謎に包まれていて(本名はバリー・ソエトロとのこと)、歴代の米大統領の中でも屈指の「ディープステートの深い闇」に包まれた人物よ。

どちらにしても、ディープステートの代理人のようなオバマが突如この時期に来日して、安倍総理とこっそりと”何か”を話し合ったというのだから、グローバリストによる「何かの意味合いがある」と考えるのが自然だろう。
そして、オバマと根っから敵対しているトランプがこの動きに激怒するのも当然であり、いよいよ安倍&トランプの「”偽装”蜜月」は終わりを迎えるということになりそうだ。

今回の出来事は安倍政権の今後にも大きな影響を与えそうだし、この先注意深く国内外の動きをウォッチしていこうと思うわ。

おススメ記事&広告

 
Pocket