■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

西村経済再生相が政府による「国民監視」の実態をポロリ!?「富岳(スパコン)を通じてSNS上の様々なつぶやきを分析」→ネット「まるでC国みたい」「このつぶやきも分析されているのか」

西村経済再生相が政府による「国民監視」の実態をポロリ!?「富岳(スパコン)を通じてSNS上の様々なつぶやきを分析」→ネット「まるでC国みたい」「このつぶやきも分析されているのか」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年1月27日の参院予算委員会の中で、「内閣官房によるAIなどを活用したシミュレーション事業」について質問した立憲・蓮舫議員に対して、西村経済再生相が「富岳(スパコン)を通じてSNS上の様々なつぶやきを分析している」などと言及「菅政権がネット上で大々的な国民監視を行なっているのでは」との疑いの声が噴出する事態になっている。

・安倍政権時代から、多額の予算を投じて、テレビ番組のコメンテーターの言動や、SNS上の投稿やネット上の話題などを収集・分析していることが話題に上ってきた中で、国会答弁において閣僚が公にこうした事実を認めたことに対し、国民から驚きの声が上がっている。

↓西村大臣の問題の発言(10分30秒くらい~)。

出典:YouTube

これまでも「うっかり発言」を繰り返してきた西村大臣が、官邸による「大々的な国民監視」の実態をポロリ!?

これまでも、度々「うっかりポロリ発言」を通じて炎上してきた西村大臣だけど、ついに、政府による「大々的な国民監視」の実態をばらしてしまったわねっ!
まあ、これまで表に漏れてきていた情報を見る限り、そこまで驚くほどのものでもないけど、これまで「陰謀論」と言われてきたものがどんどんと「本当だった」ことが明らかになる一方だわっ!

これまでも、官邸が、ワイドショーや報道番組のコメンテーターの発言などを驚くほどに隈なくチェックしていたことが明らかになっていたし、Twitter上の政治に関するツイートはもちろん、当サイトの存在も官邸にとっては「監視対象の筆頭格」だろうね。

ネット上では、「その割には、国民感情と乖離した政策ばかりを繰り返している」との指摘が上がっているけど、そりゃそうだ。
なんせ、今の自公政権は、国民の思いや要望に寄り添った政策を実現させるために情報収集しているのではなく、「どうすれば、国民をうまく騙しながら、1%の権力層にとって都合がいい政策を行なえるか」という目的の下で国民の声を収集しているんだからね。
今の時代、大企業レベルであれば、ネットマーケティング会社などに依頼をしては、国民の意識や声を収集し、商品開発などに活かしているのはある意味当たり前になってきているけど、こうしたことをモラルや良心に欠けた悪辣な連中が行なうようになると、当然のごとく、”良からぬ方向”に悪用されてしまうことになる。

これまでも、いわゆる「スノーデン文書」などによって、全国民のネット上のあらゆるコメントやメール、携帯電話の会話などを監視・傍受する最新システム(エックスキースコア)が米NSAから日本政府に提供されていることが発覚しているけど、中国では、これらの「国民監視システム」が「信用スコア制度」として国民に向けて公表されている上に、中国の国民自身がこれを受け入れてしまっている現実がある中、日本や米国などの「エセ民主主義国家」においても、中国の「国民監視システム」を”お手本”にする形でこうしたものが一般化していく可能性が高い

例えば、アメリカにおいても、GAFAなどが国民のあらゆるネット活動の内容を記録・収集しては、NSA・CIAなど(ファイブアイズの諜報組織)にそれらのデータが提供されている疑いが強いし、中国政府が行なってきた「最新鋭の民衆監視・統治システム」を、国境を持たない巨大民間企業が主導するような形で、「地球規模」でこれらが行なわれるようになる流れがはっきりと見えてきているのが現状だわ!

その通りだ。
もちろん、菅官邸による国民監視の実態についても危機感を持つ必要があるけど、時代は、すでに「政府レベル」を大きく超えて、民間の巨大資本勢力が、世界中の民衆のネット活動の内容をつぶさにリサーチし、一挙手一投足までを詳細に記録・監視されては、”彼ら”にとって都合が悪い人々がリストアップされたり問題視される体制が始まっていると考えるべきだ。

実際のところ、2年くらい前までは、当サイトの記事の多くがグーグルの検索結果の上の方に表示されては、検索エンジン経由でサイトにたどり着くことが容易にできたけど、今では、これまで表示されていた記事の多くがグーグル検索結果から消えてしまっており、言ってみれば、当サイトはすでに、グローバル資本勢力によって「危険サイト」としてリストアップされ、不当に排除されてしまったも同然の状態だ。

いずれにしても、あおいちゃんが言っているように、これまで「陰謀論」として一笑に付されてきたことの多くが「本当だった」ということが次々と明らかになってきている状態だし、ボクたちが開設以降警鐘を鳴らし続けてきたことが、次々と現実化してしまっているような状態だ。

とにかくも、「私たち自身の声や意見は、常に1%の(グローバル)権力層に監視され、収集されている」との意識を持ちながら、ネット言論活動を行なっていかざるを得ない時代に突入しているってことだし、「政府よりも上に位置」しては、その姿を巧みに隠しながら、「より強力で悪辣な民衆支配体制」を構築しようとしている巨大資本に対しても、最大級の警戒感を持って問題提起を行なっていくことが大切なんじゃないかしら。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事