【不気味】オバマ前大統領が来日し、安倍総理と会談の見通し!トランプ政権との関係や北朝鮮問題などを話し合いか!?

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年3月下旬、オバマ前大統領が来日し、安倍総理と会談を行なう予定があることを政府関係者が明らかにしたという。

・共同通信によると、日程は3月24・25日が有力で、トランプ政権との関係性や北朝鮮問題などについて話し合う可能性がある。

オバマ氏、3月下旬来日へ
安倍首相との会談調整

オバマ前米大統領が3月下旬に来日する方向で最終調整していることが5日、分かった。24、25両日の日程が有力となっている。滞在中、安倍晋三首相と会談する見通しだ。政府関係者が明らかにした。

会談が実現すれば、北朝鮮の核・ミサイル開発問題などを巡り意見交換する。

【共同通信 2018.3.5.】

出典:Wikipedia

ジョージ・ソロスとともに、「反トランプ工作」に腐心している不気味なオバマが、安倍総理に何を吹き込むのか?

韓国と北朝鮮の間で急速に対話路線が加速して、ここにトランプ政権も加わっての南北の融和と北の非核化の第一歩が始まりそうなこのタイミングで、何故かオバマさんが来日して安倍総理と対談する予定があるんですって。

オバマさんと言えば、今でもワシントンに居残りながら表舞台から姿を消しつつジョージ・ソロスと一緒にトランプ攻撃を仕掛けているらしいし、なんとも不気味な動きね。

オバマは、就任当初こそ、平和主義者を装って世界の核軍縮などをアピールしつつノーベル平和賞までも取ったけど、途中からだんだんとその本性を露わにし、CIAとともにISをより巨大化させ、世界にテロの脅威を植え付けながら、ロシアとの関係も徹底的に壊し、しまいには第3次大戦寸前にまで世界を混沌に陥れた張本人の一人だ。
さらには、アメリカ国内でグローバリズムを徹底的に進めたことで「中間層の破壊」「貧富の格差」をかつてないまでに増大させたのも、オバマが残した大きな「負の遺産」だし、こうした数々の”功績”があることから、今でもグローバル系大手マスメディアからは「偉人」として称えられているね。

彼に関する黒い噂は絶えないけど、そうした、生粋のグローバリストであるオバマがこのタイミングで安倍総理と会談するというのだから、図らずも色々と気になってしまうのは確かだろう。

今や安倍総理はトランプとベッタリで、何をするにも金魚のフンのようにくっついているけど、そんな安倍政権もトランプが本格的に南北融和の対話に参加するようになってくると、どのような対応を見せるのかは現時点ではまだ分からない。
今のところは南北首脳会談の開催決定に対してもどっちつかずなコメントに終始しているけど、生粋の”反トランプ”でグローバリストのオバマは、果たして安倍総理にどんな指示や圧力をかけるのか?
そして安倍政権は、今後北朝鮮問題やトランプとの関係性について、どのようなスタンスを取っていくのか?

いずれにしろ、今後の動向を注意深く見ていく必要がありそうだね。
(しかし、この報道に対するツイッターの反応を見ると、かなり怪しげなアカウントばかりが国民を錯乱させるようなコメントを発しているのがなんとも気になった。)

オバマさんと言えば、胡散臭さに満ちている歴代米大統領の中でも、トップクラスの怪しい人物だものね。
南北融和とアジアの和平が進んでいきそうなこのタイミングで、早速おかしな動きが出てきたし、やっぱり、今後の南北対話が進むにつれて様々な妨害や工作が激化していく可能性が高そうだわ…。

おススメ記事&広告

 
Pocket