【激動】習近平主席、トランプ大統領に「米中韓・北朝鮮」4か国の平和協定を含む「新たな安全保障の枠組み」を提案!ネット「完全に日本包囲網」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年3月9日、米中の電話会談を行なった際、習近平主席が米中韓と北朝鮮の4か国による平和協定を含む「新たな安全保障の枠組み」の構築をトランプ大統領に提案していたことが分かったという。

・その際、習主席は日本についての言及はなかったと見られており、トランプ大統領は提案に対し、返答を明確にしなかったと報じられている。

習氏、トランプ氏に新安保を提唱
米中南北の平和協定も

【ワシントン共同】中国の習近平国家主席が3月9日にトランプ米大統領と電話で北朝鮮情勢を協議した際、朝鮮戦争の主要当事国である米中と韓国、北朝鮮の4カ国による平和協定の締結を含む「新たな安全保障の枠組み」の構築を提唱していたことが31日、分かった。複数の米中外交筋が明らかにした。

国連軍と北朝鮮、中国が1953年に締結した朝鮮戦争休戦協定の平和協定への移行を念頭に置いているとみられる。習氏は日本に言及しておらず、南北、米朝の首脳会談後の交渉を、4カ国を中心に進める考えを示唆した可能性がある。

トランプ氏は明確な賛否を示さず、圧力維持を習氏に求めたもようだ。

【共同通信 2018.4.1.】

表向きに米中が貿易分野で衝突し合いつつ、裏では北朝鮮問題で”連携”か!「米中韓北」で平和協定が進みつつ、日本が孤立化・衰退していく流れへ…

↓米韓北の対話路線に急速に加わり始めた中国。

3月9日に行なわれた米中の電話会談において、習近平さんがトランプさんに対して、米中韓と北朝鮮の4か国による平和協定を含む「新たな安全保障の枠組み」の構築を提案していたことが報じられたわ。

やっぱり、この時点から中国はしっかりと布石を打って、韓国を仲介した米朝対話の動きに絡んでいたのね。

その上で、(満を持して)金正恩自らが中国に赴いての中朝首脳会談が開催されたというのだから、この一連の流れは「あらかじめ練られていたシナリオ」だと考えるのが自然だろう。

つまり、トランプ大統領を背後でコントロールしているキッシンジャーを中心とした、新たな世界秩序を構築させようとしているグループが、中国を世界の「トッププレイヤー」に仕立て上げながら、かつての「戦争ビジネス」を軸にした覇権戦略を脱し、(仮想)通貨戦争やAIなどによるデジタル世界を軸にした新世界秩序にシフトし始めたと見ることができる。

トランプは、かつてのアメリカが繰り返してきた「世界の警察」「独裁国家の民主化」などをエサにした、各国への侵略行為と傀儡政権樹立の手法を自ら放棄し始め、各傀儡国に対し、自らの覇権の放棄と自立を促し始めている
そして、アメリカがかつての覇権を次々手放し始めた中で、中国にその権限を譲る動きを見せており、中国側も(表向きには適度にケンカしながら)アメリカからの権限委譲を喜んでいる

この度の北朝鮮問題の大きな進展と平和協定締結の動きは、まさに、アメリカ(ネオコン)の影響力が、急速に朝鮮半島から後退し始めたことに伴って起こり始めた動きであり、この動きがより進んでいけば、在韓米軍が撤退することで、韓国がアメリカからの実質的な自主独立を果たしそれに代わって中国が、東アジアにおいてより大きな影響力を手にすることになるだろう。

この流れの中で、何とも心配なのが日本の今後の動きだわ。
韓国と違って、アメリカからの支配構造から脱する動きも今ひとつ見られない上に、北朝鮮に対して、唯一好戦的な挑発を一貫して続けてきたことから、明確にこの平和協定締結の流れから外されて、「アジアでの孤立化→衰退」のフラグが立ち始めているわ。

つまり、今度は日本が今までの北朝鮮のような立ち位置になり始めたということだね。
安倍政権が退陣し、対話を重視する政治家が次期総理になれば、この輪の中に入れるチャンスも出てくるかもしれないけど、安倍政権が今後も継続していけば、よほど大きくスタンスを変えない限り、日本が世界の潮流から孤立化していく流れは止まらないだろう。

最も悪いパターンを想定してしまうと、ネオコンの残党が日本により大きな影響力を及ぼしていくことで、憲法改悪が強行され、日本の独裁がより加速大日本帝国さながらの軍国主義の深化によって世界で日本が危険視されいよいよかつての北朝鮮のように、日本が各国から経済制裁を受けるような「悪の枢軸」にさせられてしまう恐れもある。

「これ」が、キッシンジャーらが狙っているシナリオなのだとしたら、本当にヤバイ事態だわ。
現に、すでにちょっとマズい流れになりつつあるし、支持率もこれ以上大きく下がらなければ、いよいよ徐々にこうした展開が現実味を帯び始めてきそうね…。

こうなると、最も悲劇を被るのはボクたち日本国民自身だし、どうにかこんな「最悪の展開」に向かうことのないよう、強く願っているよ。
なんにしても、北朝鮮が急速に穏健化し出したことは良かったけど、日本にとっては素直に喜びづらい展開になってきているのは確かだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket